タグ:為替 ( 16 ) タグの人気記事

 

日経平均と為替

まぁ、予想通り、日経平均に限らず、他国の市場も下落し始めました。

日経平均とダウに三山が有るので下落は当然ですが、他国の市場は三山は成立してない所が多いです。

今回、他国の市場で判り易い三山が出来ているのは中国の上海総合とフランスのCAC40でしょうか。

実質的に、世界の市場牽引は日本とアメリカと言う事になると思います。

中国の主要市場が日本とアメリカの市場に同調し始めている事に意外性を感じるかもしれませんが

これは、中国の主要市場に外資が大きく入り込んでいる証拠になります。


さて、三山って何?と言う人もいるかもしれないので、過去にスクリーンショットで保管してあるチャートを
f0043286_21553393.jpg

f0043286_21554446.jpg

文字通り、山が3つ出来ていて、その3つの山を越えたら下落します。

これは酒田五法の一つであり、文献上では1700年代に日本の江戸時代に本間宗久と言う人によって

相場を読む方法として確立された物ですが

実際は、本間宗久と言う人が生まれる前から、多くの商人たちの間である程度は確立されていたのでは?

という解釈も出ています。

いずれにせよ、世界的にも市場関係者の間では、この酒田五法は有名であり

日本の市場経済が他国よりも先んじていた事と、抜きん出ている事を証明しています。


三山後の下げ幅はその時々によって違いますが、ほぼ確実に下落するシグナルだと思っていいです。

下げる主な要因は、地政学的理由、政変、大手企業のトラブル関係などなどですが

9月は投資先の変更が大きく関係してくるので下げやすいです。

とりあえず直近3か月の様子を・・・

日経平均の3か月チャート
f0043286_2224556.jpg

ダウの3か月チャート
f0043286_2225024.jpg

上海総合指数の3か月チャート
f0043286_2225321.jpg

今回は、中国絡みで南シナ海と東シナ海の問題が有りますが、これはさほど市場に影響は出ないでしょう。

主な要因はアメリカの利上げ観測と、ISM非製造業景況指数の予想値を下回った事

G20と、北朝鮮のG20中の3発のミサイル発射実験と核実験の問題

韓国の韓進海運の破綻、現代商船も危機で、サムスンはスマホと洗濯機で爆発

更に、EUの銀行の問題
(このEUの銀行の件に付いては、こんな小規模なブログでも書き立てるのはまずいようなので伏せておきます。
事情は知っていますが、私もあえてこの件だけは書かないようにしています。)


前述の投資先の変更というのは、年末商戦が関係してきます。

年末商戦で稼ごうとしている企業への投資に移行するため、9月は資産の回収期間だと思っていいです。

もちろん、政変や地政学的な重要な事態が発生すると、この9月と言うのも変わる場合が有ります。


そして為替の件

円高の方が、外国人投資家の利益が増えるので、予め円を買って、保有している日本の株を売ります。

すなわち、外国人投資家にとっては円安ですと儲けが少ないって事です。

なので、今日のドル円は素直に円高に移行していて

現在1ドル=101.88です。

おそらく、10月からまた円安に転じる事になるでしょう。

10月まで、中国や北朝鮮、韓国が大人しくしてくれていればいいんですけどねw
[PR]

by zner | 2016-09-12 22:31 | Finance | Comments(2)  

悩ましい為替

5日には99円台まで円安に進んだものの
昨日の場中には97円台まで円高に戻してきた。
円安終わり?
と思ったのも束の間、昨夜のうちに98.405円になっている
しかし、よ~く見てみると、昨夜の内に、96円台まで円高に向かっていた。
これって、やはり既に円安傾向は終わりを告げたのかもしれない。
また、NYSEは悪材料連発なので、
昨日は、Dowは
6,626.94ドル前日比+32.50 (0.49%)とわずかに上げたものの
下落し続けている事には変わりなさそうな・・・
NASDAQはわずかに及ばず、
1,293.85ドル前日比-5.74 (0.44%)

ちょっとばかり円安で日経平均は回復基調を見ることが出来たけど、
儚い命だったような気がする。
とりあえず、3月末まで、いや、4月初旬までは傍観して
わずかでも上げそうな気配がある時だけにしておきます。

かなりモチベは下がってますw
[PR]

by zner | 2009-03-07 09:47 | Finance | Comments(0)  

寝る前に気になっていたので・・・

12月の米小売売上高、2.7%減 08年は前年割れ
 【ワシントン=大隅隆、ニューヨーク=杉本晶子】米商務省が14日発表した2008年12月の小売売上高(季節調整済み)は3432億ドル(約30兆5000億円)で前月比2.7%減少した。08年通年では4兆4783億ドルと前年比0.1%減。米国で国内総生産(GDP)の7割強を占める個人消費は、拡大の背景となっていた住宅価格が下落したため低迷。対米輸出で潤ってきた新興国など世界経済にもマイナスの影響を広げそうだ。

 市場の見通しでは12月の小売売上高は前月比で1.2%の減少にとどまるとみられていた。予想を超える大幅減の背景にあるのはクリスマス商戦の低調ぶり。国際ショッピングセンター協会(ICSC)が米主要小売業者36社のデータを集計したところ、米主要小売業の年末商戦(2008年11―12月)の売上高は新規出店の効果を除いた既存店ベースで前年同期比2.2%減と過去最悪になっていた。

 消費は住宅価格の上昇を背景に個人が借り入れを増やす格好で膨張していた。 (22:51)(NIKKEI.NETより)

NY円上げ幅拡大、米小売売上高が予想下回る
【NQNニューヨーク=川勝充郎】14日朝方のニューヨーク外国為替市場で、円相場は上げ幅を拡大。午前8時35分現在、前日比25銭円高・ドル安の1ドル=89円05―15銭近辺で推移している。午前8時30分発表の昨年12月の米小売売上高が前月比2.7%減と市場予想(1.2%減)を大幅に下回ったことが円買い・ドル売りを誘っているようだ。小売売上高の発表直前には円は89円30銭近辺で推移していた。 (22:55)(NIKKEI.NETより)


アメリカで悪い指標が出れば出るほど、円高に進むわけですね。
そして、大きく下落して始まったNYSEとNASDAQ・・・
明日の日経平均は下落が決まったようなものですね。

それにしても、NYSEとNASDAQ・・・のっけからナイアガラしてるんですけど
どれほど下げて引けるのか、恐ろしくて見たくないかも。
[PR]

by zner | 2009-01-14 23:50 | Finance | Comments(0)  

なんとも微妙な日経平均

迷いすぎて、後場にやっと1銘柄だけデイトレしました。
でも、プラスだったので一安心w

20日までは、横ばいになるかと思っていましたが
為替だけは、あっという間に円高に振れたため
市場が大きく影響を受けているようですが
アメリカの市況の影響もあるんでしょうね。
来週は火曜日からですが、再来週から危険水域に突入しそうなので
来週辺りからその兆候が出そうな気がしています。

問題は為替ですが、やはり円高に向かいそうな気配が濃厚です。
となると、輸出を専門に行っている企業には大きなダメージになるでしょう。
さらに、アメリカの決算報告期には悪材料が連発になると思うので
日本もその影響を受けて、日経平均も6000円台まで下落するかもしれないと推測

日経平均 8836.80↑ -39.62
日経平均先物 8850.00↓ -20.00
米ドル 91.13↓ -0.02

WTI 42.47 +0.77
原油価格は、下げ止まりと言われているけど
20日辺り手前から、また下がり始めるのかもしれない。

いずれにせよ、オバマ氏の演説次第?
[PR]

by zner | 2009-01-09 15:12 | Finance | Comments(2)  

オバマ効果はどこまで続く・・・

ニューディール政策に期待されているようですが
実行されれば、当然の事、日本は貿易面では不利になると思います。
そして、前回取引初日に当たる1月5日のモーニングサテライトでは
為替が1ドル75円とか65円とかいう話があったばかりですが・・・
現在1ドル94円辺りまで、円安に動いています。

でもやっぱり・・・1月20日以降には、実態が見えてきて、下落?w
色々とニュースを見ていると、大統領が就任した後には下落する傾向があるそうです。
さりとて、期待は大きいらしく
今日のNYSE、NASDAQともに上昇しているようです。

明日に期待、そしてそれは1月20日までの寿命なのでしょうかw
そういえば、昨日のニュースで、GMの業績が予想以上の悪さじゃなかったそうです。
むしろ危ないのはフォードだったようですw
そのフォードの業績の悪さが報道されて、昨日のNYは下落したそうです。
GMは、昨年までにハイブリッド車の開発を行い、販売する段階にまで至っています。
おそらくその効果が出てきているのかもしれません。

さて、もう一つ大事な・・・
原油価格ですが、上昇しています。
現在1バレル=49.97ドル付近
早めにガソリン、灯油の補給をしておかないと・・・w
[PR]

by zner | 2009-01-07 00:11 | Finance | Comments(0)  

為替

90円割れました。
現在1ドル=89円台です。
一時的に88円台まで進みました。

日銀はいつ頃介入するのでしょうか?
介入なしでは、ちょっと危ないかもしれないと思います。
[PR]

by zner | 2008-12-12 14:19 | Finance | Comments(0)  

ビッグ3救済法案、妥協案提出と為替

ビッグ3への救済法案ですが、妥協案が民主党から提出され、
暫定合意に達した模様です。
ただ、まだ懸念材料も多く残っている事などから
完全なる可決という話ではないようです。
でも、これで少しだけ市場に安心感が戻るかもしれません。

いよいよ大詰めのような気がしてます。
個人的に思うのは、この救済法案には反対意見が非常に多いですけど、
救済が出来なければ、アメリカは威信にも関わる程のダメージを受ける事になると思います。
すなわち、現在緊急性が求められているGMとフォードが、万が一にも破綻に及んだ場合
その関連企業も破綻する可能性が高い上に、
既に事業提携をしている他の自動車メーカーへのダメージもかなり大きいと思います。
クライスラーもこの煽りを受けて破綻するかもしれません。
結果これらによる失業者数は、世界中で500万人を軽く超えてしまうほどの規模になるかもしれません。
世界経済を引っ張ってきたアメリカにとって、これ程の被害を世界にばら撒くとなれば
信用問題どころではなくなると思います。
ゆえに、救済をしなければならない立場に置かれている事を上院下院が理解した上で
可決に踏み切るしかない、と思います。

ただ、可決しても、被害がゼロと言うわけではないですけどね。


さらに、為替ですが
昨日の時点でドルが売られ、急激なユーロ高がありました。
円は、91円台まで進みました。
三菱UFJの市場業務部のチーフアナリストの意見では
年内に90円割れの可能性もあり、逆に、98円辺りまで反発する可能性もあるとの事
今後、どうなるのか・・・


別件
香港の鳥インフル、H5N1型と確認
 【香港12日時事】12日付の香港各紙によると、香港の農政当局は11日、先に郊外の農場で大量に死んだ鶏が感染した鳥インフルエンザが毒性の強いH5N1型だったことを確認した。
 一部の香港紙は「中国本土から密輸された卵が感染源となった可能性がある」と伝えている。(2008/12/12-11:30)(時事通信社より)

このH5N1型というのは、人体への感染も確認されているタイプとして有名です。
そして極めて死亡率が高いそうです。
どうも、人類はあらゆる意味で、片足を棺桶に突っ込んでいるような気がします。

追記
H5N1型に付いて調べてみました。
感染後の死亡率は60%
BSLは3
(BSL(Biosafety Level)は4段階のカテゴリーに区分けされています。一番危険なランクは4です。)
パンデミックの恐れがあるとされる、極めて危険な鳥インフルエンザウィルスのようです。

って・・・昨日、鶏肉食べちゃったよ・・・(汗
[PR]

by zner | 2008-12-12 12:12 | Finance | Comments(0)  

明日は売りのみ?

為替のレンジがついに崩れました。
1ドル=91円台突入です。
某御人のおっしゃるとおり、90円が見えてきました。

現在NYSEは下落っぽいですが、いつでもプラスに転じる事が出来る範囲をウロウロしています。
WTIは45.51ドル辺りです。

明日は早々に売り先行で始まり、終始下落幅を気にする日になりそうです。

そういえば、エルビーダメモリー社(6665)が、MSCBを繰り上げ償還する期日が迫っているようです。
このニュースもあり、今日のエルピーダの株価は、
まるで遊ばれているかのような値動きをしていました。
世界最小のDRAMの開発に成功し、年明け辺りから、生産ライン拡充と共に巻き返しを狙っていたのですが
500億円という資金を失う事となり、先行き不透明な状況に追い込まれているようです。
現在、精密機器関連、特に家電、PCなどでのメモリーの価格は暴落気味で
果たして、世界最小で性能もかなり向上しているとはいえ、
価格暴落している市場でどこまでいけるのか、あまり見込みがないような気もします。

また、このメモリーの市場は、景気にかなり左右されやすい気がします。
今後のエルピーダの株価が心配です。
資金面さえ確保できればいいのですが、現在の金融は、かなり渋くなっています。
要素的に見ても、エルピーダの狙いは大きな壁に阻まれる事になるため
明日からは続落になるかもしれません。
されど、最近、筆頭株主が変わったばかりでもあります。
その筆頭株主が、どのような対応をしてくるかによって、かなり様子も変わってくると思います。
期待半分不安半分、どちらに転ぶかは年明けに判明すると思います。
[PR]

by zner | 2008-12-12 00:33 | Finance | Comments(0)  

為替と市況

既に、92円台辺りをウロウロし続けて1週間を過ぎようとしています。
やや、円安傾向にあるようですが、当分はこのレンジ内で留まると思います。
年の瀬、もしくは、アメリカの大統領の就任式以降に、また動き出すでしょうけどw

為替と株式の関係で、以前から思っている事があります。
株式は、為替に対し順応性が高いのでしょうか?
為替が一定のレンジに収まり1週間から10日ほどすると、
株式の活性も上がっていく様子を感じています。
特に、現在の日本の株式は外資に大きく左右される傾向が強いため
急激に円高に振れすぎると、外資の買い控えが顕著に現れます。
ですが、一定の期間、為替が落ち着きを見せると
どんなに円高であろうと株式の活性が上がってるんですよね。
その目安が、1週間から10日程度と見ています。


NYSEは、8.761.45↑ドル 前日比+70.09
NASDAQは、1565.48↑ドル 前日比+18.14
昨日の日経平均は、後場になって急激な値の上がり方でちょっと安心しましたが
今日は渋そうですね。
おそらく日経平均9.000円が乖離のラインではないかと思っています。
9.000円が近くなると、利益確定売りが増えて、また8.300円辺りまで落ちそうな気がしています。
また、明日は、10月期鉱工業生産指数、11月期消費者物価指数が発表されるので
今日は、売りの準備が増え、明日には確実に指数嫌気で売りが出そうです。

そういえば、ブービー3への救済法案は、今朝になって、微妙な様子が伺えました。
昨日の時点では、可決する見通しという安心感が漂っていましたが
今朝の時点では、下院で救済に対し、また批判的な声が挙がり
ちょっと微妙な感じがしています。
ただ、救済法案が通らず破綻になれば、世界中を巻き込む事になるでしょうから
難色を示しながらも、渋々可決となるのでは?と思います。

日興コーディアルは、希望退職者を募った所、1000人を超す希望があったそうです。
ソニーは、アメリカでのTVなどの製造を撤退するそうです。

余談
ちょっと良いニュース?
大雨の恩恵 カキ豊漁
12月10日15時7分配信 西日本新聞
 短時間に大量の雨を降らせる「ゲリラ豪雨」。今年の流行語にもなる一方で、海のミルクと呼ばれるカキには豊漁をもたらしたようだ。

 福岡県志摩町岐志の岐志漁港。船だまりのそばに9軒のビニールハウスが並ぶ。カキ小屋である。香ばしいにおいが立ち込める中、大勢の家族連れが炭焼き台を囲んでいる。殻ごと網に置きグツグツと汁を吹き始めると食べごろとなる。

 糸島漁協によると、今年は原油高の影響で1キロ当たり昨年より100円高い800円に値上げした。それでも、夏場の大雨で川から大量の栄養分が流れ込み、餌のプランクトンが増えたおかげでカキの成育は上々。店が閉じる来年3月末まで、引き締まった身と濃厚な味が楽しめるという。

 大分県中津市から娘夫婦と訪れた古賀聡子さん(82)が、プリプリの“特大級”をほおばった。「たまりませんねえ。潮の香が口いっぱいに広がります」
=2008/12/10付 西日本新聞夕刊=(Yahooニュースより)

これは、びっくりですねw
まぁ、豊漁とは言え、ゲリラ豪雨と言えば、被害が出ている可能性もあるので
ちょっと良いニュースなのかどうか疑問ですけどw

だいぶ前に、台風が多い年はマツタケが豊作だという話を聞いた事があります。
まぁ、最近は、輸入物の方が多いんですけどw
そういえば、フィンランドでマツタケは臭いキノコとして見向きもしないそうです。
民族性というのか、遺伝学的に臭い物にも違いがあるという点で、
今後の国内でのマツタケ市場が面白い事になりそうですが
とりあえずは、この牡蠣が豊漁って事で、今冬は牡蠣鍋などが流行りそうな気がするw
牡蠣フライもいいですよねw
[PR]

by zner | 2008-12-11 08:34 | Finance | Comments(0)  

為替

ボトム3への救済策が破綻回避を優先した内容でしたが
150億ドルという明確な金額が提示され、可決する見通しが出たためか
NYSEは上昇して引けました。
また、その関係でしょうか
為替も、やや円安方向に振れ始めている傾向が見受けられます。

現在の為替水準は、92円から93円のレンジ内でウロウロしていますが
年明け09年に、オバマ氏が大統領に就任した後には
更なる不況対策が現実化する可能性が見え始めたのでしょう。
多少時間はかかると思いますが
年内は95円から96円まで円安に進むのでは?と見ています。
あわよくば100円まで行けばいいのに・・・とかw
まぁ、どうなるか判らないけどねw
でも、可能性はあると思う、むしろ期待だけだったりするかもw

もう一つの問題は原油価格
現在43ドル、3ドルほど上昇していますが
40ドル台って本当に久しぶりに見ているので、内心ちょっとホッとしていますw

そもそも原油価格が上昇したのには、原油を精製するための設備が不足していたためです。
そこへ、中国を含めた新興国の急激な経済発展が重なり、需給バランスが悪化したため
投機が買いあさったわけです。

そろそろ設備も整い始めているので、原油そのものの枯渇は回避できませんが
景気が回復しても極端な上昇には至らないのでは?と
あま~い考えで見ていますw
まぁ、いずれ上昇がするでしょうけど、短期間に急激な上昇はないと思います。
[PR]

by zner | 2008-12-09 08:05 | Finance | Comments(0)