タグ:放射線 ( 4 ) タグの人気記事

 

福島の野菜農家が自殺 摂取制限指示に「もうだめだ」

福島県須賀川市で24日朝、野菜農家の男性(64)が自宅の敷地内で首をつり、自ら命を絶った。福島第一原発の事故の影響で、政府が一部の福島県産野菜について「摂取制限」の指示を出した翌日だった。震災の被害に落胆しながらも、育てたキャベツの出荷に意欲をみせていたという男性。遺族は「原発に殺された」と悔しさを募らせる。

 自宅は地震で母屋や納屋が壊れた。ただ、畑の約7500株のキャベツは無事で、試食も済ませ、収穫直前だった。遺族によると、男性は21日にホウレンソウなどの出荷停止措置がとられた後も「様子をみてキャベツは少しずつでも出荷しないと」と話し、納屋の修理などに取り組んでいた。

 23日にキャベツの摂取制限指示が出ると、男性はむせるようなしぐさを繰り返した。「福島の野菜はもうだめだ」。男性の次男(35)は、男性のそんなつぶやきを覚えている。「今まで精魂込めて積み上げてきたものを失ったような気持ちになったのだろう」

 男性は30年以上前から有機栽培にこだわり、自作の腐葉土などで土壌改良を重ねてきた。キャベツは10年近くかけて種のまき方などを工夫し、この地域では育てられなかった高品質の種類の生産にも成功。農協でも人気が高く、地元の小学校の給食に使うキャベツも一手に引き受けていた。「子どもたちが食べるものなのだから、気をつけて作らないと」。そう言って、安全な野菜づくりを誇りにしていたという。

 遺書はなかったが、作業日誌は23日までつけてあった。長女(41)は「こんな状態がいつまで続くのか。これからどうなるのか。農家はみんな不安に思っている。もう父のような犠牲者を出さないでほしい」と訴える。(西堀岳路)
asahi.comより

遂に自殺者が出てしまった。
最初は東京電力の誰かが・・・と思っていたのだけど・・・

なんと言ったら良いのか

追記
おそらく、福島第一原子力発電所の敷地内で、プルトニウム238・239・240などが検出された事などが引き金になったのだろうか。
検出された量は土壌100グラム辺り239と240が1.2ベクレル、238が2か所で0.54ベクレルで
発表では微量としてはいるが、
プルトニウムは、地上で最強最悪な毒物であり、一般的に考えてみれば一番縁の無いはずの毒物でもある。
しかし、それが検出された事で、少なくとも福島県の農家にダメージを与えている可能性は大きい。
[PR]

by zner | 2011-03-29 05:54 | NEWS | Comments(0)  

農業産出額

福島県の農業産出額:2.500億円(平成18年度)×
茨城県の農業産出額:3,988億円(平成18年度)×
栃木県の農業産出額:2,609億円(平成18年度)△
群馬県の農業産出額:2,250億円(平成18年度)△
千葉県の農業産出額:4,014億円(平成18年度)?

向こう何年間、生産が出来ないままになるのだろう?
汚染された土壌を浄化出来ないものだろうか

ヒマワリは役立てるのだろうか?

追記
都内は水道水が汚染された事を受けて
先ほどスーパーマーケットを見て来た
ミネラルウォーターが枯渇していた。
[PR]

by zner | 2011-03-23 18:12 | Comments(0)  

放射線

無知な私が書くべき事ではないのだけど

政府の会見などを見ていると、毎回同じような事を言っていると思います。
「ただちに何らかの症状が出るレベルではない」とかなんとか
そんな感じのニュアンスだったと思う、まぁ、そんな感じ?(アバウトすぎるけど)

現実問題として、医療の現場で使われるX線写真やMRIなどを使用した診察を受ければ、
それなりの放射線を浴びる事になるのは今回の事故で多くの人々が理解していると思う。
もちろん、このような事が無ければ、医療の現場で放射線を浴びている事など知らなかった人たちの方が多いかもしれない程である。
(一応念のためだけど、筆者は知っているw

日本で起きたこの事故のせいで、既に、世界中で通常の放射線以上の値を検知しているらしい。
それだけ放射線は飛び火しているわけだ、
おそらく、偏西風などに乗り、成層圏まで上昇し、ジェット気流に乗って移動したのかもしれない。
(筆者の勝手な推測ですけどw

だからと言って、それが人体にどの程度の影響を与えるかなんて事は専門家でもない限り誰も答えを出せないはずだ
いや、専門家でも答えなど出せないだろう。
なぜなら、人体は個体別に、個人差が有り、それぞれの個体差に合った許容量というのがあるわけだから
今回の放射線を回避するために?
外出時は皮膚を露出しないように、家に帰ったら、まず手洗いなどをしたり、窓は開けずに、などの警告が出されている。
これはまるで、花粉症対策と同じである。
そして花粉症も、発症している人も居れば発症してない人も居る。
すなわち、放射線も同様に、わずかな量を浴びただけで何らかの症状が発症してしまう人も居れば、発症しない人も居る
という見方が出来る。

果たして政府の会見で言う事が全て正しいのか
個人差という視点で見てしまえば、明確な答えなど誰も判らないはずだ。
ただ、慌てて何かをしなければいけないのかというとそれほどの事も無いと思う。

明確に困っているのは、事故の発生した原発付近の農家であろう。
もっとも、今後どの程度の被害額になるか、問題はここだと思う。
現代の悪い病気である。
全てを「被害額」などに換算する悪い癖
まぁ、仕方のない事だとは思う。

ただ思う事、無知な時代から一歩前進しただけなのかもしれない。
被害額ではなく、被害者の数が多すぎだが・・・・


原子力発電所反対の運動があちこちで始まっている。
この点に付いては、出来るならその方が良いと思う。
しかし、現在の日本で、その原子力発電による恩恵は大きい。
一か所の発電所がダメになっただけで、東日本は計画停電をしなければいけない程だ。
代替出来る物があるなら良いが、それすら今は無い。
じゃ、どうする?
震災前までの安定した電力供給を切り捨てて、生活が成り立つのだろうか?
計画停電を続けて行くだけでなく、現在運転中の原子力発電所の全ての運転を停止したら
日本はどうなる?
反対する人は、そうなった時の事を考えているのだろうか?
気持ちが判らない訳でもないが
否定する前に現実を見る事も必要だと思う。

さて、どうしたものか・・・
[PR]

by zner | 2011-03-22 18:06 | その他 | Comments(0)  

放射性物質 除去 で検索したら

思わぬ物が見つかった。

http://akirunojc.gr.jp/news/himawari/2011/03/20/

http://convenience.typepad.jp/naze/2010/11/%E3%83%92%E3%83%9E%E3%83%AF%E3%83%AA.html

これが事実であれば、農作物などへの被害を1年以内に解決する事が可能となる。
しかし、本当なのだろうか?
早々に実験してもらいたいところだ。
もしくは既にヒマワリが栽培されている付近での、土壌のチェックを行うべきかと思う。


ちなみに、検索結果には「ゼオライト」というのも出てきた
”沸石”の事らしい、すなわち、今必要な放射性物質除去にはまったくと言っていいほど役立たずですw


役立たず=そんなものを個人で仕入れる手間を考えてくれ と言う意味です。
学術的に役立つかどうかは別問題w

ヒマワリの種なら、その辺のホームセンター、スーパーマーケットでも安価で売っています。
[PR]

by zner | 2011-03-22 11:31 | その他 | Comments(0)