クリア数

17097ゲーム
知り合いに教えてもらってから地道にクリア、
その知り合いのクリア数を微妙に抜いてます。

フリーセルって32000ゲームあるんですよね。
一日に1ゲームクリアして行ったとしても
32000÷365=87.671・・・・
87年以上かかっちゃうんですよね

本日17120ゲームでとりあえず、終わりにします(汗)
[PR]

# by zner | 2006-01-17 11:17 | Freecell | Comments(0)  

早く売りたい株

カテゴリーの方法がやっと判りまして分類してみました。

ライブドアは良いけど、
持ち株が売れない・・・
シーマ4800株早く売り払わないと(;;
[PR]

# by zner | 2006-01-17 11:13 | Finance | Comments(2)  

ライブドア問題

朝からウリが山ほど出てますね
1億8千万株も・・・
気になるのは当然、関連企業の株価ですね~
買収、事業提携、子会社化した企業の株価がどの程度日経平均に影響を与えるのでしょうか

朝ごはん食べてこよ~(汗)

食べてる間に、ライブドア株ウリ2億5千万株に膨張・・・怖いわ

朝食は、納豆、卵、ハンバーグ(手作り)でした。
朝からお腹が重い(汗)

11時現在
ライブドアは2億6千5百万株のウリ
ライブドアマーケティングは140万株のウリ
ライブドアオートはさっぱり動きが判りませんでした。

後場スタート
ライブドアマーケティングのウリは200万株一歩手前・・・
紙屑になるのが目に見えてる気がします。

ライブドアオートのウリは2千5百万株、後場になってようやく様子が見えてきた

さて、この辺りで、見通しとしてですが、
この騒ぎの真意がどうであっても、まず、社長退陣は間違えないかと思います。
同時に、今までM&Aなどで吸収して行った数々の企業がライブドアからの影響力を失う可能性が高くなってくると思います。
既に、上場しているライブドア、ライブドアマーケティング、ライブドアオートの株は、
今週中はS安の連続で、企業としての資本力さえも危うくなるでしょうから、
抱えてる株を売却して資本力を維持するような動きもあると思います。
その結果、社会的にも不安定な要素を持ってる経営力が低い、
もしくは好転し切れてない企業は、他の企業にM&Aされる可能性が高くなると思います。
経営が好転してる企業は完全独立化していくことになると思います。

思うに、財閥組織を目指してるように思われるIT企業の躍進もここで足止めを余儀なくされると思います。
かつての財閥は、GHQによって解体された経緯が有るけど、ライブドアの場合は、自画自賛のような感じになるのでしょうか。
ただ、気になるのは、政界とか財界の動きです。
某大手のグループなどは、長い時間をかけて、よく聞かれるような政略結婚のようなものとかで、お互いの結びつきなどを堅固なるものにしているため、グループ内の一角でトラブルが発生して株価が暴落しても、助け合うという姿勢があると思います。
株価をグループ内で下支えするなどで協力し企業価値を完全に消滅させないようにし
回復の時期を待つなどで企業の存続をさせるとかです。
(もとより資本力が高いから、めったなことでは消滅しにくいと思いますけどw)

しかしながら、ライブドアは、企業としての歴史も浅く、下支えするにもグループ内の絆も浅いため、
分裂する可能性はかなり高いかと思います。

さて、オチがつきそうなので、某大手グループって言うのは、芙蓉グループのことです。
今回のライブドアショックで関連企業の株は軒並みS安に至ってる様相が伺えますが、
フジテレビ株も同様に30万を下回るという状況です。
でも、このフジテレビというのは、その芙蓉グループの一角に位置してます。
フジテレビだけでばかりCMが多く流れてる、ライオン、産経新聞なども、同様に、このグループです。
まぁ、ライブドアがどう転んでも、フジテレビは実際はたいした痛みは無いはずです。

私の私見ですが、ライブドアは、この芙蓉グループに属する事を望んでいたのではないかと思います。
なんせ、芙蓉は日本最大のグループですから
既に存在する最大級のグループに対抗するより、むしろ、そこに属して登って行った方が早いと思うし。

同じような考え方として、現在InternetでTVを・・・のような動きも有るけど、
実際は、既存の1ch~12chと枠が出来上がってるTVの方が視聴率は高いです。
新たにTV局を開設するとなると、発生する問題としては、開設のためにかかる時間と費用
です。
既存のTV局相手に、同等、もしくはそれ以上の規模を持たなければ、それなりの視聴率は稼げませんから、一般に認知してもらうためにもかなりの時間をロスする事になります。
一番の手間は、人材です。
人材を集めるためにかかる時間、資金のロスは開設するよりもかかりそうな気がします。
そういう無駄を省くためにはどうすればいいのか?
単純に、既存のTV局を買収すれば、殆どの主要TV局は全国へのネットワークも完成しつつありますし、人材も揃ってますし、番組制作などにかかる基盤も出来上がってますから、時間的なロスは大きく省けます。
ただ、その買収にかかる費用の問題だけです。
そう考えた結果、ニッポン放送の買収に乗り出したのでは?と推測してました。

今回の事件で、完全に堀江氏が描いていた人生設計は完全に終わったかもしれないです。
今後の成り行きは、誰もが想定できる・・・想定内の事となるでしょう。
[PR]

# by zner | 2006-01-17 08:34 | Finance | Comments(0)