<   2016年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

東京都都知事 小池百合子に決定

YOMIURI ONLINEより
都知事選、小池百合子氏が当選確実
 東京都の舛添要一前知事の辞職に伴う都知事選は31日、投開票が行われ、元防衛相の小池百合子氏(64)が当選を確実にした。

 今回の都知事選には、過去最多の新人21人が立候補し、選挙戦は小池氏と、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)(民進、共産、社民、生活推薦)、元総務相の増田寛也氏(64)(自民、公明、こころ推薦)の3人を軸に展開された。

まぁ、予想通り、いや予定通りなのかもしれませんが、小池百合子に決定したようです。

明日までには各候補者の得票数が判明すると思いますので

その辺りのデータをきっちり見ていきたいと思います。

追記
おそらく国政としては、いや、明確に安倍政権は増田を切り捨てて小池を選択するでしょう。

その方がいろいろと都合が良いですし、自民党に膿があるならそれを除去する作用にも繋がります。

衆院解散総選挙を視野に入れていると思います。

ただここで、ひじょうに残念なのは、谷垣氏が自転車転倒事故で頸髄損傷が思いの外重症だったようで

会話も出来ないほどの復帰不能な状態だそうです。

明確な症状についての公表がないので現段階では憶測が飛び交うばかりですが

自民党内でも結構、中立的な立場で頑張っていた方なので無事に退院して元気な姿を今一度見せて頂きたいものです。


追記
朝日新聞DIGITALより
小池氏「都議団と連携したい」 東京都知事選
 東京都知事への当選が確実となった小池百合子氏(64)は31日夜、都議会議員との関係について報道陣に問われ、「都民の方々から選ばれた都議会の方々とも、しっかりと都民のためになるような政策の実現のために、これからも連携をとらせていただきたい。近々、各会派も含めてごあいさつにうかがわせていただきたいと考えている」と述べた。

あれ?雲行きが怪しいですね。

都議の冒頭解散を宣言していたんですが、連携ですか?首を傾げたくなる発言ですね。

早速、都民を不安にさせてくれています。


追記
さて、東京都は東京都だけでメキシコや韓国の国家と同等のレベルのGDPに該当する日本の首都です。

2020年にはオリンピックも開催が予定されています。

今後の東京都の旗振り役として都知事の職は重職と言っても過言ではありません。

国政も東京都無しでは成り立たないのが実情です。

もちろん他の道府県も大事なんですが、その他の道府県の財政を賄っているのも東京都の財源だったりします。

ゆえに、日本にとって東京が如何に重要な都市であるか判るはずです。

治安維持や犯罪撲滅も大事な要点です。

小池百合子にどこまで期待していいのか判りませんが、当確した以上、やってもらわねばなりません。

ただし、過剰な期待はしません。

勝手に過剰に期待し過ぎて、それ以下だったら個人レベルで勝手に失望感を抱いてしまうものです。

なので期待せずに、長い目で見守るしかないのが世論の立場だと思います。

選んだのは都民なんですから。
[PR]

by zner | 2016-07-31 21:02 | 政治 | Comments(2)  

バングラディシュ人の怒りと南スーダンの悪化

2016年7月1日にバングラディシュの首都ダッカで発生したテロによって、28人が死亡した事件で

そのうちの20人が外国人民間人であり、2人は警察官、犯人グループ側は6人死亡

その内訳として日本人1人が重症、7人が死亡し、イタリア人9人、残り3人はバングラディシュ人と思われる。

このテロで、いまバングラディシュでは怒りの声を挙げています。

被害に遭われた日本からJICA経由で派遣されたチームは、人口増加に伴う交通インフラ整備のための、

地下鉄建設計画に参加していた方々です。

現在、バングラディシュに対し、日本を筆頭に幾つかの国々が開発援助を行っており

その為に開発内容に応じた調査チームが派遣されていますが、不安が募る一方だと思います。

国情で見ると、イスラム教徒は89.7%、ヒンドゥー教徒9.2%、

その他に仏教徒、キリスト教徒が1%であるらしい。

イスラム教徒が多い国という印象はありますが、国として特殊な一面があり

共通言語がベンガル語である事から、アラビア語を使用する事は無く

ベンガル語は、もともとアーリア人の中でもベンガル地方に住む人々の間だけ使用されている言語であり、

固有の民族意識を持っているようで、宗教を介さずして民族主義的な国家を形成しています。

そのため、ISなどのテロに加担する傾向は低いと思われていました。

しかし、昨年の9月にISは日本も標的であると宣言し、その翌月10月にはバングラディシュの北部で

日本人1名が殺害されていました。

この事がきっかけとなり、JICAは安全基準を底上げし派遣チームの多くは国外退去を命じ、

青年海外協力隊の全てを首都ダッカ内に留まるように指示を出していたようです。

首都でこのようなテロが発生した事を受け、協議を重ねた結果JICAは現時点で出来る事として、

総撤収せずに安全基準の大幅な底上げと現地警察との情報共有などを含め、

あらゆる手段でテロを未然に防ぐようにする事を主軸に活動を続けるそうです。

日本政府もJICAも積極的平和主義という方針の上で動きたいと考えているらしい。


この事件がニュースで流れると、バングラディシュではテロに対しかなり怒りを露わにしていたようです。

なにせバングラディシュに対する国際貢献で一番関与し開発を行っているのが日本ですから

更に言えば、もともとバングラディシュの国旗は1972年に日本の評論家である吹浦忠正という人物が

バングラディシュの政治家に日本の国旗の意味を説明し、その説明を受けて、デザインが考案され出来上がった物です。
f0043286_1194784.jpg

なので当初から日本を強く意識している国でもあります。

ある意味、社会性の中に日本に対し友好的な意識を持っている事が伺えます。

しかし、バングラディシュの近隣諸国はバングラディシュ人をよく思っていない傾向があります。

もう20年も前の話なのですがインド人に言わせれば「バングラ人は嘘吐きだ」

ミャンマー人に言わせれば「バングラ人は手癖が悪い」

まぁ、どこの国でも悪事を働く人は居るでしょうし、

たまたまそういうバングラディシュ人が目に付いてしまったという感じかもしれません。

でも、1世代分である20年も前なので、その後どのように変化していったのかは詳しく判りませんが

20年前の当時の近隣諸国の間ではあまり良い印象はない国だったんです。

しかし、少なくとも今回のテロで日本人の命が奪われた事は、バングラディシュ人にとって痛恨の極みであり

怒り以外の何物も感じないといった風潮があるようです。

20年の歳月の間に民族意識に大きな変化が出ている事が感じ取れます。

イスラム教徒であれ、人としての良識、倫理観、道徳心などを強く意識している民族性に変化していったと解釈できます。

今のバングラディシュはまだまだ未開な部分も多く、生活インフラが十分に整った国とは言えないらしく

そんな中、日本の協力により大きく様変わりし始めている様子はバングラディシュ人の目にも明らかであるらしく

日本に対し尊敬の念を抱いていいるらしいです。


次に、同年同月の7日から南スーダンの情勢が悪化し始めました。

南スーダンの首都ジューバで、大統領派と副大統領派の兵士同士が銃撃戦をはじめ、

PKOの中国人1名が死亡、ルワンダ人6名が重軽傷を負った。

この南ルアンダでもJICAが70名ほどで活動していて、日本人に被害は一切無かったものの

他国の海外援助チームも1000人以上が退避する状況だという。

この件では日本政府はJICAを含め、邦人の総撤退を指示しているのだが

しかし、自衛隊は違憲であるという解釈から自衛隊の機能が制限されているため、

救出には異様な程の手間がかかっている。

安保法案などから発生した問題で、改憲が必要となる事態に拍車をかけた形にもなっています。

JICA理事長である北岡真一氏は、安保法案の懇親会メンバーを務めていた頃から

この事が何よりの問題点であると認識しています。

もともと北岡伸一氏は、自衛隊は違憲であるが違憲でないように改憲が必要であると考えています。

一部では護憲派のように見られている節があるが、それは大きな誤解であり、JICA理事長という立場上、

JICA等の海外で援助支援活動をしている邦人警護が何より重要である事をよく知っている立場であるし

あらゆる国際条約の中に於いて、日本の自衛隊の集団的自衛権は容認されている事もよく熟知しています。

法学者であり政治学者、歴史学者でもあるので、その辺りは他の学者の会などに属している愚昧な東大教授などより

はるかに、よく思考し、丁寧に理解し、最終的に必要な問題点に行き着いているわけです。

そして一つだけ弊害となっているものがあり、それが日本国憲法9条です。


そんな日本の憲法による縛りがある中、問題なのは、

他国で発生する内乱、内紛、あるいはクーデターという形式の緊急事態です。

この状態の場合、その当該国の軍に邦人の警護を依頼できるような状況ではないため

国際社会での常識としては、各国の軍がそれぞれ警護を行い、

緊急時はそれぞれの国の軍などが避難支援を行うのも当然とされています。

はっきり言ってしまえば、PKOが何の役にも立ってないという現実があると言っていいかもしれません。

国連が役立たずはこんなところでも露見しているわけである。



さて、この2つの事件の背景を考えていくと性質上は全く異なるのですが

日本がJICAを通して関係を持つ国であり、また日本だけでなく多くの先進国の人々が開発支援のために

現地で活動している国であることが分かります。

しかし、そういう国でテロ行為や武力行使を行うには、必ず銃火器などの武器が必要になります。

まずIS等のテロ組織に武器弾薬を密輸出という形で供給しテロを煽っているのはロシアである事は既に判明しています。

水面下で武器弾薬の供給ルートが構築されている可能性があるのですが、

バングラディシュの場合、民主化されている一面もあり、通常で供給ルートを確立する事は不可能です。

どこをどう経由した供給ルートがあるのか、まったく不明瞭なわけです。

そこでふと、ニュースで掲載された犯人グループ数名の写真を見ると
f0043286_1195530.jpg

犯人グループ全員が一緒に撮影されているわけではなく、それぞれ自動小銃を構えた容で個別に撮影されていますが

その構えている銃の側面の傷?のような様子をよく見ると、どれもこれも一致します。

すなわち、写真に写っている自動小銃は、すべて同じ物であり、

このテロ犯グループの中には1丁しか存在していないという事です。

この様子から考えられるのは、テロ行為を行いそうな過激な思想を持った組織があったとしても、

その組織はおそらく銃器を大量に保有しているわけではなく

手に入れた、たった1丁の自動小銃を犯人グループがそれぞれが所持し構えているかのように撮影し、

保有している銃器が多く存在しているように見せるためのトリックだと言えます。

実際、レストランでの外国人殺害の際に使用された手段が銃ではなく刃物だった事から、

事実上バングラディシュのテロ組織が銃火器を大量に保有してない事が推測ができます。

しかし、もちろんたった1丁の自動小銃であれ、入手ルートはどこかにあるはずです。

捜査していけば、必ず何か見つかるはずですし、テロを予防する事にも繋がるでしょう。


そしてもう一つ気になる事があります。

この犯人グループの写真に違和感を感じる人は多いのではないでしょうか?

その違和感とは、全員が笑顔なんです。

この写真がいつ撮影されたものなのかは明確には知りませんが、少なくともテロを行えばほぼ確実に死が待っています。

その死を前に、笑顔で居られるというのが不思議でなりません。

一部の過激な思想を持った人たちは、このような状況で笑顔を見せる事が当たり前なのだとしたら

それこそ精神的に異常な部分を感じざるえません。

感情とは、常に顛末を予測した上で発生する物です。

その心理状態が何を意味するのか、彼らはどのような洗脳をされたのかを紐解くカギになるかもしれません。

おそらく、人の良識や倫理観は特定の因子を元に、過激な思想があろうとそれを抑止する力を持っています。

しかし、その因子を解除する別の因子があると、その過激な思想が表面化させ暴走という結果を生み出します。

それらを可能にする洗脳のようなものがあると考える方が筋は通ります。

人は何か物を手に入れると使いたくなるという衝動を持つ生き物ですが

このたった1丁の銃が彼らの過激思想を開放する因子になっていたとしても、

それを実行するにはあまりにも無理がある事は普通に考えれば判るはずです。

それでも、それを実行させたのは、別に何かの因子があった事を意味すると思います。


南スーダンの場合、北部の隣国スーダンは経済制裁を受けている国であり、ロシアとの関係を強めているため、

スーダン経由で武器弾薬の供給ルートが構築されている可能性は極めて高いと思います。

今後、その武器弾薬の密輸出量によっては南スーダンの情勢は悪化の一途になる可能性もありますので

日本政府が下した判断としてJICA等の邦人総撤退は妥当な判断だと思われます。

追記
読売新聞より
IS、精神状態つけ込み戦闘員勧誘か
読売新聞 - 2016年7月31日
【ブリュッセル=横堀裕也】オランダ・ハーグの欧州警察機構(ユーロポール)は7月中旬に発表した報告書で、イスラム過激派組織「イスラム国」が移民らの精神状態につけ込んで戦闘員を勧誘している可能性を指摘した。
報告書は、2000~15年にかけて起きた単独型テロについて「最近の学術研究によれば、犯人の約35%が何らかの精神疾患を抱えていた」と強調。「イスラム国」に加わる外国人戦闘員の多くが「精神を患っていた」としている。その上で、「潜在的な精神状態がテロ行為に及ぼす影響を過小評価してはならない」と各国政府に警鐘を鳴らした。

前述の、笑顔に対する違和感も、そういう背景があるのなら納得出来るような気がします。

病を抱えている人を病から解放し受け皿になるという容で勧誘している、とは言え、テロ組織に勧誘されて

それを素直に受け入れてしまうような環境を与えている周辺の人たちにもそれなりの責任があるかもしれません。

社会全体が学ばなければ同様のテロが続くかもしれません。
[PR]

by zner | 2016-07-31 11:11 | NEWS | Comments(2)  

都知事選の期日前投票の様子

YOMIURI ONLINEより
都知事選の期日前投票、過去最高
 東京都選挙管理委員会は30日、都知事選(31日投開票)の期日前投票の中間状況を発表した。

 告示翌日の今月15日から29日までの15日間の投票者数は、131万7584人に上り、過去の都知事選の同期間と比べると、過去最高だった2012年の93万8278人を大幅に更新した。

 12年は、最終的に124万4909人になったが、今回はすでにこれも上回っている。

2012年の最終投票数に対し、期日前投票だけで105.83%増加ですが

都民がこの都知事選を強く意識しているのは間違えないでしょう。

いい傾向だとは思うんですが・・・

私が懸念していた通り、選挙戦後半以降になってようやく小池百合子の本性が暴かれるようになり

期日前投票をした人たちはその本性に気が付く事無く、小池に投票してしまっていると思いますので

小池の当選は不可避だと思います。

明日の投票日にどれだけ動くのか、最終的に投票数や率がどの程度になるのかも気になります。

出口調査をしている人の話では、同じ東京都内でも地域格差が有るそうで

帰化した人、在日2世や3世といった人たちが多く住んでいる辺りでは鳥越辺りに投票する人が多いそうで困ったもんです。

鳥越は、大島に中韓人の移民を増やすなどという発言も行ったらしく

ネット上では激怒した人たちの怒号のようなコメントで溢れ返ったそうで、鳥越は確実に落選するでしょう。

増田も、信用ならざる黒歴史が災いし、総スカンされているので落選はほぼ確実です。

泡沫と言われていた人たちが票を伸ばす可能性もあり、票割れも不可避だと思います。

特にネット上では桜井誠の公約内容が評価されている傾向もあり、ダークホースになる可能性を秘めています。


選挙は、全国区の衆院参院選では判り難いんですが、特定のエリアで行われる場合、

その地方の意識、思想というものが見えてきます。

候補者の最終的な票数を見る事で社会学的な、あるいは、社会心理学的な意味で、その地方の特性を知る事にも繋がります。

東京都内在住の選挙権を持つ人たちの内情を垣間見る事が出来るわけですから、そういう意味ではお楽しみです。
[PR]

by zner | 2016-07-30 21:48 | 政治 | Comments(2)  

予定通り民進党岡田は代表選に出馬せず

時事通信社の記事から
岡田氏、代表選に不出馬=「参院選で区切り」-後継争い活発化へ・民進

 民進党の岡田克也代表は30日、党本部で記者会見し、自身の任期満了に伴う9月の代表選に出馬しない意向を表明した。岡田氏は、共産党など他の野党と共闘した先の参院選について「一定の成果を出せた」とした上で、次期代表に関して「どん底から反転攻勢の一歩を踏み出すことができた。一区切りつけて、新しい人に担ってもらった方が望ましいと判断した」と述べた。
以下略

ふと思うんですが、どん底から反転攻勢?一定の成果?

攻勢に出たどころか、どん底に落とされ、何の成果も出せませんでしたよね

それも政策能力が皆無であり、対案も何も出せずに否定論と批判論しか語れなかった事と

日本共産党と共闘したからだと思います。

にもかかわらず、日本共産党は議席を増やしました。

反自民党とか、安部批判に終始し、日本共産党とマスメディアに騙されてリスキーシフトした愚昧な人たちが

日本共産党の議席を伸ばしてしまったという顛末。

やってる事がまったく政治家じゃないでしょ、国を破壊しようとする思想を持つ連中に対し嫌悪するのは当然でしょ


自民党がやっている事がすべて正しいのか?と問われれば、それは絶対に有り得ないです。

しかし、政治に対し、物事を思考し推し量り、最善の策を講じるには、あまりにも野党は無学過ぎますし

破壊主義者であり、戦争礼賛主義者ですよ

安保法案って、日本の為だけにあるわけじゃないんですよ?

と言っても、この意味を理解できる人は、日本人の中でも、ほんの僅かでしょうね。

アベノミクスを失敗だと批判する人たちが多いけど、企業の体力を損なうような円高デフレ政策じゃ

日本の一次産業も二次産業もまとめて潰れます。

あるいは外資に買収され、日本の企業ではなくなってしまう。

過去に既に買収された日産とかSHARPを、知らない人は日本の企業だと思っているでしょうけど

知っている人は日本の企業だとは思ってません。

天と地ほどの差があるんです。

それを守るのは企業の務めでしょうけど、マクロ経済政策行う政治の務めでもあるんです。

何も守ろうともしなかった民主党が民進党になったところで、誰が信用しますか?

日本国民は、仕方なく自民党に逃げたんですよ。


岡田克也の場合、身内がイオンの代表取締役であり、

そのイオンは韓国と事業提携し韓国で生産した商品を扱っていますよね。

まっとうな日本国民というのは、韓国を生理的に拒絶しています。

日本国内で発生している過去10年の犯罪記録の中で、韓国人が犯した犯罪件数は、

日本人が犯した犯罪件数の6倍強です。

竹島の件だって、自国の領土であると言うなら軍事力を用い侵略する必要など無かったでしょ

領有権を主張するなら武器も何も持たず普通に船で往来しているだけで済む話でしょ

でも軍事力を用いて侵略した。

それはすなわち、自国の領土ではない事を自覚している証拠です。

慰安婦問題にしても、朝鮮人の人身売買組織が売春組織に鞍替えしただけの話であり

経済史、商業史を学べば、素人でも判る歴史事実ですよ

そしてインチキ起源説を騙り、周辺国にどれだけ迷惑をかけている民族か、判っているはずです。

日本人がそんな腐りきった韓国人を生理的に拒絶したくなる気持ちを理解したらどうですか?

お金の為なら魂を平気で売るんですか?

そんな犯罪民族と言っても過言じゃない韓国と関わっているだけでも信用がないんです。

そして政策能力も無い。

今後、誰が代表になろうと、朝鮮半島と関わっている以上、日本人は誰もが民進党を否定するでしょう。

これは、民進党だけの話じゃありません。

どこの政党であろうと、朝鮮半島と関わっていれば信用を失います。
[PR]

by zner | 2016-07-30 21:05 | 政治 | Comments(2)  

自民党の対応、小池百合子の脱線

昨日、朝日新聞DEGITALより配信された記事なのだが
都知事選後「ノーサイドない」 高官、小池氏除名に言及

政府高官は29日、31日投開票の東京都知事選に立候補している自民党の小池百合子元防衛相について、「(立候補は)反党的な行為だから当然除名だ」と語った。自民党は都知事選で元総務相の増田寛也氏を推薦し、事実上の分裂選挙となっている。

 小池氏は自民党東京都連にいったん推薦を依頼したが、取り下げて立候補に踏み切った経緯がある。選挙戦では都連を批判し、対決姿勢を鮮明にしている。政府高官は、小池氏を応援する若狭勝衆院議員についても除名処分の対象になるとの認識を示し、「選挙が終わったらノーサイドで仲良くしようなんて話にはならない」と語った。除名は党の党紀委員会が決定する。

自民党が全て正しいなんて誰も思ってはいないでしょう。

それもこの様子ではかなり腐りきっている部分を強く感じますね。

既に自公推薦の増田に関しては、東京都民に限らず日本全国にその悪事・悪名が晒され

増田が都知事になったら舛添の二の舞になる。という裁定を下しています。

その為、世の中はそんな甘くはありませんので、増田の当選は絶対に有り得ないでしょう。

誰が、そんな性質の悪い舛添同様の犯罪者並みの人を都知事に選ぶんですか?

すなわち、自公推薦者は東京都知事にはなれないという事です。

そもそもなぜ、そんな悪名がある無神経で傲慢なバカを推薦しようとしたのか

おそらく都議連の私利私欲に溺れている自民党員が深く関与しているのでしょう。

東京都とはいえ自治権があるため、その自治権の枠内で私腹を肥やすためです。

今回のこの記事も、おそらく政府高官というのはその都議連が依頼して言わせたのでしょう。

まぁ、この政府高官も、その程度の依頼をホイホイ請け負うようではバカでしかありません。

所詮役に立たぬ政治家モドキと言っていいでしょう。

その、程度の低い者を高官にしている自民党にも大きな責任があります。

世論を舐め過ぎてませんか?

私だったら、まず、都議連でドンとか言われている内田茂、石原伸晃、森喜朗

その他どうにも政治家としての器を持っているとは思えない馳浩
(国会の場で「喧嘩売ってるのか?」「空手チョップが怖いのか?」って言った底抜けに能無しの馬鹿で政治家の器ではありません。)

ブラック企業代表のくせに比例代表で参院議員になった渡邉美樹辺り

こういうのを強権発動で除名処分にした上に政治家の資格を剥奪し放り出しますけどね。

世の中を政治で正していくってそういう事じゃないんですか?

自民党はこの程度の事も出来ないほど甘すぎるんです。

もっとも野党はそれ以上にバカなんですけどね。

まぁ、安保法案やアベノミクスは評価しますが、他の政党よりは幾分かはマシだからという理由にすぎません。

上記で名前を挙げたのは特に政治に対し真摯な姿勢が完全に欠落し、私腹を肥やすためだけに存在している、

無学無能で社会的害悪を齎すだけの邪魔な存在でしょう。


そして小池百合子にも同様の事が言えます。

社会人として通すべき筋を通しもせずに、勝手な行動を起こし

もちろん都議の腐敗を見たからなのかもしれない、しかしそれならなぜ自民党を離党してから立候補しなかったのか?

小池は、自民党員である事と、都知事選を天秤にかけたんでしょ

そういう悪手を用いて、世論を騙し、同朋を裏切る行為が、社会的に疑問視されないとでも思っているんですか?

あなたの無神経で傲慢で強欲な行為によって、自民党の良い部分さえもぶち壊しですよ。

世論がせめて無学無能でバカな野党よりはマシだからという事で自民党を選んだんです

その自民党の誤りを内部から正すための努力をし続けたならともかく、

勝手に裏切って、勝手に暴走して、世論を混乱させるような行為をして、自民党をぶち壊して

世論はどうすればいいんですか?政治不信どころじゃ済みませんよ

その不信で世論を暴走させたいんですか?

政府そのものをぶち壊して、政治家全員を放り出して、ゼロからやり直さないと収まりがつかない程の社会不安を与えているんですよ



人の欲というのは、自制心によってコントロールされるべきですが、今の政治家は、与野党関係なく

その自制心も思慮も思考も思想もめちゃくちゃです。

オマケにグレーゾーンは放置しっぱなし

社会不安と社会混乱を与えて、国民を困らせているようでは、日本の未来は暗いです。
[PR]

by zner | 2016-07-30 11:02 | 政治 | Comments(3)  

いよいよWindows10アップグレード最終日

追記(7月30日)
念のためですが、今日中(30日18時前までに)ISOファイルをDLして保管しておいた方が良さそうです。
昨年の11月に落としたISOとはファイルサイズが異なっていますので、
おそらく今落とせるISOはバージョン1511(OSビルド 10586.494)の状態で、
無料アップグレード期間の最終RTMだと思われます。




Windows10は嫌だと言う人も多いようで

ただ、PCそのものをいずれ買い直すという人はわざわざアップグレードする必要はないでしょう。

自作PCで、いつでも中身を改造できる人は、一度はアップグレードしておいた方が良いでしょう。


Windows7or8or8.1で、自作PCの人、あるいは買い替える予定が無い人(2009年以降のPC)

一度アップグレードをかける

ライセンス認証が通っている事を確認する。

直ぐに元の7or8or8.1に戻す。

この状態であれば、7or8or8.1のプロダクトキーが一度アップグレードをかけている事を
Microsoft側が認識しますので、7月30日以降、いつでも再度アップグレードをかける事が可能になります。

一度もアップグレードをかけていない場合、7月30日以降は、Windows10を新規購入しなければなりません。

一度でもアップグレードをかけておけば、余計なコストがかからないと言う事になります。

ただし注意点として、メーカーの規格PC

例えば、DELLとかHPなどのメーカーが出しているPCに付属しているOSである

OEM版、DSP版のプロダクトキーは他のPCには流用できません。

なので、あくまでも一度だけでもアップグレードしておく、というなら自作PCの人が対象と言った感じでしょう。


アップグレードの注意点・問題点については
Windows10の利点と欠点
ここに判る範囲で書いておきました。


追記
Windows10を入手する
上記のサイトに飛び、下記の赤線枠内からISOファイルをDLして、マウントしてDVDやUSBに入れておくといいです。
f0043286_15553249.jpg

再度アップグレード、クリーンインストールをする時は、そのDVDから行う事が出来ます。


追記
(7月29日19時45分)
今から慌ててアップグレードしようとしている人は既にアウトかもしれない・・・
調べた結果、駆け込みアップグレードが急増していて、サーバーに負荷がかかり過ぎていて
アップグレードが完了できずに一部で騒ぎになっているっぽい
@4時間程度でどうにかなる物でもないような・・・
ふと思うのは、29日は金曜日で平日だから仕事がある人は、夜帰宅してから作業になるよね
時間ギリギリって感じで追い込まれた人には手の打ちようもないと思う。
せめて、31日の日曜日まで猶予を与えるべきだったんじゃないだろうか?と思う。

追記
(7月29日20時05分)
吉報?
29日までというのはアメリカ時間の設定らしく、日本時間では30日の18時頃までが期限らしい。
[PR]

by zner | 2016-07-29 15:48 | Windows10 | Comments(0)  

日本の韓国産不買は予想以上。だけど・・・

暫く前に、日本のスマホ市場でサムスンの企業名を隠して商品展示していた事実が明らかになりましたが

日本人の韓国に対する嫌悪感が浸透し不買と言うポジションが影響している事がよく判ります。


これは身近な環境でも同様の現象が有り、近所のスーパーマーケットでもロッテはまったく売れていません。

先々月の事、明治のアイスが値引セールされていたのですが、異様なペースでその対象商品はアイスケースから消えていき

先月は、森永のアイスが値引セールになり、同様にアイスケースの森永のアイスは、品薄になっていきました。

ところが今月に入って、ロッテのアイスが値引きセールになったのですが、商品ケースの商品は埋まったままです。

実はこの3ヵ月間の明治、森永、ロッテの3社の商品の価格は全て同じで、値引きセールになっています。

値段は全て同額のセールを行っていたわけです。

なのにロッテだけはまったく売れてない現象が明らかです。

私個人も韓国関連の商品を買うつもりはないので、生産国やメーカー名のチェックをいつも行っていますが

おそらく、私同様にチェックして、韓国産を避けている人が増えていると言う事でしょう。


PCのパーツを扱っているECサイトで勤務している知り合いがいますが、

聞けば、韓国のサムスン、LG電子、SKハイニックスなどの商品は全く売れておらず、処分に困っているそうです。

更に言えば、中国のLenovoもかなり売れないらしい。

Lenovoは1年前にプライバシーを収集しているという事実が発覚したため、売れないのは当然なのでしょうが

そういう実情を知らずに安いと言う理由を動機として購入する人も居るらしく

でも、韓国産の売れない現状と比べればまだマシだと言っていました。


ただ、この現象は日本だけのようで、アメリカのマーケティングの結果では、サムスンは良く売れているそうです。

そこにはカラクリが有り、まるで日本の企業であるかのように偽っている事が理由です。

日本製の商品と一緒に並べて陳列されている場合が多く、店舗によっては日本製のアイテム数は少なく

韓国製のアイテム数を多く並べている小売店が多いそうです。

更に、テレビの販売に関して判明している事実は、陳列されたテレビで流している映像が日本に関連した物ばかりだそうで、

富士山とか寿司とかアニメーションとか、日本文化の映像を流す事で、

如何にも日本の商品を連想させるように細工していると言う事です。

その為、安い韓国製を日本製と勝手に思い込んで買う人も居るのが現状だそうです。

まぁ、早い話が、アメリカ人が日本と韓国の違いも判ってないバカって事なんでしょうけどw

ただ、最近、アメリカのApple社とサムスンの間で訴訟問題が幾つも発生し、その事がニュースで流れたおかげで

サムスンは日本の企業じゃない、と言う事実を知ったアメリカ人が少しは増えたようで、認識が改まりつつあるらしいです。

どう見ても、韓国製品の売り方は詐欺商法と言っても過言じゃないでしょう。


今までも、日本企業は日本の商品である事を世界に明示するマーケティングを行ってきてはいますが

今以上に努力しなければ、消費者は韓国に騙される事になると思います。


しかし、日本人も企業の実態、背景と言う物を知らない人が多いのも事実でしょう。

例えば、「銀座コージーコーナー」とか「クリスピー・クリーム・ドーナツ」とか「メリーチョコレートカムパニー」

という会社名をご存知の方は多いと思いますが

・銀座コージーコーナー:2008年にロッテホールディングスに買収され、同社の子会社となっている。

・クリスピー・クリーム・ドーナツ:2006年6月26日、ロッテが70%、リヴァンプが30%を共同で出資しクリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社を設立

・メリーチョコレートカムパニー:2008年にリーマン・ショック後の急激な円高局面でデリバティブ運用による数十億円の損失が生じ、同年12月にロッテホールディングスに全株式を売却し傘下に入った。

こういう事実をご存知でしたか?

おそらく、このような実情が有る事を知らない人は多いと思います。

「ロッテ不買」とか「韓国産不買」と言っている人が、実情も知らずに韓国に利益を供与している人たちが居るんです。

少し、お勉強しましょうね。

追記
バーガーキング・ジャパンもロッテ関連です。
[PR]

by zner | 2016-07-26 15:54 | Finance | Comments(2)  

ロシアのドーピングの件

IOCとかIPCは政治的理由で各競技連盟にその責任を負い被せ逃げましたね。

これはさすがに酷いとしか言いようがない

こうなった背景には、ロシア人の競技選手の全てがドーピングに関わっていない事が理由ですが

根本的に国家ぐるみでドーピングを行い、組織的にその隠蔽を行っていた事実は消せません。

倫理的な判断を下すのであれば国家に対し、その責任と罪を言及すべきでしょう。

しかし、その責任も罪も問う事をIOCもIPCは避けて逃げたわけです。

おそらくロシアからIOC、IPCの代表格に対し裏で金銭の授受が行われたか、脅迫があったかもしれません。

権力構造という意味での力関係で見れば、IOCやIPCは各競技連盟よりはるかに強い存在です。

立場の弱い各競技連盟は及び腰になり、またロシアの謀略や陰謀に巻き込まれる事を恐れ

ドーピングした選手を安易に五輪に参加させるような結果になるでしょう。

IOCとIPCが厳然とした姿勢でこの問題に向き合わずして、どうすると言うのか、無責任にも程が有る。


近代オリンピックは、オリンピック憲章に則り、平和の祭典であり、開催期間中は如何なる理由が有ろうと

紛争、戦争行為が禁じられています。

もちろん、テロ組織などはこれらのルールを順守する事は無いでしょうが

しかし、ロシアという危険な戦犯国家にIOCとIPCが明確に姿勢を示さず逃げたとなれば

オリンピック憲章そのものが崩壊する可能性も出てきます。

そうなれば、ロシアの思う壺でしょうね。

この事で、IOCとIPCは確実に信用を失墜させた上に、

近年のオリンピックは経済効果も生まないという実情があるので、

特に、今回のリオデジャネイロでの五輪は、経済効果がほぼ皆無であり、

同時に治安が最低な環境で行われます。

史上最悪のオリンピックになる可能性が高いわけです。

悲劇を見ずして終われないと思います。

その悲壮感がオリンピックに対するイメージを破壊し、世論には拒絶感が植え付けられる事になるかもしれません。

その結果「五輪は要らない」という意思を示す人が増えていくかもしれません。

下手をすれば、オリンピックそのものが廃止に追い込まれるかもしれません。

IOCもIPCも責任逃れをしてはいけないとだけ断言しておきたいです。
[PR]

by zner | 2016-07-25 08:50 | NEWS | Comments(0)  

鳥越俊太郎に付いて

鳥越の現在までの言論によって世論の間では認知症と断定できる要素が多いと言われていますが

鳥越にはもう一つ別の病を抱えている可能性が見えてきています。

その証拠となる物が、13日に配信されたニュース記事に掲載された写真の中に有った。

まず小池
f0043286_17434446.jpg

次に増田
f0043286_174418.jpg

そして鳥越
f0043286_17441577.jpg


各自が掲示しているパネルの文字の違いをよく見て欲しいです。

基本的に字の上手い下手は関係は無いのだが

まず、小池と増田の文字は一つの直線で結ぶ事が出来るのと、そして筆圧がほぼ均等である事が判る。

しかし、鳥越の書いた文字は、一つの直線で結ぶ事が出来ず、なおかつ筆圧がめちゃくちゃである。

一つの直線とは、文字のアンダーの部分が揃っているとか、文字の中心線の所で揃っているなど

どこかに、直線が通っていれば何の問題も無いのである。

しかし、鳥越の書いた文字は、直線上に存在せず、バラバラになっているのが特徴である。

なにより問題なのは筆圧がめちゃくちゃ過ぎて、酷い事です。


実のところ、これが元々の鳥越自身が若い頃からこのような癖字であるなら話は変わってしまうのだが

しかし、年齢的な事を考慮すると、おそらくこれは元々若い頃からの癖字ではないという観測が見えてくる。

これを一つの症状として見たとすると、その答えは、脳卒中や脳梗塞の前兆として見る事が出来る。

脳卒中、脳梗塞は、脳内の血管が狭くなったり詰まったりしたときに発生する症状で

症状が出た場合、放置すると死に至るケースが大半である。

なぜ、文字の様子で脳卒中や脳梗塞などが関係してくるのかと言うと

前兆として、言語障害、記憶障害、感覚障害などが発生します。

現在、認知症ではないのか?と疑われている部分は記憶障害がかぶってきます。

しかし、中でも感覚障害が影響して、文字を普通に書けなくなるという症状が出る事が有ります。

その症状が顕著に表れている文字だと思います。

この感覚障害は、自動車の運転を行っていてもハンドルを回す時にさえも支障が出ます。

ハンドルは中心軸で固定され、円方向に回転させるだけの物ですが、その回転方向に素直に腕が動かせない

という状況になるため、脳卒中経験者は自動車運転を止めるように医者から止められます。

これらの観点から見ると、認知症だけと限定するのは時期尚早であり

おそらく鳥越は軽い脳卒中を経験しているか、

もしくは自覚症状が無いまま脳卒中、脳梗塞の前兆を既に持っていると考えられます。

早い内に脳のMRIで検査した方が良いと思います。

これは都知事選どうこう以前の、命に関わる問題だと言いたいです。


追記
上記はグラフォロジーとは関係ありません。
グラフォロジーとは筆跡学、あるいは筆跡心理学の事であり
筆跡学として見た時は
一般的には文字を書いた時にハネ、トメ、仕方など、それ以外の癖などを筆跡鑑定をする時に使われますが
筆跡心理学としては
文字を横に書き並べていった時に右上がりだったり右下がりになったりする現象に付いて分析するものです。
ちなみに右上がりだと保守的で、伝統や法律に厳格な姿勢を示すようです。
右下がりだと、批判的で左翼的な思想を持つ人に多いそうです。
まぁ、確率論だと思いますので、断定はできないと思うんですがねw

正直、今回、13日に配信された記事を見落としていたため、鳥越の文字の様子に気が付くのが遅かったのですが
自分の書く文字にいつもとは違う乱れが出てきたり、箸を持つ時にも若干の違和感が感じられたら
脳に何らかの症状が出ている可能性が有ると思った方がいいと思います。

ちなみに認知症の場合、3パターンあります。
アルツハイマー型認知症(一番多いタイプの認知症で、認知症と診断された人の60~70%がこのタイプ。)
脳血管性認知症(突発的に発症するタイプで、脳梗塞、脳出血などの症状が出た後に発症するそうです。)
レビー小体型認知症(パーキンソン病と関連が有るそうです。)


追記
「鳥越俊太郎 筆跡」で画像検索したら、過去の2005年6月30日に色紙に書かれた文字を見つける事が出来ました。
f0043286_1949496.jpg

がんを患う少し前の頃ですね、よく見ると判るのは、右の1行だけは直線状に並ばないめちゃくちゃな書き方ですね。
でも、右から2行目と3行目は、しっかりと直線上に並ぶ文字になっています。
そして、筆圧も安定していますね。
これ以降の11年の間に、脳に異常が発生している可能性は高いと思います。
脳卒中、脳梗塞を懸念しましたが、小脳に異常が有る可能性も捨てきれません。
[PR]

by zner | 2016-07-22 18:11 | その他 | Comments(0)  

さて、久しぶりに有利子負債

有利子負債の多い企業、上位100社の有利子負債の合計額です。

内容は全て連結の有利子負債です。

過去のデータ
2015年2月23日
187.842.061.000.000円

2015年6月2日
198.107.633.000.000円

ほんと久しぶりに2016年7月
196,145,703,000,000円

微妙に減っていますが、実はレバレッジ経営をしている・・・

悪い言い方をすれば自転車操業をしている企業が出現し

ほんと大丈夫なの?と不安にさせてくれています。

ちょっとExcelデータのスクリーンショットでも貼ってみましょうか。
f0043286_17582426.jpg

お判り頂けると思います。

問題児かもしれない?なのはソフトバンクです。

昨日、英国の半導体メーカーであるARMを3.3兆円で買収したばかりです。

1位のトヨタ自動車は18兆円と規模は大きいものの

売り上げが28兆円と収益構造上では何の問題も有りません。

しかし、ソフトバンクの場合は、12兆円の有利子負債に対し売り上げは9.1兆円で

有利子負債の方がオーバーしています。

長期経営計画の中で、このマイナス分をどのように埋めていくのか、その辺りが気になるんですが

昨日の記事で、9月末までに英国のARMホールディングスを買収すると発表しましたが

そのARMホールディングスとはどういう企業なのか?と言うと

主にスマートフォンの中に搭載されるCPUと言うよりMPUの開発メーカーです。

アーキテクチャの開発元としては、おそらくスマートフォン向けだけではなく、他の媒体にも供給していると思うのですが、

現状から言うと、32bitで低消費電力では、トップクラス、いや、普及率がトップのメーカーです。

ただし難点が有ります。

供給先は主にノキア、ソニーエリクソン、サムスンの3社だけのようです。


そしてもう一つ、CPUやMPUは既に限界点に近い状態であり、イノベーションとしては見込みが薄い事

IT分野に於いては、黎明期、成長期、過渡期、衰退期の4種で分類すると、既に衰退期に入っていると言えます。

現在、競争力の一つとしてCPUメーカーが主に競っている内容は、低消費電力とリソグラフィーの2点でしょう。

スマートフォンでは、消費電力が問題となっていて、常に充電を意識させられる傾向が有るため

消費電力を抑えるアーキテクチャが望まれています。

リソグラフィーというのは、CPUの内部に微細度であり、組み込めるトランジスタの数に影響を与えます。

すなわち、演算能力の高さを示すものだと考えていいでしょう。

通常このリソグラフィーはnm(ナノメートル)で表記されていますが、

一般的にデスクトップのPCなどで使用されるCPUは22nm~32nmあたりで生産されています。

この世界で最も優れた技術を持っているのがIntelであり4nmを実現しています。

しかし、このnmには限界が有ります。

既に理論上としてはムーアの法則と言うのが有り、ビジネス上では2nmが限界なのでは?と言われていました。

高微細度を実現する事は同時に開発コストや製造コストがかかり過ぎるため

一般市場での流通させると、莫大な金額になってしまうため商売上には不向きと判断されました。

今後、トランジスタは原子サイズのレベルにまで到達するであろうと予測されていますが

いずれにせよ、一般の消費者が容易に購入できるようなレベルではなくなります。

すなわち、今後、CPUやMPUが一般消費者に対し確実に売れる特有のイノベーションを打ち出さない限り

消費動向はそれほど変化を生み出せない、あるいは低下傾向にあると言えます。

そう考えると、ARMホールディングスを無理に買収する意味が有るのかは、かなり謎です。

今後12兆円をどのように減らしていくのか、あるいはまだレバレッジ経営を推し進めて買収に走るのか

COOであったニケシュ・アローラ氏が辞任したのはそういう経営体質に疑問を持つようになったからだと思います。

企業経営として、奥の手を晒してしまっているレバレッジ経営が、どこまで通用するのか

一つの前例として今後の様子を見守りたいと思います。
[PR]

by zner | 2016-07-20 18:59 | Finance | Comments(0)