タグ:Dow ( 30 ) タグの人気記事

 

悩ましい為替

5日には99円台まで円安に進んだものの
昨日の場中には97円台まで円高に戻してきた。
円安終わり?
と思ったのも束の間、昨夜のうちに98.405円になっている
しかし、よ~く見てみると、昨夜の内に、96円台まで円高に向かっていた。
これって、やはり既に円安傾向は終わりを告げたのかもしれない。
また、NYSEは悪材料連発なので、
昨日は、Dowは
6,626.94ドル前日比+32.50 (0.49%)とわずかに上げたものの
下落し続けている事には変わりなさそうな・・・
NASDAQはわずかに及ばず、
1,293.85ドル前日比-5.74 (0.44%)

ちょっとばかり円安で日経平均は回復基調を見ることが出来たけど、
儚い命だったような気がする。
とりあえず、3月末まで、いや、4月初旬までは傍観して
わずかでも上げそうな気配がある時だけにしておきます。

かなりモチベは下がってますw
[PR]

by zner | 2009-03-07 09:47 | Finance | Comments(0)  

欧州中央銀行の利下げ策

欧州中銀0.5%利下げ、2.0%に 通貨統合後で最低水準に
 【フランクフルト=赤川省吾】欧州中央銀行(ECB)は15日の定例理事会でユーロ圏16カ国に適用する政策金利を引き下げることを決めた。下げ幅は0.5%で最重要の市場調節金利は2.0%と1999年の通貨統合後の過去最低水準に並ぶ。12月の消費者物価上昇率(速報値)が1.6%と政策目標の「2%未満かつ、その近く」を大幅に下回ったことに加えて、域内の景気が急速に冷え込んでいることに対応する。 (21:51)(NIKKEI.NETより)

昨夜は、この影響で、円安に進んだようです。
しかし、どう頑張っても為替を安定化させるのは難しいと思います。
1週間待ってみてレンジ内に収まればいいんですけどね
しかし、20日には、オバマ新大統領の就任式が待っていますので
一時的にご祝儀カイで円安に向かうと思いますが
その後が荒れそうな気がするんですよね。

オバマ新大統領で気になったのですが
彼の周辺は比較的、環境対策のスタッフが多いそうです。
日経PLUSの記事では、エネルギー・気候変動担当の大統領補佐官には、
クリントン政権時に環境保護局局長(EPA)を勤めたキャロル・ブラウナー氏が起用されたそうです。
この方は、ゴア元副大統領の上院時代の側近でもあり、
アメリカの一部のメディアの人たちから
「カーボンバスターズ(炭素退治屋)」という呼ばれ方をしていて筋金入りの環境保護派だそうです。
(ゴーストバスターズを思い出す・・・w)

オバマ氏は、代替エネルギーの開発を公約しているらしく、
10年間で14兆円ほどの予算を代替エネルギー開発に投資するそうです。
「エコシフト」という表現をしているようですが、果たしてどこまで遂行できるのか
もし、エコシフト政策に成功したとなれば、未来は明るいのかな?
まぁ、ブッシュ政権時代とは大きく方向転換をする事になるのは明らかなようです。
ただ、外交政策はどうなるんでしょうね?
特に日本との関係について気になります。
ブッシュ政権時代は、密な関係を構築し、日本もその影響をかなり受けていました。
今年5月から始まる裁判員制度なども、まさに、その影響の一つだと思いますが
アメリカの軍事関連の補佐という面では、出費もかなり大きかったと思います。

ここで麻生内閣が解散して、衆院選に突入したら
現時点では、迷わず政権が民主党に移行すると思います。
アメリカも日本も民主党という同じ名前に替われば、何か大きな変革が起りそうな気がします。
どのような変革が起るのかは判りませんが
何も変わらないという事は無いでしょうねw
期待が持てるような変革が起こる事を願いたいです。

追記
オバマ氏の景気対策の詳細が15日に発表。
総額8250億ドル(73兆円)

公共事業に5500億ドル
 高速道路など、公共施設に、900億ドル
 失業者などの手当てに、430億ドル
 州の助成金に、910億ドル
減税などに2750億ドル
(追記はここまで)


NYSE 8212.49↑ +12.35
NASDAQ 1511.84↑ +22.20
WTI 35.40
結局また35ドル付近で落ちました。


さて、リソー教育(4714)・・・
なんとも上値が重い上に軟調
軽く4000円を超えそうに思ったのですが、ムリっぽいですねw
[PR]

by zner | 2009-01-16 10:14 | Finance | Comments(0)  

ちょっと予想通りの展開

今週は、11月5日から昨日まで延々と売り込まれ続けていたので
そろそろ?という感がありました。
また、昨日の日経先物も+50円で引けていた事もあります。

NYSE
Dowは11月5日時点の終値で9139ドル
一昨日の終値は8282ドル
この差は857ドル
これだけ下げていると、不振の決算シーズンとはいえ、さすがに上がりそうです。

日経平均にしても
11月6日の終値は8899円
昨日の終値は8238円
差は661円

そして、重要なのは、日本の株価は、底を打っている可能性が高い事。
サブプライムの影響をそれほど受けていない事などから
そろそろ株価が上がっていてもおかしくない状況にあるにも拘わらず
為替に大きく影響を受けていたため、
上がりたくても上がれないという状況が、ヒシヒシと伝わっていました。

となると、Dowの下落率から見ても、そろそろかな?と思いたくなります。
で、実は昨日、松井証券(8628)を買い込みました。

松井証券は、決算内容こそ、それほど良い訳ではありませんが。
それは、どこの金融・証券とて同じ事です。
それよりも、MSCIに採用されたと言う好材料が出ていた事が買いに繋がっていました。
MSCIとは「モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル」
日経平均採用銘柄と同じようなもので
モルガンスタンレー独自の、株価指数を算出するための銘柄に取り込まれたという事です。

その他、採用された銘柄は
ABCマート(2760)、ニッセイ同和損害保険(8759)、セブン銀行(8410)、ツムラ(4540)

削除された銘柄もあります。
アイフル(8515)、CSKHD(9737)、オークマ(9103)、パイオニア(6773)、東邦チタニウム(5727)、東海理化電機製作所(6995)

さて、今日の日経平均は、どの程度まで上昇するのでしょうか。
ちょっと楽しみですw
ただ、この状況は、金融サミットの内容次第によっては、
来週は再び下落に転じるかもしれないので、今日中に売り抜けておきたいところです。

追記
期待したほどの上げ方ではなかったのが残念
あとは金融サミット次第というところでしょうか。
[PR]

by zner | 2008-11-14 09:34 | Finance | Comments(0)  

恐るべき為替の動向

一晩で、なんと、1ドルが94円78銭にまで行ってしまいました。
ここまでに至る背景には様々な見方があるようですけど
その債権さえも怪しいような気がしてきます。

NY円続伸 94円95銭―95円05銭、米株安でリスク回避
【NQNニューヨーク=川内資子】休日明け12日のニューヨーク外国為替市場で円相場は続伸。10日に比べ3円円高・ドル安の1ドル=94円95銭―95円05銭で取引を終えた。米株式相場が大幅安となり、円買い・ドル売りが優勢となった。

 米企業の業績見通しなどを受けて、米個人消費の減速懸念が一段と強まり米株式相場が朝方から軟調に推移した。ポールソン米財務長官が記者会見で金融機関の不良資産買い取りを当面見送る一方、公的資金注入の対象を金融機関以外にも広げる方針を示した。会見後に米株式相場が下げ幅を広げた。投資家のリスク回避の思惑から、ドルのほか高金利通貨に対して円が買われた。円は対ドルで94円48銭まで上昇した。円の安値は97円42銭。

 円は対ユーロで大幅に上昇。10日比6円10銭円高・ユーロ安の1ユーロ=118円80―90銭で取引を終えた。米株安を受けてリスク回避目的の円買いが入った。(08:04)
(NIKKEI.NETより)


NYダウ大幅続落、411ドル安の8282ドル シティ株10ドル割れ
【NQNニューヨーク=荒木朋】12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に3日続落。前日比411ドル30セント安の8282ドル66セントで終えた。米家電量販店大手のベスト・バイが業績見通しの下方修正を発表したことを背景に個人消費の減速懸念が一段と強まり、幅広い銘柄に売りが出た。ポールソン米財務長官が午後に記者会見し、公的資金の注入対象業種を拡大する一方、金融機関の不良資産買い取りについては当面見送る方針を示した。金融機関の財務懸念が根強く残るとの思惑などから金融株も売られた。シティグループは10%以上急落し、節目の10ドルを割り込んで終えた。

 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は前日比81.69ポイント安の1499.21で終えた。 (06:22)(NIKKEI.NETより)


円急伸、一時94円台半ば=リスク回避の動き加速
 【ニューヨーク12日時事】休場明け12日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米株価が一段と下げる中、リスク回避の動きが再び加速、ドル売りが膨らんで一時、94円台半ばまで急伸した。当市場で94円台に突入するのは先月28日以来。午後5時現在は、1ドル=94円98銭-95円08銭と、10日同時刻比2円99銭の大幅円高・ドル安。
 ニューヨーク株式相場が米国の消費冷え込みなどを嫌気して一段安となったのを受け、再びリスク回避の動きが強まった。米株価の動きは「引き続き安定しておらず、リスク回避の動きは今後も続く公算が大きい」(邦銀筋)とみられる。(2008/11/13-07:56)
(時事通信より)


気になっていたGMの株価ですが、3ドル台を回復して終値は3ドル08セントです。
救済が遅れている模様ですが、わずかに戻しています。
時間外取引では、3ドル14セントになっているようです。

しかし、94円は痛い・・・

最近のこの様子を見ていて、幾つか気になっている株価があります。
まずは、Microsoftです。
終値は20ドル30セント 時間外では、既に20ドルを割り込み19ドル94セントです。
過去の最高値は、昨年の10月、37ドル06セントでした。
わずか1年の間に・・・

そして、もう一つは、昨年話題になっていたアルコアです。
ここも恐ろしい事になってます。
昨年の7月に41ドル66セントという最高値を付けていましたが
昨日の終値は10ドル17セントです、1/4以下という有様です。

いつ買いに転じていいのか判らないほど混迷を極めているのは明らかです。
どこまで落ちるのか、どれだけの破綻企業が出るのか、予想も付かないです。

原油価格はついに1バレル55ドル50セント

どこまで落ちていくのか判らない・・・・
[PR]

by zner | 2008-11-13 08:48 | Finance | Comments(0)  

アメリカ続落

NYSE 
Dow     8,693.96 -176.58 -1.99%
NASDAQ  1,580.90 -35.84  -2.22%
さらにGMが危機的状況に
3ドルを割り込み、2ドル92セントになりました。
これはもう、GMの破綻を視野に入れておくべきかと思います。
リーマンブラザーズに次いで、GMが破綻するとなると
世界経済はまさに、恐慌という時代に突入するかもしれません。

また、しばらくデイトレも中止します。



話は変わって

「Tension」という言葉があります。
日本語に直訳すれば「緊張」ですよね。
日本では、「テンションを上げる」とか、「テンションが下がった」という表現をする人が居ます。
で、かなり前からこの表現が気になってたんですが・・・
このブログのライフログの所にも掲載している「ダーリンの頭ン中」という書籍で
その答えがついに見つかったような気がしました。

英語で言う所の「テンション」って、日本語で言う所の、「緊張の糸」だと思うんですよね。
じゃ、その緊張の糸って、どのように表現されているか、というと
「緊張の糸が張り詰める」とか、「緊張の糸が緩む」という表現を聞きます。
糸が張り詰めると言うと、ちょっと判りにくいと思うので
「糸をピンと張る」と言い換えてみると
人間の持つ空間認識の中では、横方向というイメージがあると思います。
例えば、「天井から垂らした糸が張り詰める」という印象よりも、
「横に張った糸がピンと張っている」という印象の方が強くないでしょうか?
でも、「テンションを上げる」とか「テンションを下げる」という表現を聞くと
上下方向の、高さをイメージを感じますよね。
でも、同時に「緊張感を高める」という表現まで存在します。
ちょっと不思議ですよね?w

「ダーリンの頭ン中」という書籍では、トニー氏曰く、「テンションが上がる」という表現は
英語圏には無いそうです。(確かに私も聞いた事が無いw)
むしろ、意味不明な言葉らしいです。

私が、この言葉にものすごく疑問を感じるようになったきっかけは、
「タイトロープ」(補足)というタイトルの一本の映画でした。
この映画を見たのは、まだ若かりし頃(という表現に止めておこう、歳がバレル(汗)
当時、タイトルがどういう意味なのか調べてみたんですが
これ、「綱渡り」という意味で、まさに「緊張の糸が張り詰める」状態を指す言葉なんですよね。
映画の内容も、まさにその通りでした。
(まぁ、最近のサスペンス映画は、みんなタイトロープなイメージが強いですけど、
当時の映画としては、見事な表現力がありました)

で、"英語圏では、上下方向ではなく、横方向へのイメージが強く"
"日本では、横方向のみならず、上下方向へのイメージまで存在していることになります。"

まず、上記の事を前提に考えてみると、風船が頭の中に浮かびました。
よく、TVのバラエティー番組で、大きな風船を芸人に抱かせて割るという遊びがありますけど
これ、上下のみならず、横方向にも、いえ、緊張が全方位に向かってるイメージがあります。
まぁ、TVでは最終的には割れちゃうんですけどw
これも、一つのテンションではないでしょうか?
そうなると、テンションという言葉の持つイメージが一方向に限られているのは妙だと感じてしまいます。

ふと思うのは、英語圏での表現の認識の限界?
ただ、英語圏で横方向へのイメージを限定しているとなると
私の中では、「テンションを上げる」という表現は
Tension(英語『横方向』)を上げる(日本語『主に上下方向』)という事になり
いわゆる「重箱読み」のような物になるのでは?w
というのが、私の感じていた疑問ですw
でも、結果的に、思うのは、
この言葉の方向性を限定するのは、表現力や想像力を損なう恐れも感じてしまうので
重箱読みのようなイメージがあっても、それはそれで良いのかもしれない。
というのが、私の結論でした。


しかし・・・今のこの世界経済
まさにTIGHT ROPE
ついでに言えば、「緊張の糸が切れる」という表現もあります。
これは、プッツンと切れてしまい、元に戻れないイメージがあります。
だって、切れちゃうんだから・・・w
もし、世界経済の糸が切れた時、人々は、再びその糸を結ぶ事が出来るのか
不安材料は、要するに、ハサミのようなものなのかもしれないですね。
コワイコワイ(汗



補足
タイトロープ
原題「TIGHTROPE」(1984年)
監督 リチャード・タッグル
製作 主演 クリント・イーストウッド
出演 アリソン・イーストウッド(クリント・イーストウッドの実の娘)

追記
ついこの間まで成長し続けていた株価のチャートの指数線って
ピンと張った糸が、右上に向かって行っているようでした。
でも、今のチャートは乱高下しすぎで、糸はグダグダで、緩みっぱなしw
これを、あえて表現するなら、「矛盾」とでも言うのでしょうか?w
というより、既に切れちゃったからグダグダなのかもしれないw
[PR]

by zner | 2008-11-12 10:24 | Finance | Comments(0)  

ダメっぽい相場

どうやら日経平均16.000円割れが見えたかもしれませんw
サブプライムショックの追い討ちがあったようです。
Dow 12,861.47 -167.45 (-1.29%)
Nasdaq 2,458.83 -40.29 (-1.61%)
S&P 500 1,406.70 -19.84 (-1.39%)
引けにかけてDow、Nasdaq、S&P全てで大きく下落しました。
ということで、今日の日経平均は、一時的にも16.000円を割り込む可能性は大でしょうね。


追記
予想通り16.000円割れしました。
まぁ、週末の明日も少しは落ちるかもしれないですね。
しかし、どんなに地合が悪くても、おそらく下は15.500円程度までで、
それ以上落ちる心配は無いと思っています。
[PR]

by zner | 2007-08-16 06:57 | Finance | Comments(0)  

どうやら

9月までは、株は下落傾向に入りそうな気配ですね。
Dow 13,028.92 -207.61 (-1.57%)
Nasdaq 2,499.12 -43.12 (-1.70%)
S&P 500 1,426.54 -26.38 (-1.82%)

選挙の影響ではなく、サブプライムショックと
ウォルマートの通期見通し決算内容が予想より悪かった事ですね。
短期的なポジションでの下落傾向というより
ウォルマートは、日常生活を送る上で必要な日用品、食料品などを普通に扱っている
大型のスーパーですから、そこで消費活動が低下しているとなれば
長期的なポジションの下落傾向の気がします。
ホームデポの決算内容も悪かったようです。
ホームデポは、いわゆるホームセンターみたいなものですw

マテルが1.800万製品、自主回収
相変わらず粗悪な中国製
基準値を超える鉛が検出されたそうです。
中国製は、極めて危険という事です。
今に、Made in china不買運動が始まりそうです。


ちょっと気になった事
Yahooのニュースに
「<小泉前首相>終戦記念日の15日に靖国神社参拝 2年連続」
という見出しのニュースがありました。
そのニュースを見てみると、
「小泉純一郎 - みんなの評価など。Yahoo!みんなの政治」
というのがあります。
ここを見ていると面白いのは、評価ですので、政治に対する批判とか、擁護するなど
いろいろ書き込まれている事です。
ただ、気になったのは、批判する人たちを批判する、すなわち擁護派の書き込みです。
まるで、この政治家は正しいと言わんばかりの内容でした。
しかし、思うんですよね~
政治家とはいえ、人間です。
全てが正しいかどうか、と言えば、必ずしも正しいとは言えないですよね。
そりゃ、個人の価値観の違いだってあるわけですから、
正しいと思う人も居れば、間違えていると主張する人も居るはずです。
しかし、擁護派の書き込みは、全て正しいという視点でしか見ていなかったりする人も居ます。
まぁ、政治って、国民のためにあるわけですから、国民がちょっとでも納得できなければ
その点について批判、否定も何もせずに、ぼぉ~と見ているだけだったら、
とんでもない国になってしまいますよw
批判の声が目立つのは、それだけ政治に関心を持っている人が増えた証拠と思うべきで
自分たちで選んだ政治家なんだから批判、否定する事は間違えだ、みたいな言い様こそ
間違えていると言えるでしょうね。
批判、否定の発言があってこそ、政治はそれに答えて正しい方向に進むものだと思います。
すなわち、批判、否定ばかりが出てくるべき、と言う事です。
その批判、否定を理路整然とした手順で国民を口説き落とせば良いだけの事ですw


さて、今日の日経平均も下落しそうなので、ほっとこうw
よほどの事が無ければありえないと思いますが、
それでも、16.000円割れへの警戒もしておいたほうがいいかもしれないですね。
そんな事より今日も暑そうorz
[PR]

by zner | 2007-08-15 08:35 | Finance | Comments(0)  

アメリカ市場の終値 その他ニュース

Dow 13,365.38 +153.39 (+1.16%)
Nasdaq 2,553.87 +7.60 (+0.30%)
S&P 500 1,465.88 +10.61 (+0.73%)
1週間ぶりでしょか?
やっと、プラス引けで終わったようです。

原油価格 76.43 -1.78 (-2.28%)
少し下がり始めてくれました。
この下げが、好感されて、Dow、Nasdaqが上昇したのかな

為替
USドル 118.92-118.95
ユーロ  162.50-162.58
UKポンド 241.58-241.70
少し円安に振れていますが、まぁ、穏やかな感じがしますw

今日の日本もさすがに騰がるように期待したいですが、
なにぶん、政府が衆参で分裂気味ですから、なんとも言えませんorz

NY原油続伸、一時78.77ドルの最高値
 【ニューヨーク=米州総局】1日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は続伸。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の9月物は一時1バレル78.77ドルを付け、昨年7月に付けた取引時間中の過去最高値(78.40ドル)を上回り、過去最高値を更新した。
 同日発表になった米エネルギー省の統計で原油在庫が予想以上に減少したのを受け、買いが活発となった。夏場の需要期に入り、需給が一段と引き締まるとの観測が強まっている。
 午前10時45分(日本時間午後11時45分)現在、9月物は前日比0.44ドル高の78.65ドル。(00:24)
(NIKKEI.NETより)

でも、このニュース・・・長期的に見ると、やはり80ドル台になるのは時間の問題なのかもしれませんね。
バイオ燃料などの話題も出ていますが、このバイオ燃料の生産のための、
農場では、食料生産としてではないスペースを必要として、食料自給率を下げている結果となっています。
食料としての作付面積と、燃料としての作付け面積の安定したバランスが構築されるまでには
まだ時間がかかると思いますが、バランスを考えずに燃料ばかりの生産者が増えてしまえば
世界規模で食糧危機が訪れるのは間違えないでしょうね。
日本も、休耕田など廃止して自給率を40%から70%程度まで一気に引き上げる政策を取らねば
いずれは、食糧危機で飢餓状態になるのは明らかでしょう。
いまさら先進国なんて言葉は使いたくないですが、その先進国で、飢餓で死んでいる人も居るわけですから。
ついこの間の、農業政策の会合では、40%から50%に引き上げるような話をしていたようですが、10%増えた程度では話にならないです。
むこう10年もしないうちに、間に合わなくなると思う。

ニューズのダウ・ジョーンズ買収、両社が正式発表・買収額56億ドル
 【ニューヨーク=八田亮一】米ニューズ・コーポレーションと米ダウ・ジョーンズ(DJ)は1日未明、ニューズによるDJ買収で合意したと正式発表した。買収価格は一株当たり60ドルで、総額56億ドル。DJの株主総会で承認を得た上で、年内に手続きを完了する。
 DJのオーナー一族の持つ議決権のうち約37%分が賛成に回った。一般株主が持つ29%も賛成に回る見通し。ニューズのルパート・マードック会長・最高経営責任者(CEO)は発表文で「一族などの支持を得られたことに満足している」とコメントした。
 ニューズは買収でDJが持つ経済紙、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)を傘下に収め、米欧アジアで新聞やテレビ、映画などを抱える世界最大級の複合メディア企業となる。(16:27)
(NIKKEI.NETより)

やはりついに買収合意・・・
どうなる事か、長期的な懸念材料の一つになりそうな気がします。


<サメ騒動>福岡・古賀の海岸に…沖合で数百匹
8月1日21時21分配信 毎日新聞
 1日午前11時45分ごろ、福岡県古賀市天神7の海岸で、散歩をしていた男性がサメが泳いでいるのを見つけ、県警粕屋署員に知らせた。県警がヘリを出動させるなどして調べたところ、古賀市や同県新宮町などの沖合でサメやエイとみられる数百匹を確認。海岸線を管轄する11警察署が、福岡海保や漁協などに海水浴客らの避難を要請し、県職員らがパトロールする騒動になった。専門家によると、サメはシュモクザメとみられ、人を襲うことはまれという。
(Yahooニュース経由 毎日新聞より)

このニュースの変な所
シュモクザメというサメですが、ハンマーヘッドという名前でも知られています。
ジョーズという映画で有名なホオジロザメとは違うのは明らかですけど、
サメと聞いて、怖いと思わない人は居ませんよ!w
やっぱり、触らぬなんとやらに祟り無し、と言いますから、襲わないと言われてても、
下手な冒険心で迂闊に近づけば、間違えなく怒るでしょうねぇ~
相手だって、ニュースでは、産卵期を迎えていて、近海に集まってきているそうですから
神経質になっているはずです。
そこへ、興味本位で近づけば、ガブッとやられる可能性もあるはずです。
今夏、そんなおバカなやつが出ない事を祈りますけどw


追記:
サブプライム問題で、関連事業が手仕舞いをするための動きが加速化しているそうです。
株式市場はその様子につられて大荒れしているようですが
この手仕舞いは、ある意味いいニュースかもしれないですね。
今は、我慢の時かもしれませんけど、
早めに解決すれば、それだけ市場が安定するのも早くなると思います。
[PR]

by zner | 2007-08-02 05:18 | Finance | Comments(0)  

USA市場、終値 その他ニュース

Dow 13,358.31 +92.84 (+0.70%)
Nasdaq 2,583.28 +21.04 (+0.82%)
S&P 500 1,473.91 +14.96 (+1.03%)
ついに騰がりましたね。

原油価格 76.80 -0.22 (-0.29%)
昨夜の、様子とあまり変わってないようです。

為替
USドル  119.06-119.11
ユーロ   162.99-163.11
UKポンド  241.08-241.20
円売りが始まったかもしれません。
一部のニュースでは、日本の政治の先行き不透明感から円が売られるかもしれない
という話が出ていました。
この様子ですと、今日の日本市場はどうなるか判りません。
まぁ、株安と言う事もあり、将来的な事を見越して買われる可能性はあると思います。
特に新興3市場は、最近買われ始めていますからねw
東証1部の出来高、売買代金は下がり始めています。
それでも日経平均が騰がっているのは、主要な銘柄のみが買われているからのようです。

アメリカ株式市場はサブプライム問題で、
クレジット市場への懸念が続き関連銘柄は続落している模様です。
これは、ロンドン市場でも同様の懸念が出ているようです。
サブプライム問題は、住宅市場ではなく、金融市場の問題なので
いずれ、世界規模で、クレジット市場を中心に、
金融関連銘柄の株価は下落する傾向にあると言う事になるのかも?
まだその兆候が出始めたばかりかもしれないですね。
アメリカのHSBCだけ、純利益+25%増益らしいですw

エネルギー市場は買い戻されているようです。

さて、日本市場の市場ですが、どうやら、今夏は猛暑と言われていたのに
平年並みと言う事で、消費活動への意欲が低迷している模様です。


===============================
今朝のモーニングサテライトのニュースの一つから・・・
アメリカでこのサブプライム問題が、
本格的な大暴落の引き金になるという話が出てましたね。
幾度か最高値を出し続けている時は、いずれ大暴落に繋がるという、
ブラックマンデーなどの経験を元に話しているアナリスト?が居るようです。

日本でも、バブル崩壊の時の経験から、私も同じ事を思っています。
ただし、ちょっと違う意味でですが・・・
まず、この事を長期的な視野で考えてみたのですが、
日本がかつてバブルの頃には、日経平均は3万円台、4万円近くまで上昇しました。
しかし、その後、バブル崩壊で、日経平均は7千円台まで長い時間をかけて下落し続けました。
5分の1ですよ、かなり大きな騰落幅ですよね。
アメリカでも、ブラックマンデーの時には、大暴落して、世界恐慌の引き金になりました。
現在、Dowは6月から7月初旬にかけて、何度も、最高値にチャレンジしてきました。
そして、14.000ドルという記録を出したところへサブプライム問題が足を引っ張り始めました。
引き金としては、十分すぎる悪材料だと思います。

しかし、アメリカだけで、この大暴落の兆しを話題にするのは無理があると思います。
現在、国際市場では、中国などを代表とする大きな市場があります。
私は、中国市場の好調ぶりは、オリンピックまでと見ています。
もし、このサブプライム問題と、オリンピック開催が終わった時期が重なっていたとすれば
ほぼ間違えなく、世界恐慌の引き金になるだけの十分すぎる悪材料になっていたかもしれません。
運良く、1年ずれていた?・・・それだけの事でしょうね。
しかし、侮る事は出来ません
今後、このサブプライム問題が、どの程度長引くのかは判らりません。
日経平均が37.000円台から7.000円台にまで下落するのに要した時間は約13年間です。
サブプライム問題が、短期的な解決で済めばいいでしょうが、
市場の心理は、長期的な視野で捉えているかもしれません。
長期的なポジションで足を引っ張るようでしたら、
アメリカのブラックマンデーとは明らかに性質の違ったスタイルでの続落が始まる可能性もあるわけです。

しかし、逆に考えてみれば、市場の連動性は、世界規模になっているので
今後、もしも、このサブプライム関連のニュースで、Dowが極端な下落をしたとしても、
現時点では、さほどの悪影響と捉える必要はないかもしれません。
ただし、中国など、他の国の大きな市場が動き出したら、警戒する必要があると思って間違えないでしょうね。
主に株式投資をメインとしている人たちは、
いつでも、逃げられる準備をして置くべきかと思います。
===============================


その他のニュース
タリバンが、また人質を1名殺害した模様です。
2007/07/31-02:37 新たに韓国人人質1人「殺害」=要求聞き入れられず-タリバン
 【ニューデリー30日時事】アフガニスタンのイスラム原理主義勢力タリバンは30日夜(日本時間31日未明)、拉致している韓国人グループ22人のうち1人を新たに「殺害した」と明らかにした。タリバンはアフガン政府に収監中の仲間の釈放を求め、聞き入れられない場合、人質を殺害すると警告していた。確認されれば殺害された人質は2人目。
 タリバンのスポークスマンはロイター通信に「政府がわれわれの要求に耳を貸さなかったので、人質の男1人を射殺した」と語った。アフガンや韓国当局は殺害を確認していない。同スポークスマンによれば、殺害された人質の名前は「スン・シン」。韓国の通信社・聯合ニュースは、殺されたのは男性人質のシム・ソンミン氏と推定されると伝えた。タリバンは25日、グループのリーダーで牧師のペ・ヒョンギュ氏を殺害している。
(時事通信社より)

嫌な予感は当たってしまいました。
これは、前兆に過ぎないと思います。
2名殺害した事で、もう箍が外れてしまったと思います。
タリバン側の心理は、いつでも殺害出来るという状況にあるかもしれません。
非常にまずい状況になりつつあるでしょうね。

2007/07/31-00:45 公選法違反で副村長逮捕=参院選で職員に投票依頼-長野
 副村長の地位を利用し、職員に参院選の特定候補者への投票などを依頼したとして、長野県警捜査2課などは30日、公選法違反(公務員の地位利用)の疑いで、同県川上村副村長由井明彦容疑者(60)=同村御所平=を逮捕、村役場を家宅捜索した。容疑を認めている。
 調べによると、由井容疑者は参院選公示前の7月上旬ごろ、役場内で複数の職員に対し、後援会入会申込書に氏名などを記載させるなどして、参院比例代表に立候補した森元恒雄氏(自民)への投票と票の取りまとめなどを依頼した疑い。
 森元氏は旧自治省OB。2001年の参院選比例代表で初当選し、今回は落選した。川上村の村長は長野県町村会の会長を務めている。
(時事通信社より)

こういうのが出てしまうのはいつもの事ですが、人の傲慢さとか、慢心が招く結果です。
人は、一度地位などを手に入れてしまうと、自分の言う事は、間違えてないと言う心理が働き
本当に大切なものを見失い、時にそれは暴走し、人の命さえ奪ってしまう事があります。
この愚かな心理が、日本の政治、経済を危険に晒し続けているわけです。
常に「初心忘れるべからず」ですね。



私事で、ものすごくどうでもいい事なんですが・・・
テレビ東京系の経済ニュース番組のモーニングサテライトとオープニングベルで
梅津智史さんと池谷亨さんが、どっちがどっちだか判らない区別が出来ない現象(汗
イメージが被っていると思うのは私だけでしょうか?
「マーケットウメダス」と、「とおるが亨」と、それぞれにコーナーを持っているにも関わらず
見た目で区別が付かないorz

それとWBSで、大浜さんが、
とれタマ担当の女性に嫌味な程やたら厳しい事を言っているように思うのですが、
気のせい?w


追記でくだらないニュースを一つ
もらったパソコンでアダルトサイト閲覧 ナイジェリアの小学生
[アブジャ 19日 ロイター] 米国の支援団体からノートパソコンを贈られたナイジェリアの小学生たちが、もらったパソコンでポルノサイトを閲覧していたことが分かったという。ナイジェリア通信(NAN)が木曜日に報じた。
NANによると、子供たちが使用しているノートパソコン数台に、ポルノ写真が保存されているのを記者が発見した。
同通信は「子供たちは自由にポルノサイトを閲覧していた。アブジャの小学生にノートパソコンを使って勉学に励んでもらおうとしたが、その努力は無駄に終わった」と報じた。
途上国の子供たちすべてにノートパソコンを提供しようとしているOLPC(One Laptop Per Child)はこの報道を受け、予備計画の一部として今後はパソコンにフィルターをかけると発表した。
(Exciteニュースより)

一言
ませたガキンチョめ!w
[PR]

by zner | 2007-07-31 05:50 | Finance | Comments(2)  

アメリカの市場と、その他ニュース

Dow 13,249.70 -15.77 (-0.12%)
Nasdaq 2,555.17 -7.07 (-0.28%)
S&P 500 1,456.95 -2.00 (-0.14%)
さすがに、続落し続けましたので、そろそろ?という感じです。
現在は、乱高下と言った感じで、方向感が出てないみたいですが
一方的な下げという感じではなくなってきているように思えます。

原油価格 76.68 -0.34 (-0.44%)
こちらも、上がり続けた分、調整が入っているようですね。


日経平均がプラス引けした事に付いて
サブプライム問題と選挙結果、市場への影響を日銀は見極めへ

 <国内実体経済は堅調>

 経済・物価情勢に関する各日銀政策委員の認識について、福井俊彦総裁が7月金融政策決会合後の会見で「後退しているというよりは、前進しているということだろう」と述べたが、その後も実体経済が悪化する兆候は経済指標にそれほど表れていない。30日発表の6月鉱工業生産は4カ月ぶりの上昇となり、7、8月の予測もプラスとなった。米国第2四半期の国内総生産(GDP)も3%台の成長を確保した。
 生産に関しては新潟県中越沖地震の影響で、7月が前月比マイナスになる可能性があるものの、生産停滞は一時的との判断だ。幹部らは国内経済に特に不安材料はないとみている。消費者物価が相変わらずマイナスで推移していることは、想定の範囲内との見方だ。

 <サブプライムに絡む米国経済の行方が最大の障害>

 日銀にとって大きな気がかりは、米国サブプライムローン問題の影響だ。多くの幹部が「不安が解消するには相当な時間がかかる」と見ており、8月あるいは9月の金融政策決定会合までに市場の不安が払しょくされるような短期的な問題ではないと認識している。
 もっとも「影響の度合いにある程度見極めがつくことが重要」(複数の幹部)であり、実体経済に深刻な影響が出ることはないとの見極めさえつけば、利上げに踏み切れると見ている。
 今のところ幹部の間では「FRB(米連邦準備理事会)が成長率を今年、来年ともに0.25%下方修正したことからわかるように、軟着陸の時期は明らかに後ズレだ。しかし、米国で株価の調整が消費を冷え込ませるほど、景気に打撃を与えるような状況ではない」(複数の幹部)との見方が大勢。
 また、昨年5月や今年2月にも世界的に金融市場の調整があったものの、市場はそれを乗り切って再び上昇相場に復していることからみて「今回も市場が事態を見極めれば相場は底を打つだろう」といった楽観的な見通しも出ている。
 ただ、米国株価は前週末に大幅に下落、東京市場も27日の400円近い下落に続き、週明け30日も一時、200円超の下落となっているため、日銀内では「相場が下げ止まるかを注視したい」との声も出始めている。日経平均が1万6000円台まで下がれば、見方を変える必要があるとの声も出始めている。
 為替相場が足元で円高方向に振れていることも日銀にとって不安材料となっている。為替相場そのものよりも、輸出企業の業績を懸念して株価の下落材料となるためだ。
(NIKKEI.NETより 一部抜粋)

どうなんでしょうね。
サブプライム問題は、いずれまた悪材料ニュースを出してくると思います。
そして、ニュースが出るたびに、市場は勝手に反応してしまっているんですよね。
そういう反応の繰り返しで、
下手すれば、日経平均の16.000円割れの可能性も十分にありえると思うんですけどね。
日本経済が強い判断しているようですが、選挙も終わり、民主圧勝という状況の中で
安倍内閣は退陣しようとしない姿勢が、不透明感をより一層増していると思います。
この状況が改善されない限り、その影響は、いずれ出てくると思います。
安倍の、自民党の妙な意地は、かなり迷惑な継続、と言う事になりますよね。
必ず悪材料として、どこかで噴出すと思います。

米DJのオーナー一族、30日が買収提案の承認期限
 [ニューヨーク 30日 ロイター] 関係筋によると、米新聞大手ダウ・ジョーンズ(DJ)(DJ.N: 株価, 企業情報, レポート)の議決権の64%を握るオーナー一族バンクロフト家は、米ニューズ・コーポレーション(NWSa.N: 株価, 企業情報, レポート)によるDJ買収について、30日中に支持・不支持を表明することを求められている。
 DJ取締役会は2週間前にニューズによる買収を支持。バンクロフト家の承認待ちとなっている。
 バンクロフト家は、これまで買収を支持するかどうか協議を続けてきた。
 関係筋によると、一族の財産管理受託者で、DJの取締役でもあるマイケル・エレファント氏は、一族に対し30日までに買収の支持・不支持を表明するかどうかを表明するよう求めている。
(Reutersより)

どうなっちゃうんでしょうね~
いよいよ決まりそうですけど、ただ、買収する側も圧力をかけすぎているようにも感じますね。



その他、まずこちらのニュースを・・・
2007/07/29-23:02 韓国特使、アフガンの対応に理解=30日、新たな交渉期限-人質事件
 【ソウル29日時事】アフガニスタンのイスラム原理主義勢力タリバンによる韓国人グループ拉致事件で、盧武鉉大統領特使として現地入りした青瓦台(大統領府)の白鐘天・統一外交安保政策室長は29日、カルザイ大統領と会談し、「事件解決のためにアフガン政府が取るいかなる立場も尊重する」と述べた。一方、タリバンは同日、新たな交渉期限を30日正午(日本時間同日午後4時半)に設定した。AFP通信が伝えた。
 アフガン大統領府の声明によると、白室長はカルザイ大統領との会談の席上、「われわれはアフガンの文化や、対テロ戦争で直面する問題を十分認識している」とした上で、アフガン政府の対応を支持する姿勢を示した。
 カルザイ大統領はこれに対し、人質解決に向け、全力を尽くしていると述べた。
(時事通信社より)

そして、こうなる
2007/07/30-21:53 「最終期限」再び進展なく経過=韓国人拉致、交渉行き詰まり-アフガン
 【ニューデリー30日時事】アフガニスタンのイスラム原理主義勢力タリバンによる韓国人グループ拉致事件は30日、タリバン側が新たに設定した同日正午(日本時間同日午後4時半)の「最終期限」を経過した。人質解放につながるような進展は依然としてなく、話し合いによる解決に悲観論も出始めた。
 タリバン側は29日、これ以上の交渉は不要とした上で、政府が最終期限までに収監中のタリバン・メンバーの一部釈放に応じる意思を示さなければ人質殺害を始めると警告。19日の事件発生以来、タリバンは数回にわたって期限を設定したが、今回は人質殺害をこれまでになく強く警告していた。
(時事通信社より)

どうやら、難しくなってしまってるようですね。
嫌な予感がします。
[PR]

by zner | 2007-07-31 00:47 | Finance | Comments(0)