タグ:日経平均 ( 30 ) タグの人気記事

 

日経平均と為替

まぁ、予想通り、日経平均に限らず、他国の市場も下落し始めました。

日経平均とダウに三山が有るので下落は当然ですが、他国の市場は三山は成立してない所が多いです。

今回、他国の市場で判り易い三山が出来ているのは中国の上海総合とフランスのCAC40でしょうか。

実質的に、世界の市場牽引は日本とアメリカと言う事になると思います。

中国の主要市場が日本とアメリカの市場に同調し始めている事に意外性を感じるかもしれませんが

これは、中国の主要市場に外資が大きく入り込んでいる証拠になります。


さて、三山って何?と言う人もいるかもしれないので、過去にスクリーンショットで保管してあるチャートを
f0043286_21553393.jpg

f0043286_21554446.jpg

文字通り、山が3つ出来ていて、その3つの山を越えたら下落します。

これは酒田五法の一つであり、文献上では1700年代に日本の江戸時代に本間宗久と言う人によって

相場を読む方法として確立された物ですが

実際は、本間宗久と言う人が生まれる前から、多くの商人たちの間である程度は確立されていたのでは?

という解釈も出ています。

いずれにせよ、世界的にも市場関係者の間では、この酒田五法は有名であり

日本の市場経済が他国よりも先んじていた事と、抜きん出ている事を証明しています。


三山後の下げ幅はその時々によって違いますが、ほぼ確実に下落するシグナルだと思っていいです。

下げる主な要因は、地政学的理由、政変、大手企業のトラブル関係などなどですが

9月は投資先の変更が大きく関係してくるので下げやすいです。

とりあえず直近3か月の様子を・・・

日経平均の3か月チャート
f0043286_2224556.jpg

ダウの3か月チャート
f0043286_2225024.jpg

上海総合指数の3か月チャート
f0043286_2225321.jpg

今回は、中国絡みで南シナ海と東シナ海の問題が有りますが、これはさほど市場に影響は出ないでしょう。

主な要因はアメリカの利上げ観測と、ISM非製造業景況指数の予想値を下回った事

G20と、北朝鮮のG20中の3発のミサイル発射実験と核実験の問題

韓国の韓進海運の破綻、現代商船も危機で、サムスンはスマホと洗濯機で爆発

更に、EUの銀行の問題
(このEUの銀行の件に付いては、こんな小規模なブログでも書き立てるのはまずいようなので伏せておきます。
事情は知っていますが、私もあえてこの件だけは書かないようにしています。)


前述の投資先の変更というのは、年末商戦が関係してきます。

年末商戦で稼ごうとしている企業への投資に移行するため、9月は資産の回収期間だと思っていいです。

もちろん、政変や地政学的な重要な事態が発生すると、この9月と言うのも変わる場合が有ります。


そして為替の件

円高の方が、外国人投資家の利益が増えるので、予め円を買って、保有している日本の株を売ります。

すなわち、外国人投資家にとっては円安ですと儲けが少ないって事です。

なので、今日のドル円は素直に円高に移行していて

現在1ドル=101.88です。

おそらく、10月からまた円安に転じる事になるでしょう。

10月まで、中国や北朝鮮、韓国が大人しくしてくれていればいいんですけどねw
[PR]

by zner | 2016-09-12 22:31 | Finance | Comments(2)  

三山来てた・・・

日経平均は、アメリカのISMの結果も含め、三山が成立しているので

おおよそで、来週の水曜日から木曜日頃までの間に、16.500~16.600辺りまで落ちそうな予感。

ただの予感ですw

底堅さも有るので外事で問題は発生しない限り、暴落は無いと思う。


一部訂正(9月9日PM3:00)
ドスンと落ちたとしたら、16.200~16.300前後まで落ちると思うw
今日は後場から上昇しているけど、まだ落ちる要素はあるはず。
三山出来てるんだから、落ちるべき時に落ちておかないと困るでしょw
[PR]

by zner | 2016-09-08 14:38 | Finance | Comments(0)  

日経平均 最安値は7088.47円 終値は7229.72円

日経平均、終値は50円安 午前に一時バブル後安値下回る
 3日の東京株式市場で日経平均株価は続落。大引けは前日比50円43銭(0.69%)安の7229円72銭だった。前場の日経平均は下げ幅が150円を超え、2008年10月27日のバブル後安値(7162円90銭)を下回る場面があった。2日の米株式相場が、保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の巨額赤字決算などを背景に金融不安が改めて意識されて約12年ぶりの安値水準となったことを嫌気し、幅広い銘柄が下げた。しかし、相場の下げ場面では年金資金による買い観測が聞かれ、売り圧力は限られると指数は徐々に下げ渋った。

 東証株価指数(TOPIX)は続落。終値は前日比7.79ポイント(1.06%)安の726.80と今年2月24日に付けたバブル後安値(730.28)を下回り、1983年12月以来、25年3カ月ぶりの安値水準に落ち込んだ。〔NQN〕 (15:34)(NIKKEI.NETより)

AIG1社の最終赤字616億6000万ドルという規模にビビッた結果なのでしょうけど
やはり日経平均6000円台は来るかな。
上げる余地もあれば下げる余地もある、底と見るのはまだまだ先という事だけは明らかになったと思う。

しかし縁起が悪い・・・「6」が多すぎですw

為替は、97円台で落ち着いて、やはり一服感が出てました。
原油価格が40ドル台に・・・
最近、36円前後から44円台までをレンジとして、ちょっと値動きが激しいような気がします。
[PR]

by zner | 2009-03-03 17:11 | Finance | Comments(0)  

日経平均は予想通り、その他

日経平均は、後場に入り350円程の下落
為替も、88円台に突入

気になったネットの記事から
食品検査用品の市場、5年後に17%増の183億円に 民間予測
 調査会社の富士経済(東京・中央)は食品の安全性などを確かめるための検査用品の市場規模が、2013年に08年見込みに比べ17%増の183億円になるとの予測をまとめた。有害物質の混入や産地偽装事件などで消費者の食の安全に関する意識が高まっており、今後も堅調に需要が伸びると見ている。

 分野別では微生物を培養するために用いる簡易型の「培地」や、「アレルゲン検査」の市場が高い伸びを示すと分析した。ただ、制度変更による検査項目の増加といった強制力の強い要因は限られるため、「拡大は緩やか」としている。

 主要12社を対象にした聞き取り調査や、各種データなどを基に推計した。調査期間は08年10―12月。(12:01)(NIKKEI.NETより)

私も、食費アレルギーがある身なので、気になりました。
まぁ、私が持っているアレルギーは、カフェインアレルギーだけなんですけどw
コーヒー、紅茶、日本茶などなど全てダメです。
しかし、世間では、蕎麦、甲殻類、貝類などのアレルギーを持っている人々は、生死に関わる問題ですから、当然、必要に迫られているかもしれません。
どこかのTV番組でみたのですが、
甲殻類を食した女性がその後に、彼氏と会い彼氏とキスをしたら泡を噴いて倒れたという事例もあったそうです。
当人が自覚していても、周囲の人がアレルギーを持っている事を知らなければ、どうする事も出来ませんよね。

しかし、それよりも問題なのは、有害物質の混入でしょう。
ミルクにメラミンが混入していた事によって、中国では乳児が多数死亡するという事件
そして、日本でも忘れられないのは、基準値をはるかに超える農薬が検出された冷凍餃子事件。
このような事件が発生していなければ、「メラミン」、「メタミドホス」などと言う有害物質の名前を知る事は殆ど無かったと思います。
ここで少々誤解されていたらしいのですが、改めて「メラニン」と「メラミン」はまったく別物である事。
当初は、日焼けなどによって発生するメラニンが有害物質なのか?
と、あまりにも発音も似ている上に、"ニ"と"ミ"の母音が同じ「I」だったために勘違いをする人が多かったようです。

メラニン (melanin)は人体内で形成される色素です。
メラミン(melamine)は有機化合物です。

まぁ、「メラニン」も発癌性があるとは言われていますが、これも過剰すぎればの話です。
元々は、この「メラニン」が、主に皮下組織内で自己精製出来ない体質をもって生まれてきてしまった人、いわゆる「アルビノ」という遺伝的な問題を抱えている方にとっては有害であり、皮膚癌などになりやすいと言われているようです。
この事から、過剰な日焼けは、皮膚癌になりやすいという結果に至ったのでしょう。

しかし、「メラミン」は正式には「シアヌルアミド」などと呼ばれる物質で、
工業の分野では、砒素などを精製するための材料であり、
人体に有害で危険な有機化合物です。

このニュースが出た時に、日焼けサロンなどに通ったりしている人々の中には、
パニックになってた人も居るでしょうねw

しかし、皮肉な事が一つ・・・
日本の食料自給率は40%弱です。
すなわち、殆どの食物を輸入に頼っている以上、
このような検査が重要視されるのは当然であり、
むしろ必然となってしまっているわけです。
日本の減反政策が間違えていた事を証明するような意味合いも有ると思います。
最近、政治家の石破氏が、減反政策の撤廃に関する草案を取りまとめているそうですが
かなり出遅れていると思います。
ただ、円高に伴い、輸入した方が安上がりと考えてしまう業者が多いのが現状でしょう。
なので、この世界規模での危機的な経済状態が回復しない限り
国内の食料自給率を上げる事も困難になってしまうでしょう。
本来は、国内だけでも十分にまかなえるはずなのに・・・本当、困った事です。

ちなみに、農薬などの基準は、EUに次いで、日本はかなり厳しいようです。
なので、食に対する安全安心を確保する為にも、国内での自給率を上げるべきだと思います。

ただ、過去に私は恐ろしい思いをした事があります。
夏場、車で長距離を窓を開けて走っていた時のこと・・・
田園風景が広がっている道を走っていたら、
遠くでラジコンヘリで農薬散布をしている様子が見えました。
暫くしたら、猛烈に気分が悪くなり、眩暈、吐気などに襲われ、車を路肩に停車し
思いっきり吐いてしまいました。
そこで、近くの病院に行き検査したところ、農薬を吸引してしまったようです。
間違えなくあれだ、と気が付き、病院側で直ぐに警察に電話をしてもらい仔細を説明しました。
その後、農薬散布をしていた業者が判明し、慰謝料を請求する事になりました。
実はこの被害者は私だけではありませんでした。
他の病院でも同じ症状を訴えて来た人が居たらしいです。
警察の話では、業者は風向き、風力などを無視した状態で、
さらに、ラジコンヘリを飛ばす高さを通常の倍以上の高さで飛ばしながら、
農薬を散布していたそうです。
業者は書類送検されたそうです。
当然ですよね・・・


訃報
「スタートレック」のR・モンタルバン氏死去、88歳
[ロサンゼルス 14日 ロイター] 米人気SFシリーズ「スタートレック」で悪役を演じたメキシコ出身の俳優リカルド・モンタルバン氏が14日死去した。88歳だった。ロサンゼルス市当局が明らかにした。
 芸能界で長期間のキャリアを持つモンタルバン氏は、ABCテレビの人気シリーズ「ファンタジー・アイランド」で一躍有名になった。
 また1970年代には、米大手自動車メーカーのクライスラーの広告塔としても知られた。
(Yahooニュース経由、REUTERSより)

スタートレックの映画はビデオで全部見ていましたが
カーンの逆襲という映画で出てきていましたね。
調べてみたら、TVシリーズでも、カーン役で出ていたんですね。
メキシコ出身の方だったとは知りませんでした。
[PR]

by zner | 2009-01-15 13:50 | Finance | Comments(0)  

なんとも微妙な日経平均

迷いすぎて、後場にやっと1銘柄だけデイトレしました。
でも、プラスだったので一安心w

20日までは、横ばいになるかと思っていましたが
為替だけは、あっという間に円高に振れたため
市場が大きく影響を受けているようですが
アメリカの市況の影響もあるんでしょうね。
来週は火曜日からですが、再来週から危険水域に突入しそうなので
来週辺りからその兆候が出そうな気がしています。

問題は為替ですが、やはり円高に向かいそうな気配が濃厚です。
となると、輸出を専門に行っている企業には大きなダメージになるでしょう。
さらに、アメリカの決算報告期には悪材料が連発になると思うので
日本もその影響を受けて、日経平均も6000円台まで下落するかもしれないと推測

日経平均 8836.80↑ -39.62
日経平均先物 8850.00↓ -20.00
米ドル 91.13↓ -0.02

WTI 42.47 +0.77
原油価格は、下げ止まりと言われているけど
20日辺り手前から、また下がり始めるのかもしれない。

いずれにせよ、オバマ氏の演説次第?
[PR]

by zner | 2009-01-09 15:12 | Finance | Comments(2)  

内閣不支持率急上昇

原油価格は53ドル前後
為替は1ドル95円前後で比較的安定してきてしまっている日本ですが
スーパーマーケットに行くと、さほど円高の影響を受けている様子が見えない。
例えば、輸入牛肉などはさっぱり値が下がってません。
豚肉にしても同様です。

そういえば、お米もここ2ヶ月程度で、5キロ入りが平均で100円程度値を上げていますね。
どちらかと言えば、どうでもいいものだけ値が下がっている気がします。

日経平均は、8400円台をウロウロしています。
(保有株は下落・・・orz)


さて、内閣支持率が低下しているようです。
「支持する」の倍以上の人が不支持を選んでいます。
内閣支持率31%に急落 日経世論調査
 日本経済新聞社とテレビ東京が11月28―30日に共同で実施した世論調査で、麻生内閣の支持率は31%となり、10月末の前回調査に比べて17ポイント低下した。不支持率は19ポイント上昇し62%となり、初めて支持と不支持が逆転した。追加経済対策の裏付けとなる2008年度第2次補正予算案の提出先送りについては「支持しない」が56%で「支持する」の28%を引き離した。
 政党支持率は自民党が前回から2ポイント低下し39%、民主が1ポイント低下し30%となり両党ともほぼ横ばいだった。自民支持率は6月以来、民主を上回っている。(30日 22:03)
(NIKKEI.NETより)

さらにこんな記事も
選挙後の首相にふさわしい人「麻生・小沢氏でない」6割 日経調査
 日本経済新聞社の世論調査で、政党支持率は自民が2ポイント低下の39%、民主が1ポイント低下の30%だった。麻生内閣の支持率は急低下したが、民主の支持は横ばいを続けており、不満の受け皿になりきれていない。
 「衆院選後の首相にふさわしい人」を尋ねたところ、麻生首相は17%で前回の36%から急落したが、民主党の小沢一郎代表は前回からわずか1ポイント上昇の17%にとどまった。最も多いのは「麻生首相と小沢氏のどちらでもない」の60%だった。麻生首相から小沢氏への「乗り換え」はほとんどなかった。(08:53)(NIKKEI.NETより)


要するに、自民党も、民主党もダメな政党として認識されてしまっているという事でしょう。

麻生氏は、かなり昔から失言が多い事で知られています。
また、カップラーメンの価格を400円と言ったり、漢字も読めないのか?という無学さを露呈してしまっている上に、特に、オタクと呼ばれる人々からの支持があったようですが、漫画やアニメなどばかりのイメージが強すぎて、子供じみたところが更なる悪化を招いたとしか思えません。
一応にも、政治家の資質は遺伝的に備えているとは思いますが、政治学とか言う前に、学ぶべき事を学んでなかったのでは?と思います。
もしくは、資質の遺伝的なところが、彼を天狗にしてしまっているのでは?という見方も出来ます。(ふと思ったのですが、麻生氏が漫画やアニメなどに興味を持つきっかけになったのは、親族の中に、故野田昌宏氏(2008年6月他界)の存在がそれとなく影響しているのでは?と思えます。)

小沢氏は、どっち着かずで、混乱を招くなど、信用失墜に繋がる言動をするなど、政治家としての覚悟が見えない事などがあるのでしょう。

そもそも、自民党は、安倍内閣の時に政権にしがみつく為だけに衆院解散をしなかった事が
政党としての大きなマイナスイメージになっています。
さらに福田内閣にしても、あまりにも強引な手法を使いすぎた上に
「あなたとは違うんですよ」という差別発言などが、社会的に批判の的にされ、イメージは更なる悪化を招いています。
そこへ、麻生の失言、無学が祟り、今回の支持率低下に繋がったと思います。

では、民主党はどうなのか?
かなり安倍内閣、福田内閣の時の自民党の策略に振り回されている気がします。
自民党は、ねじれ国会と呼ばれるようになってから、もしくはそれ以前の段階から
少しでも法案などを通しやすくするため、民主党に連立を打診していました。
その連立は、自民党の政権維持のためだけの甘言であると見抜いていた民主党員たちは、
一切耳を貸さずに過ごしてきていました。
しかし、小沢氏は、このままでは、日本が混乱していくだけだと思ったのでしょう。
自民党と水面下で面会するなどをして、連立構想に傾きかける様子がありました。
この事が、民主党内で批判の的となり、小沢氏の立場を危うくする事となり
その時の心労のためか、一時的に入院するなどの騒ぎにもなりました。
優柔不断にさせたのは、客観的に見れば、明らかに自民党の策に嵌ってしまったとしか思えません、小沢氏の心中を察すれば、当然の事だったのでは?とも思えます。
しかし、この事が小沢氏の大きなマイナスイメージに繋がり、上記のような記事になってしまっているのだと思います。

今後の、日本の政治は、このあまりにも人事不省とも思える状態を打破する事が出来る人材が求められるはずですが、いかんせん、それだけの資質、カリスマ性を持っている人材は見当たりません。
かと言って、このまま放置しておけば政治は単なる利権争いだけの場になる事でしょう。
[PR]

by zner | 2008-12-01 13:43 | NEWS | Comments(2)  

日経平均とパナソニック(6752)とその他

ほんと、渋い値動きでしたw
日経平均 8373.39 前日比+160.17

さてパナソニック・・・予想はしていましたけど
パナソニックの今期、純利益89%減 2800億円の下方修正
 パナソニックは27日、2009年3月期の連結純利益が前期比89%減の300億円になりそうだと発表した。従来予想は10%増の3100億円を見込んでいたが、2800億円の下方修正で一転して大幅な減益となる。金融危機を契機とした世界的な景気減速でデジタル家電の販売が落ち込む。株価下落で持ち合い株などの評価損を計上することも響く。
 売上高は6%減の8兆5000億円と7000億円下方修正した。景気の急減速で個人消費が低迷、年末商戦での薄型テレビやデジタルカメラの販売が落ち込む。カーナビゲーションなど車載機器の販売も自動車市場の低迷で減少する。
 営業利益は35%減の3400億円と2200億円下方修正し、株式評価損や構造改革費用の計上などで税引き前利益も77%減の1000億円と4000億円下方修正した。 (16:28)(NIKKEI.NETより)

連結営業利益は、前期比34.6%減少で、3.400億円
前回の予想では5.600億円でした、差し引き2.200億円も下がってしまったわけです。
純利益は、前期比89.4%減少で、300億円。
前回の予想では3.100億円だったので、差し引き2.800億円もマイナスです。
まぁ、これほどまで落ちるとさすがに焦りますが・・・
主な要因は、需要の低下、急激な円高などでしょうね。
それにしても、マイナスが大きいです。

このような状態の中で、SANYO(6764)の買収提案をしているわけですから
SANYOの株価もどっちに向かうべきか悩みますよねw

パナソニックと社名を変更してから最初の報告となるわけですが、
この衝撃は大きいかもしれません。
まぁ、今期が底と思えば、先行きは明るいと思うのですけど・・・
まず、明日のパナソニックの株価は、最安値を付けそうですね。
明日の日経平均にも大きく影響を及ぼしそうな気がします。

シャープ、太陽電池を欧州で生産 伊電力首位と合弁
 シャープは欧州第2位の電力会社であるイタリアのエネルと合弁で太陽電池を現地生産する。日本メーカーによる太陽電池の海外生産は初めてで、総投資額は1500億円規模とみられる。イタリアに設ける工場の生産能力は世界最大級になる見通しで、2010年の稼働を目指す。発電時に二酸化炭素(CO2)を発生しない太陽電池は世界的な景気後退下でも需要が拡大しており、世界2位のシャープは積極投資で首位浮上を狙う。競争激化による価格下落で普及に拍車がかかりそうだ。
 シャープ、イタリア最大の電力会社のエネル、欧州機械メーカーの3社が来年初めにも合弁会社を設立する。欧州2社が過半を出資、残りをシャープが負担する方向で最終調整している。合弁設立後にイタリアで工場建設に着手、原材料のシリコンを節約できる「薄膜型」という最新型の太陽電池を生産する。 (07:00)(NIKKEI.NETより)

今後需要が高まるのは確実とされている太陽電池の開発にこのニュースは大きな期待が寄せられると思います。
特に、環境問題を強く意識しているEU側にしてみれば日本の技術力は重要なポジションと捉えていると思うので、技術提携などは今後とも増えていくと思います。

米ティファニーの8―10月、純利益56%減 既存店の販売低迷
 【ニューヨーク=杉本晶子】米宝飾大手ティファニーが26日発表した2008年8―10月期決算は、売上高が前年同期比1.4%減の6億1800万ドル(約590億円)。純利益が前年同期比56.9%減の4300万ドルだった。既存店比較の売上高は全世界(為替効果除く)で7%減った。販売低迷を受け、人員削減を実施するほか、新規出店も抑制する計画だ。

 既存店比較の売上高は米国で14%減と低迷。売れ行きは月を追うごとに悪化し、8月6%減、9月15%減、10月20%減となっている。11月は10月よりも軟調となる見通し。金融危機を受けて高額品の購入を控える動きが広がっており、11月―09年1月期の米国の既存店売上高は「25―35%の減少」を見込む。

 09年1月期通期の収益予想も下方修正。1株利益は2.30―2.50ドルと、従来予想(2.82―2.92ドル)から大幅に引き下げた。 (10:57)(NIKKEI.NET)

さて、今年のクリスマス商戦はどうなるんでしょうねw
既に、クリスマスまで1ヶ月を切りました。
そこで昨日のニュースですけど・・・
米ネット小売り、クリスマス商戦は前年並みに 調査会社が予測
 インターネット関連調査会社の米コムスコアは25日、クリスマス商戦期(11―12月)の米ネット小売り販売額が前年同期比横ばいの292億ドル(約2兆8000億円)にとどまるとの予測を発表した。同19%増だった前年の伸び率を大きく下回る。高成長を続けてきたネット分野にも個人消費低迷が直撃する。
 クリスマス商戦期出だしの11月1―23日の販売額は同4%減の81億9000万ドルだった。2001年の調査開始以来、最低の伸び率だった10月の1%を下回る水準で推移しており、厳しいスタートとなった。
 コムスコアは「年末にかけてプラス成長になる」と見るが、企業倒産などの重大ニュースが発生すれば「予想が打ち消される」と指摘。同社が24日までに実施したアンケート調査によると、33%の消費者が「クリスマス用の買い物を始めていない」と回答した。(シリコンバレー=田中暁人) (15:21)(NIKKEI.NETより)

企業倒産などの悪いニュースが出たら?
幾らでも出そうな気がするんですけどw


現時点で日経平均が上に向かおうとしているのか、
それともまだ下落要因があるのかと考えてみれば
もちろん下落要因の方が多いと思います。
ただ、底に近い状態という印象は強いですね。
いつ買うか、そこ(底)が問題ですw
[PR]

by zner | 2008-11-27 20:02 | Finance | Comments(0)  

本日の日経平均は

ひたすら渋い値動きでしたねw

日経平均8213.22 (前日比-110.71)
それよりも気になるのは、日経先物です。
8200.00 (前日比+60.00)
容だけでもプラスで引けているんですよね。
日経平均よりも13ポイント低いんですけど
そして、TOPIXは、817.22
新興市場の方が強くなりつつあるのでしょうか?
少々気になります。

WTI原油先物は53.62ドル
乱高下していますね。

SANYO(6764)に付いては、120円の件に付いて最終的な記事が出たようですけど
やはり、120円説は本当だったようですね。
ゴールドマンサックス側は250円程度の値を譲るつもりは無いようですw
パナソニックは、どうするつもりなのでしょう?
ゴールドマンサックス、大和證券SMBCグループと、三井住友が保有しているSANYOの優先株式を普通株に転換すると発行済み株式数の70%を超えるそうです。
大和證券と、三井住友は売却に乗り気のようですが、ゴールドマンサックスは合意できず拒否しています。
この大和證券と三井住友が保有している株式を取得したとしても40%程度にしか至らず
過半数を獲得出来ないため、パナソニックは、ゴールドマンサックスとの交渉が成功しない限り
買収は失敗に終わってしまう事になります。
その間、投資家は色々と振り回される事になるのでしょうねw
こんな怖い株、買う気になれないw

もう一つ、何のために上場したの?と上場当時から疑問に感じてしまいたくなるほどの
エルピーダメモリ(6665)が珍しくS高で引けました。
(半年もしないうちに株価は1/10という暴落銘柄です。)
材料は、世界最小のDRAMの開発に成功し、あとはコストを抑制するだけのようです。
さて、メモリの市場はこれでもかと言うほど値が落ちています。
特に1世代前はボロボロだそうで、需要もかなり低下しているようです。
買うべきか・・・悩ましい銘柄なんですw

保有銘柄の三菱UFJ(8306)ですが
微妙ですね
そろそろ上がっても良いはずなんですが
自立反発を望んだのは間違えだったのだろうかと思いたくなりますが。
週明けまで様子を見る事にします。
まぁ、今回の下げ方は、一昨日97円付近まで円安傾向に走ったものの、
昨夜の間にあっという間に94円付近まで暴走しちゃってますから
円高の影響も色濃くあると思います。
というより、この時期の金融株に手を出す私の精神っていったい・・・とも思えますw
(実は、他にも保有している銘柄があるんですけど、それは内緒でw)

さて、別のニュース
中国が大幅利下げ 下げ幅1.08%
 【北京=高橋哲史】中国人民銀行(中央銀行)は26日、商業銀行の貸し出しと預金の基準金利を27日から引き下げると発表した。下げ幅は期間1年の基準金利で1.08%。人民銀は9月半ば以降、3回にわたって0.27%の幅で利下げを進めてきたが、今回は下げ幅を一気に広げる。世界的な金融危機の影響で減速感が強まる景気を下支えする。 (18:33)(NIKKEI.NETより)

ようやく動き出しましたね。
明日の、アジア市場にどのような影響を与えるのか気になるところです。

(11/25)FRB、最大8000億ドルの金融対策発表
 【ニューヨーク=藤井一明】米連邦準備理事会(FRB)は25日、個人向けの信用収縮を和らげるのを目的に、最大で8000億ドル(約77兆円)に上る新たな金融対策を発表した。ローンを裏付けに発行した証券化商品を買い入れるのが柱。住宅ローン関連で6000億ドル、自動車、クレジットカード、学資などの消費者ローンと一部の小企業向けローンで2000億ドルの資金枠をそれぞれ設定した。金融危機の影響で資金調達に苦しむ個人を支援するとともに、金融機関の経営を安定させ個人消費や住宅投資のてこ入れをねらう。

 FRBが住宅ローンの関連で買い入れる対象は9月に政府が管理下に置いた米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が持つ債権や保証をつけた住宅ローン担保証券(MBS)が中心だ。住宅ローンなどの債権は1000億ドル、MBSは5000億ドルの規模で買い入れる方針。(NIKKEI.NETより)


あとこれも
(11/26)EU、2000億ユーロの経済対策を提案 加盟国に
 【ブリュッセル=下田敏】欧州連合(EU)の欧州委員会は26日、総額2000億ユーロ(約25兆円)規模の経済対策を加盟国に提案した。今後2年間で企業支援や税制優遇などの景気刺激策を各国に求めたほか、付加価値税(日本の消費税に相当)の引き下げによる消費促進なども盛り込んだ。金融危機に伴う深刻な景気後退をにらみ、財政規律を重視する政策を転換。日米と協調して景気を下支えする。

 経済対策の規模は域内総生産(GDP)の1.5%分に相当する。財政政策は加盟国がなお主権を握っており、欧州委は経済対策で各国に約1700億ユーロの財政出動を求めた。景気刺激策は向こう2年間で集中的に実行し、この間はEUが特例的に各国の財政赤字の拡大を容認して財政支出の余地を広げる。これと並んで欧州委はEU予算などから約300億ユーロを拠出し、横断的に失業補償や職業訓練、研究開発投資を進める計画だ。(NIKKEI.NETより)

今夜の、EU市場ですが・・・軒並み続落してます(汗
この様子から察するに、NYSEも続落になるのかな?


さて、まったくの別件です。
現在、テレビ朝日系列の報道ステーションで、
東京の池袋に住み着いた中国人が中華街を作るという話が持ち上がっているそうですが
はっきり言ってかなり迷惑です。
私の生まれた場所が変わってしまうのは困ります。
また、現在でも、池袋はかなりの犯罪が発生しているのに、
これ以上、犯罪組織などが入り込み犯罪の温床になるのは非常に迷惑です。
悪い人たちばかりでは無いと思います
ですが、その悪い人でなくても、マナーやルールを守っていない状況です。
まるで我が物顔で闊歩されるのは迷惑です。
都として規制をして欲しいんですけどね、
都知事が石原じゃ、役立たずだからムリでしょうね。
早く辞任するなり、それがムリなら、追い出して欲しい。
[PR]

by zner | 2008-11-26 23:07 | Finance | Comments(0)  

8306三菱UFJとあれこれ

なんとなく、本日の底値付近で買い、持ち越しw
少々、テクニカルの面で難はあるものの、
先週の終値でそれなりに底を打ってる気配を感じたためw
久しぶりの持ち越しなので、ちょっと怖いw
臆病になるのも当然のようなご時世なので、気にしない事にします。

三菱UFJの子会社である泉州銀行と池田銀行の経営統合は
来年10月に延期というのが気になりますけどw
さほど影響はないと・・・思い込む事にします・・・いいのかな?w

日経平均は、久しぶりに8000円台を回復。
8323.93円↑ 前日比+413.14円
日経先物も、今日ばかりは、引け値もまとも?w
8340.00円↑ 前日比+390円
TOPIX
831.58↑ 前日比+28.89
為替は96円台、まぁ、それなりの値動きで終わったような気がします。

しかし、活性は微妙なようです。
東証一部の出来高、売買代金は共に先週よりも下がっています。
出来高 215298万株 (前日248933万株)
売買代金 1736419百万円 (前日1818093百万円)
この辺りが、まだ本当の投資意欲に結びつく程の決定的なネタが出ていない証だと思います。
本日の、日経平均も、前場開始の時に、急激な上昇を見た後に
ずるずると、後場の14時頃まで下げ続けていますし・・・
CitiBankに200億ドルの公的資金注入をしたとしても
現実的に見れば、債権放棄などの要素も含まれている上に
ビッグ3などの問題も後に控えているため、
不安要素はまだまだ拭いきれていないためでしょう。


さて、ちょっと幾つかのニュースを
三洋株買収、1株120円…パナソニックが金融3社と協議
11月25日3時12分配信 読売新聞
 三洋電機の子会社化を目指すパナソニックと、三洋の大株主である米証券大手ゴールドマン・サックス(GS)グループなど金融3社が、三洋株の公開買い付け(TOB)価格を時価(21日終値160円)より安い1株120円程度とする方向で協議を始めたことが24日、明らかになった。
 パナソニックは三洋株の過半数を取得する予定で、買収額は取得株数に応じて3000億~5000億円台になる見通しだ。

 GSと大和証券SMBC、三井住友銀行の金融3社は、普通株に換算すると三洋の発行済み株式数の約7割に当たる優先株を保有している。通常のTOBは市場価格に一定額を上乗せして取得するが、パナソニックは、優先株を普通株に転換すれば株式数が約3倍に膨らんで株価が下がると予想されることや、三洋の資産査定に基づく収益性などを考慮し、1株120円程度が妥当と判断した模様だ。

 ただ、GSは同250円程度で売却したい意向とされ、交渉が難航する可能性もある。(Yahooニュース経由、読売新聞より)


なにこれ??
本日の、SANYO(6764)の終値は156円ですよ
120円という公表はちょっとどうなんでしょう?
・・・・明日のSANYOは荒れそうな気がします。
こういう公表って、ある意味、悪い意味での株価操作に繋がってしまうのでは?
確かに、優先株を普通株に転換すればそうなるのでしょうが・・・
いくらTOBとは言え、市場心理を操作しているのと同じ事だから。
あまり感心は出来ませんね。
ちょっと市場に不安を与える材料になると思います。

もう一つ
クロマグロ、漁獲枠35%削減=日本の割り当ては3割減-大西洋保存委
 モロッコ・マラケシュで開かれていた「大西洋まぐろ類保存国際委員会」(ICCAT)の年次会合は24日夜(日本時間25日午前)、高級魚クロマグロの東大西洋と地中海での漁獲枠を2008年から段階的に35%削減し、2011年に1万8500トンとすることで合意した。ICCAT科学委員会は資源保護のため1万5000トン以下への大幅削減を勧告、日本や米国はその適用を求めていたが、蓄養漁業国の欧州連合(EU)や地中海沿岸諸国が最後まで強く反対した。
 09年の漁獲枠は2万2000トン(当初計画2万7500トン)、10年は1万9950トン(同2万5500トン)。資源保護を進めるためそれぞれ削減した。ICCATはまた10年までの各国別割当枠も明示し、同年の日本は08年比3割減の1697トンとなった。(2008/11/25-12:21)(時事通信より)

マグロって、一昔前は、日本以外の国では殆ど食されていなかったんですよね。
今では、世界中で食べられるようになり、消費量はうなぎ上り
でも、個体数は、それこそ"うなぎ下り"とでも言いたくなるほど、激減しているそうです。
蓄養なども盛んに行われていますが、現実的には、蓄養だけでは間に合わないでしょう。

いつもこの手のニュースを見ると、
いっその事、数年間だけマグロの捕獲を完全に禁止してしまってみたらどうなのだろう?とまで思ってしまいます。
ダラダラと捕獲量を下げるのでは、間に合わないような気もします。
マグロだけが魚ではないはずです。
でも、それでは、世界は納得しないのでしょうね・・・人間って、強欲で傲慢な生き物だから

東レが、中国で水処理の大手企業と来年5月に、
水処理膜の製造と販売を目的とした合弁会社を設立するそうです。
中国の水質汚染は、かなり恐ろしいです。
最近も、黄河が赤く染まるというニュースが有りました。
問題は、水だけでなく、大気汚染にも関心を持ってもらい対応を急いで欲しいところです。
ただ、この手の問題は、一般層にも意識を持ってもらわない限り、改善しきれないでしょうね。
[PR]

by zner | 2008-11-25 16:01 | Finance | Comments(2)  

ちょっと予想通りの展開

今週は、11月5日から昨日まで延々と売り込まれ続けていたので
そろそろ?という感がありました。
また、昨日の日経先物も+50円で引けていた事もあります。

NYSE
Dowは11月5日時点の終値で9139ドル
一昨日の終値は8282ドル
この差は857ドル
これだけ下げていると、不振の決算シーズンとはいえ、さすがに上がりそうです。

日経平均にしても
11月6日の終値は8899円
昨日の終値は8238円
差は661円

そして、重要なのは、日本の株価は、底を打っている可能性が高い事。
サブプライムの影響をそれほど受けていない事などから
そろそろ株価が上がっていてもおかしくない状況にあるにも拘わらず
為替に大きく影響を受けていたため、
上がりたくても上がれないという状況が、ヒシヒシと伝わっていました。

となると、Dowの下落率から見ても、そろそろかな?と思いたくなります。
で、実は昨日、松井証券(8628)を買い込みました。

松井証券は、決算内容こそ、それほど良い訳ではありませんが。
それは、どこの金融・証券とて同じ事です。
それよりも、MSCIに採用されたと言う好材料が出ていた事が買いに繋がっていました。
MSCIとは「モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル」
日経平均採用銘柄と同じようなもので
モルガンスタンレー独自の、株価指数を算出するための銘柄に取り込まれたという事です。

その他、採用された銘柄は
ABCマート(2760)、ニッセイ同和損害保険(8759)、セブン銀行(8410)、ツムラ(4540)

削除された銘柄もあります。
アイフル(8515)、CSKHD(9737)、オークマ(9103)、パイオニア(6773)、東邦チタニウム(5727)、東海理化電機製作所(6995)

さて、今日の日経平均は、どの程度まで上昇するのでしょうか。
ちょっと楽しみですw
ただ、この状況は、金融サミットの内容次第によっては、
来週は再び下落に転じるかもしれないので、今日中に売り抜けておきたいところです。

追記
期待したほどの上げ方ではなかったのが残念
あとは金融サミット次第というところでしょうか。
[PR]

by zner | 2008-11-14 09:34 | Finance | Comments(0)