タグ:北朝鮮 ( 4 ) タグの人気記事

 

北朝鮮の核とミサイル問題

G20の際に北朝鮮が放った3発のミサイルは、どうやら精度確認のためと思われる。

おそらく、今まで行われた発射実験の中でもかなり重要な発射実験になっているはずだろう。

その理由は、着弾点がかなり的確になってきている事です。

それ以前までのミサイルは、どこに着弾するかすら判っていなかったほどいい加減な物であり

技術的に未熟である事を証明していた。

しかし、2012年に北朝鮮が単独で打ち上げた「光明星3号2号機」という人工衛星が有り

この衛星の存在は、アメリカ航空宇宙防衛司令部によって確認された為

この時点で、GPS機能を搭載している可能性は極めて高く、その衛星とのGPS機能とのリンクが

今回のG20の際に発射された3発のミサイルで試された可能性はある。


通常、長距離弾道ミサイルは、打ち上げた後に、自力で軌道修正を行うが、

その時に軍事衛星ないし、人工衛星とリンクさせ、座標に合わせて軌道を調整するようになっている。

もちろんミサイルの性能次第では、リンクしても、的確に的を射る事は不可能であるため

その為の技術的な実験は、先進国でも行われてきた。


あえて言うなら、北朝鮮のミサイル計画は、先進国と同じ工程を経て、確実に成長している事になる。

そして、北朝鮮はこれを自力で行ってきたので、韓国が抱えている軍事配備内容とは大きく異なる。

まぁ、韓国の国防はアメリカ依存の為、北朝鮮程の性能能力を自力で開発するのはほぼ不可能である。


何より問題なのは北朝鮮が抱えている思想である。

東アジア圏唯一の反米であり、アメリカを特に敵視している事と、

同胞民族である韓国さえも敵視する事で、自ら孤立政策を敷いている事であるが

完全なる孤立ではなく、1961年には「中朝友好協力相互援助条約」「ソ朝友好協力相互援助条約」を結び

ソ連崩壊後は2000年に「露朝友好善隣協力条約」となっている。

もちろんの事、中国とロシアの間でも同様に「中露善隣友好協力条約」という物が有ります。

この中露と交わしている2つの条約には、この中露朝の3国が他国に戦争を仕掛けられた場合

互いに助け合うという規定しているため、仮に他国が北朝鮮に戦争を仕掛けた場合

中国とロシアは迷わず、北朝鮮を支援するために参戦しなければいけない事態に陥る。

それは第三次世界大戦になるのと同じと言う事になるので、迂闊な事が出来ない

北朝鮮はその条約を盾にし、今回の5度目の地下核実験までも行ったわけである。


もし、これらの中露を絡めた条約が無ければ、北朝鮮は既に国家としては地球上から消滅していただろう。

また、北朝鮮も事実上、他国に戦争を仕掛ける事は出来ないのも実情である。

国力差と戦力差が有り過ぎるため、たとえ核兵器を手にしていても、侵略戦争を仕掛けると

事実上、中露との条約の上では、攻め込まれたら助け合う事になっているけど

勝手に侵略した場合は助ける必要性は書かれていないのである。

実際に、ロシアがウクライナに侵攻した時も、中国が南シナ海、東シナ海に足を延ばしていても

これら3国は、それを支援する軍事行動は執っていない。

外交上の言葉として、支援する、賛成するという表明は行われている。

なので、北朝鮮が勝手に戦争を始めても、中露は手を貸す事は無く、単独で戦い続けなければいけない。


ここで重要な線引きとしては、仮に北朝鮮が韓国に戦争を仕掛け攻め込んだとしよう

これに対し、韓国が防衛線を張り、北朝鮮の侵入を阻止している間は、中露は北朝鮮側で参戦してこない。

しかし、韓国が優勢になり、北朝鮮側に侵攻した場合は、中露が北朝鮮防衛の為に動き出すと言う事である。


だが、この条約には一部、解釈上として、どうなるのか不明な点も有ります。

例えば、他国の兵士が、あるいは航空戦略を用い、北朝鮮の領内に侵入し軍事行動を起こし始めた時は、

中露は必ず条約履行と言う意味で、北朝鮮防衛の為に参戦してくるでしょう。

では、領外からの大量のミサイル攻撃によって、北朝鮮に攻撃を加えた場合、

中露は北朝鮮の防衛の為に動けるのか?と言う疑問が沸きます。

おおよそで、MD防衛戦略を持たぬ北朝鮮は、大量にミサイルを飛ばされたら防衛しきれません。

分析としてミサイル戦略と地上軍を持っている事は既に知れた事ですが、空軍はまともに保有していません。

その理由は空軍パイロットを育成するためには、1人当たり数億円の経費が掛かる上に

戦闘機等は1機だけでも数十億円かかりますので、国家予算レベルで増強する事が不可能なわけです。

防衛用の為のミサイルも、大量に生産できるほどの技術力も財力を抱えていないので、ほぼ無理でしょう。

現状で言えば、地上戦略を用いた攻撃に特化した軍事力を持っているけど、防空能力はほぼ皆無なので

防衛力として核兵器を抑止力の代用にしようとしているのだと思います。


ちょっと余談

北朝鮮の潜水艦保有量に付いて、過去に公表された内容では「78隻」保有している、と公言しました。

北朝鮮の軍人は、あたかも無敵の潜水艦部隊と豪語していたそうですが

ですが、実は、この潜水艦は朝鮮戦争後、直ぐの頃に建造が開始された物が多く

旧式の設計が大半を占めていて、実践力として全く役に立たない代物です。

なので、実戦配備されている数は不明ですが、まともに機能するのはおそらく10隻未満で、

その10隻未満も先進国の潜水艦の性能と比較すると、かなり粗末なものだと思われます。


北朝鮮の問題は、社会体制が変革するわけでもなく、

軍事大国化を推し進める方針だけしか持っていない為、このまま放置して置くわけにも行きません。

かと言って戦争を仕掛けてくるような暴走行為は自滅に繋がるので、動きが取れないのも事実です。

中露との条約が破棄されれば話は簡単なのですが、国連安保理などの目を北朝鮮に向けさせ、

中露の軍事行動が目立たないようさせる効果も有る為、そういう意味で利用価値が有る以上は

中露朝の条約を破棄する事は無いでしょう。

後は、外交戦略で外部からの圧力を加え続ける事と、資源を供給元を絶つ事に徹するしかないでしょう。

周辺国が下手に過剰反応するとそれこそヤブヘビになるかもしれません。


ですが、仮にミサイル発射実験であっても他国に被害を出した場合

それは明らかに戦争行為と見做され、大量のミサイル攻撃で国を全て焦土化させてしまえば終わると思います。

まぁ、5回目の核実験で、世論はかなり過敏に反応していますが

北朝鮮ではウランなどが採掘できないのに、なぜ核兵器が作れるようになったのか?

それは、核のブラックマーケットが世界のあちこちに有る為です。

なので、ブラックマーケットを先に潰す努力しなければ、今後、北朝鮮だけでなく

他の国でも核兵器を作ろうとする動きが出て来るかもしれません。


イランの核問題が有りましたが、イランは自国内でウラン鉱床が存在していますので、自前です。
[PR]

by zner | 2016-09-10 13:20 | NEWS | Comments(2)  

核の傘 その2

「その1」からの続き。

今回のワシントンポストの記事には微妙に悪意を感じています。

と言うより、解釈の仕方を間違えている人が多すぎるのかもしれません。

その理由は・・・
The governments of Japan, South Korea, France and Britain have all privately communicated their concerns about a potential declaration by President Obama of a “no first use” nuclear-weapons policy for the United States. U.S. allies have various reasons for objecting to what would be a landmark change in America’s nuclear posture, but they are all against it, according to U.S. officials, foreign diplomats and nuclear experts.

この段落部分には日本が筆頭に書かれているけど、韓国、フランス、イギリスも含まれている物であり

そして、それらの国を一括りとして核先制不使用に反対という意図が書かれています。

ですが、次の段落でJapan, in particular,とし、日本だけを名指しして、

安倍総理大臣とハリス司令官とのやり取りだけが書かれているのですが

北朝鮮の紛争リスクが高まるという懸念を示しているだけです。

「懸念」は外交上、あるいは外交用語として「反対姿勢」を示すものではありません。

過去の日米貿易摩擦やTPPの問題で、懸念を示した事例が幾つも有りますが、

それらは否定や拒否を意味していませんし、

否定や拒否をする時は、日米共にはっきりと言い切っています。

そして何より問題なのは、その後の文章を見ると、日本以外の、韓国、フランス、イギリスの

それぞれ個別の国家首脳の反応については明確な記述はどこにも有りません。

そして各国で翻訳された記事は、この段落部分だけを見て

日本を含めた4国の総意のように書かれているわけです。

記事の解釈の仕方では明らかに日本を勝手に巻き込んだ状態で翻訳されていて

日本が反対したと思わせるように仕向けている節が見受けられます。

アメリカ政府関係者はそれ以降シビアな状態なので一切の取材には応じないとしていますが

そもそもワシントンポストの記者は、政府関係者の誰にその話を聞いたのか?と言うのも問題です。

謀略的な悪意を持つ者であれば他国の意思を生贄にしてでも、という心理誘導を行う事でしょう。

現在、アメリカ自身も混乱しているようで、カーター国務長官を始め共和党、民主党の両党内部でも、

先制不使用に付いて危険行為だと警告を発している議員が多く居るようです。

かつて、2009年にはシュレシンジャー国務長官が「アメリカが先制不使用を宣言したら

日本が核武装する可能性が出てくるので、日本との協力体制を強化した方がいい」と言ったそうです。


ですが、それ以前にもっと恐ろしい重要な事実に気が付くべきかと思います。

2000年に起きたあの事件です。

韓国が、IAEAなどを欺き、密かにウラン濃縮実験を行った事件です。

その実験に使われた技術が、なんと日本が開発したもので特許が取得されているレーザー濃縮技術でした。

IAEAが査察を行った際に、日本の特許技術の資料が押収されています。

勝手に日本の技術を使って核兵器を作ろうとしていたわけです。

更に調べると、2013年の韓国の世論調査で核武装をすべきだという意見が74%も有りました。

この事実を顧みると、上記のワシントンポストの記事で「反対」の意思を強く示したのは

日本ではなく、韓国なのでは?と思います。

なぜワシントンポストは記事に韓国の意思は個別に書かなかったのでしょうか?

と言う疑問よりも疑念が湧き、そこに悪意を感じます。


ちょっと余談ですが

日本では、関係者による不正や不当な行為が無い限りほぼ事故などはありません。

不正と言う例で見れば、旭化成の建築の杭打ちの改竄や、三菱自動車の排気ガスの改竄が大きな問題になりましたが

韓国の場合、不正や不当な行為を行っているつもりはないのでしょうが、ビルが建築中から傾いたり

高速鉄道のパーツが外れガムテープで補強とか、はたまた船を沈没させたり、

天候に左右される環境でもないのに飛行機の操縦を誤り航空機事故を起こしたり

明らかに人災ばかりを引き起こしています。

そんな人災民族が核武装?、洒落にもならないし恐ろしいですね。


そして、よく考えてみてください、日本は唯一の被爆国と言う意識が強いですし、世界もそれを認めています。

そんな状況下で仮に日本が核武装すると政治が言い出したらどうなります?

おそらく日本国内の世論だけを見ても意識は一気にひっくり返ってしまうでしょう。

世界中もそのポジションチェンジを否定するでしょう。

下手すればクーデターに発展する可能性も有り、政府は転覆させられてしまうかもしれません。

与党を認めている人たちでさえ、この件についてはシビアに敏感に反応し

これは右翼とか左翼とか思想以前の問題なので絶対的な否定者で埋まってしまうと思います。

更に周辺国は、核先制不使用を宣言している中国でさえも

そのポジションを変えざる得ないと判断するかもしれませんし

ロシアも日本をターゲットさせて来るでしょう。

わざわざ危険を呼び込む意味が有るのか?と考えたら、政治的暴走さえも許されません。

もちろん、このような判断は日本だけの問題ではありません。

現在、非核武装の他の国であっても核武装を宣言した時点で

世論が何の反応も見せないと言う事は有り得ず、必ず騒ぎになるでしょう。


もっと突っ込んで考えてみましょう。

アメリカの核の傘が今も日本を守っているのか?と言う点にも疑問を感じます。

第二次大戦後、幾つかの国で核実験は各国で行われていますが、

核ミサイルが兵器として使われた事は一度もありません。

ただし、劣化ウラン弾が使用された事例は3例ほどあります。
(劣化ウラン弾及び劣化ウランを利用した装甲などは数多くの国が利用しています。
劣化ウラン弾はウランの半減期が数億年と長いため放射線量は極めて低く
かと言って日常的に劣化ウランと接していれば確実に被爆はします。)

1970年頃までアメリカの政府関係者、国防関係者でさえも

いざとなったら核兵器のボタンを押すべきだという論調が多く有りました。

特に1962年のキューバ危機の時は、核戦争になるだろうと世界中が震撼しました。

しかし、危機は回避され、その後の条約等が発生し、デタントも行われ続けその論調は不思議と消えていき

今は押すべきではないという論調が増えていきました。

幾度も行われた核実験とその後の結果の様子を見た人たちが、これでは人類が絶滅するという

危機感を抱き始めた事がきっかけになるかもしれません。

そして「核不拡散条約(NPT)」や「核態勢の見直し(NPR)」などが政治的効力を求め

実装配備の数が減ってきた理由は、それを使用する事を倫理的に拒み、

その存在を心理的には嫌悪するようになっていったわけです。

ですので、核ミサイルを保有している国々は持ってはいるけど、使用する気はないという方向性に

落ち着いているのではと思います。

実質もうここ20年程は、核の傘は外れていたという解釈をしていいかもしれません。

それに、北朝鮮が万が一核ミサイルをどこかに飛ばしたとしたら

1月もしない内に北朝鮮は焦土化されてしまうでしょう。

しかし、それでも他の各国の首脳たちはの中には、極めて傲慢で強欲性をを持つ人たちも居ます。

核武装の有無に関わらず各国首脳の言論を見ていると、

まるで自分がこの世で一番偉いんだと言わんばかりの発言がかなり出ています。

威勢を張ってないと、国家を維持できないのか?とさえ思わせますが

穏健派という印象を持った首脳は極めて少なく、常に牽制し合っているのが実情なので

危機意識を失ってはいけないと思います。

この様子を見ていると、人類もまだまだ未熟なのだなと感じざる得ません。



最後に、MD防衛構想などに付いて

先に、核ミサイルの構造を知る必要も有ります。

核ミサイルは爆縮という高熱圧力を加える事により、中性子を吸収し核分裂を引き起こし爆発させます。

ただ、この爆縮は放射性物質に対し均等な圧力を加えないと不完全核爆発となり正確な核分裂が行わず

本来の性能は発揮されません。

この事がきっかけで、MD防衛構想が生まれたと言えます。

爆縮が始まる前に迎撃撃墜してしまえば、核分裂に至らず、核爆発は阻止できると言う事です。

あくまでも理論上ですが、テストの結果は良好だそうです。

このMD防衛の最先端にあるのがアメリカです。

では迎撃した場合の核ユニットはどうなるの?と思います。

核ユニットの構造は爆縮に耐えられる構造と強度を持っています。

なので、内部からの核分裂による爆発が発生しない限り核ユニットの外殻が壊れる可能性は

極めて低いそうです。

まぁ、設計上によっては爆発してしまうかもしれませんが、

その大半はMD防衛によって阻止できると考えられています。

その為、核配備は抑止力や防衛力としての価値はなく、

侵略行為としての価値も薄れてしまったわけです。


しかし、それよりもこのMD防衛構想さえも通用しない危険性が一つあります。

核兵器を直に目的地に持ち込み戦術型核兵器として使用する可能性です。

一般的に核兵器は、戦略型核兵器と戦術型核兵器に分類されます。

戦略型核兵器とは、弾道ミサイルのような長距離で発射され、ターゲットに当てる兵器であり

MD防衛構想は、この戦略型核兵器に対して設定された構想です。

対して戦術型核兵器とは戦場などに直に持ち込んで近距離から攻撃する、

あるいは現地で直接核攻撃をするタイプを指します。

この現地に核兵器を持ち込み爆発させられたら手の打ちようが有りません。

テロリストがこの手法を使う可能性が有るため危惧されています。


過去に核物質を密輸しようとした事件が発覚しています。

2007年、スロバキアから高濃縮ウランがハンガリーに持ち込まれようとしていましたが

検問により摘発押収され、ハンガリー人2名とウクライナ人1名が逮捕されました。

この高濃縮ウランの出どころは、旧ソ連領のどこか、とまでしか判っていませんが

兵器としての使用目的ではなく、密売し利益を得ようとしていたそうです。


核物質だけでなく、核物質の取り扱い技術に付いても、勝手な輸出は禁じられていますが

核の闇市場が存在しているらしくパキスタンから北朝鮮に技術や核物質が流れていると推測されています。


政治的に国家間及び国際関係上での条約等で核ミサイルなどは減らせますし

迎撃して防衛する事も可能にはなっています。

正直思うのは日本も防衛のために、防衛ミサイルを強化し、増やしていく方向で進むべきかと思います。

更に、レーダー性能の向上も重要な意味を持ちます。

ですが、テロリストなどが直に戦術型として核を持ち込むような例は回避不能です。

アメリカを含めた先進国が一番強く懸念しているのは、自国内に核兵器が持ち込まれる事だと思います。
[PR]

by zner | 2016-08-22 22:46 | 政治 | Comments(2)  

防衛省の来年度概算要求が月末に提出予定

概算要求額は5.16兆円で、前年比+2.3%増だそうです。

最近の北朝鮮の核問題なども含め、中国の侵犯行為に対する問題で増額せざる得ない状況のようです。


まず、北朝鮮の核問題でMD防衛の主軸となっている迎撃ミサイルの増設と開発強化分が含まれています。

イージス艦搭載用の迎撃ミサイルで、SM-3 Block IIAかSM-3 Block IIBのどちらかを追加するために

147億円計上しているようです。

地対空迎撃ミサイルの通称パトリオットミサイル、PAC-3の増設費用として1056億円計上しているそうです。


次に、中国の東シナ海に対する度重なる侵犯行為により、

離島・島嶼防衛のために宮古島に部隊配備する事が決定されています。

更に、超音速地対艦ミサイルの開発が行われる予定です。

ただ、完成はだいぶ先の話らしく、予定では2023年になるとか、ちょっと気長すぎ?と思いますが


今から10年ほど前までと比べると、世界の秩序が荒れてきている事が

如実に判りやすい時代になったと思います。

戦争ありきの時代へとシフトしているようにも感じられますが、何とかギリギリ踏み止まっている印象です。

人間が須らく無知であり、強欲である事を示した時代から、ひとたび平和的な時代へとシフトしたはずが

結局、人間は僅かに学んだだけであり、まだまだ未熟である事を証明をしているようなものでしょう。

特に国際連合の脆弱性が原因で、世界の秩序を維持しきれなかったのでは?と思います。

これほどまでに悪化させたのは、経済だけが原因ではありません。

もちろん、韓国人のあの国連事務総長の無能っぷりが災いしているのは間違えありませんし

また国連職員もかなり買収されているのでは?とさえ思います。

ちょっとICPOとか動かして、国連職員の財務背景を調べ上げた方がいいんじゃないでしょうか?

あまりにも脆弱過ぎて、何も守れていない国連が、人権問題などを含め勝手に内政干渉してくる時代なんです。

国連に限らず、全ての国際機関には原則的に内政干渉する資格も権利もありません。

にも拘らず勝手に、国内問題に付いてあれこれ語り始めて、非難までする始末。

本来やるべき仕事をまったくせずに、余計な無関係の仕事をしているのが現在の国連です。

国連は予算編成の見直しも含め改革は急務と言えるでしょう。

物事には順序と言うものがあります。

今すぐに行わなければいけない事は他国への内政干渉ではなく

中国や北朝鮮などを含めた、反人類的な、あるいは反国際秩序的な国や組織を厳格に正す事だと思います。

これらの怠慢が原因で、日本の防衛費にまで影響を及ぼしているわけです。

国連には責任を取ってもらいたいですね。
[PR]

by zner | 2016-08-19 16:53 | NEWS | Comments(2)  

アメリカ市場の終値とその他ニュース

Dow 13,577.87 +76.17 (+0.56%)
Nasdaq 2,651.79 +12.63 (+0.48%)
S&P 500 1,518.76 +8.64 (+0.57%)
結局大きくプラスで引けましたね。
日本の市場も今日はちょっと期待できそうな気がします。

ただ、原油高が気になります。
原油価格、72.48 -0.33 (-0.45)
マイナスで引けたとは言え、依然70ドル台です。
為替は、昨日は121円台でしたが
122.30-122.36と、122円台に戻っています。



さて、ニュース
これちょっととんでもないニュースです。
--------------------------------------
2007/07/12-06:17 「段ボール肉まん」違法販売=劇物で加工し具と偽装-北京
 【北京12日時事】中国中央テレビ(電子版)は12日までに、北京市朝陽区の一部露店で、段ボールとひき肉を混ぜて具にした「偽装肉まん」が違法に販売されていたと報じた。販売業者は同テレビの取材に対し「段ボールと肉の割合は6対4で、コストを下げるために行っている。自分では食べない」と証言した。
 日本ではひき肉偽装事件が発覚したが、北京市当局は段ボールを使った偽装肉まんは極めて悪質なケースだとして、違法加工拠点に対する取り締まりを進めている。
 問題の肉まんは、使用済みの段ボールを劇物のカセイソーダに浸して黒っぽくした上で、粉々にしてひき肉と混ぜ、肉まんの具として約10分間煮込んで作られる。段ボールとひき肉が混ざった具は、外見上は本物と見分けが付かないという。
(時事通信社より)
--------------------------------------
昔から中国は、「足の生えているものは、机や椅子以外、羽の生えているものは飛行機以外なら何でも食べる」と表現されてきた民族ですが
段ボールが入った肉まんって、何?
ありえないですよね、何考えてるんだろう・・・悪質なんて通り越してる気がします。
恐ろしい事です。

そして、オマケ
--------------------------------------
2007/07/11-19:23 北朝鮮、期限切れ薬の支援要請=「中国製は偽物多い」と韓国に
 【ソウル11日時事】北朝鮮の赤十字会が今年2月に韓国の製薬業界団体に対し、使用期限が切れた医薬品の支援を要請する文書を送っていたことが11日、分かった。韓国の通信社・聯合ニュースによると、文書では「中国から入ってくる薬はわれわれの体質に合わず、偽物が多い」として韓国製の医薬品支援を求めている。
 製薬業界団体によると、北朝鮮側は期限切れの薬を使って何らかの問題が発生した場合は「北朝鮮側がすべて責任を取る」として、使用期限が6カ月から1年過ぎた医薬品の支援を要請。抗生物質や結核、風邪などの薬が必要だとしている。
 これに対し、製薬団体は「医学的な問題が発生する可能性もあり、期限切れの薬を送ることはできない」と拒否しているという。北朝鮮が韓国側にこうした要請をしたのは昨年に続き2回目で、国内の医薬品不足の深刻さを浮き彫りにしている。
(時事通信社より)
--------------------------------------
北朝鮮までもが「中国製は偽物多い」と言わしめるほどです。
ほんと、偽物を作らせたら右に出るものなしという感じがします。
そして韓国側の対応は、正当な対応だと思います。
これが普通だと思うんですけどね?
中国が世界基準で普通になるのはいつの事なんでしょうか?
北京オリンピックをボイコットしようと言う声も挙がってきてるようです。
それだけ中国の印象は悪化の一途を辿っているのだと思います。


追記:
中国関連のニュースを遡って見たんですが
良いニュースが何一つもないんですよね、皆無です。
出てるニュースは、世界中がギョッとするような、オマケに、世界中の環境さえも脅かしかねない悪いニュースばかりでした。
もう、ミートホープの事件が霞んで見えますw
[PR]

by zner | 2007-07-12 06:51 | Finance | Comments(0)