カテゴリ:その他( 131 )

 

嫌な夢を見ました。

昨今のニュースによる影響のせいか、嫌な夢を見ました。

メジャーリーグの球場で、いきなりドナルド・トランプとヒラリー・クリントンがベンチに居て

試合中のエキシビジョン?で、いきなりドナルド・トランプが何かを喚き散らしながら

バッターボックスに向かって行き、座っていたキャッチャーを追い出して

そのキャッチャーのポジションに、ヒラリー・クリントンの顔写真が貼ってある大きなぬいぐるみを置いて

ドナルド・トランプはマウンドに向かい、審判に合図を送ると、投球を始めて

ボールがヒラリー・クリントンの顔写真の貼ってあるぬいぐるみに直撃してぬいぐるみが吹っ飛ぶと

観客が歓声を挙げる。

ドナルド・トランプがガッツポーズを見せていると、ヒラリー・クリントンがベンチから出て来て

ドナルド・トランプの髪の毛を鷲掴みにしてマウンド上でいきなり殴り合いの喧嘩が始まって

観客はその光景にエキサイトして、歓声は応援コールに代わって

殴り合いもエスカレートして、トランプもクリントン鼻血まみれ・・・

それを、ずっと眺めていた自分


何でこんな夢を見たのか・・・目が覚めた時、全身に怠さを感じた・・・
[PR]

by zner | 2016-09-21 10:55 | その他 | Comments(2)  

Skype 接続障害発生中

2016年9月9日21時20分現在

Skypeで接続障害が発生している模様。

追記
接続障害は一部のようでした。

まぁ、毎日どこかで接続障害がポツポツと出ていますのでw
[PR]

by zner | 2016-09-09 21:20 | その他 | Comments(2)  

Sonyが勝負に出てきました。

SonyウォークマンWM1シリーズ NW-WM1Z
f0043286_21461747.jpg

ウォークマンです。

価格はなんと299.880円

この価格を見て、一見するとびっくりするかもしれませんが、さほど驚くような事ではありません。

日本の製造業は、近年バブル期を彷彿させるような価格設定を出してきている商品が結構あります。

以前、当ブログでも取り上げたCASIOさんの電卓
カシオプレミアム電卓 S100
f0043286_21462017.jpg

Amazonで、32.298円です。

電卓如きに、32.000円???って驚くでしょ?

ZEBRA(ゼブラ) シャーボX TS10
f0043286_21462331.jpg

ペンなどの文房具メーカーのゼブラです。
シャーボ(懐かしいですねぇ~シャーペンとボールペンが一緒になったアレです)

Amazonで最高値を見ると、7.305円・・・・

はははは、笑うしかないでしょw


ですが、これを消費者として「そんな高いの要らない」と言い切ってはいけません。

もちろん、買うか買わないかは個人の自由です。

でも、なぜこんな高いのか?と言う点に着目して下さい。

※これはメーカーが消費者に対し、勝負を挑んでいるんです。

それぞれの企業は長い時間をかけて、いろいろ研究し、改良を加え長所を引き出す努力をしてきました。

これらの企業はその良さを、はっきりと見せたくて、わざとこのような値段を付けて

消費者に勝負を挑んでいるんです。


さて、消費者はこのメーカー側の勝負に対しどうするのか?

仮に、これらの商品を購入した場合

※消費者はメーカーが挑んだ「勝負に勝った(買った)」と言う事になります。

これは別に冗談を言っているわけではなく、ビジネスに於いてはよく使われる言葉です。

特に競り市で使われていました。

ではメーカーは負けたのか?と言うと、消費者に負けた事になりますが、メーカー側は利益を得て

消費者は、勝負に勝った事と、メーカーの長年の研究成果を得て、互いに満足し合える、と言う事を意味しています。

今の日本の企業を応援する意味でもメーカー側のこの姿勢をバカにしてはいけません。

この勝負根性を認めてあげるべきです。

そして、これらの商品を価格を見ただけで否定している人は、

メーカー側の勝負に最初から負けている事になります。

私は、購入していないけど、このメーカー側の姿勢は大歓迎していますし、応援しています。
[PR]

by zner | 2016-09-08 21:57 | その他 | Comments(2)  

鳥越俊太郎に付いて

鳥越の現在までの言論によって世論の間では認知症と断定できる要素が多いと言われていますが

鳥越にはもう一つ別の病を抱えている可能性が見えてきています。

その証拠となる物が、13日に配信されたニュース記事に掲載された写真の中に有った。

まず小池
f0043286_17434446.jpg

次に増田
f0043286_174418.jpg

そして鳥越
f0043286_17441577.jpg


各自が掲示しているパネルの文字の違いをよく見て欲しいです。

基本的に字の上手い下手は関係は無いのだが

まず、小池と増田の文字は一つの直線で結ぶ事が出来るのと、そして筆圧がほぼ均等である事が判る。

しかし、鳥越の書いた文字は、一つの直線で結ぶ事が出来ず、なおかつ筆圧がめちゃくちゃである。

一つの直線とは、文字のアンダーの部分が揃っているとか、文字の中心線の所で揃っているなど

どこかに、直線が通っていれば何の問題も無いのである。

しかし、鳥越の書いた文字は、直線上に存在せず、バラバラになっているのが特徴である。

なにより問題なのは筆圧がめちゃくちゃ過ぎて、酷い事です。


実のところ、これが元々の鳥越自身が若い頃からこのような癖字であるなら話は変わってしまうのだが

しかし、年齢的な事を考慮すると、おそらくこれは元々若い頃からの癖字ではないという観測が見えてくる。

これを一つの症状として見たとすると、その答えは、脳卒中や脳梗塞の前兆として見る事が出来る。

脳卒中、脳梗塞は、脳内の血管が狭くなったり詰まったりしたときに発生する症状で

症状が出た場合、放置すると死に至るケースが大半である。

なぜ、文字の様子で脳卒中や脳梗塞などが関係してくるのかと言うと

前兆として、言語障害、記憶障害、感覚障害などが発生します。

現在、認知症ではないのか?と疑われている部分は記憶障害がかぶってきます。

しかし、中でも感覚障害が影響して、文字を普通に書けなくなるという症状が出る事が有ります。

その症状が顕著に表れている文字だと思います。

この感覚障害は、自動車の運転を行っていてもハンドルを回す時にさえも支障が出ます。

ハンドルは中心軸で固定され、円方向に回転させるだけの物ですが、その回転方向に素直に腕が動かせない

という状況になるため、脳卒中経験者は自動車運転を止めるように医者から止められます。

これらの観点から見ると、認知症だけと限定するのは時期尚早であり

おそらく鳥越は軽い脳卒中を経験しているか、

もしくは自覚症状が無いまま脳卒中、脳梗塞の前兆を既に持っていると考えられます。

早い内に脳のMRIで検査した方が良いと思います。

これは都知事選どうこう以前の、命に関わる問題だと言いたいです。


追記
上記はグラフォロジーとは関係ありません。
グラフォロジーとは筆跡学、あるいは筆跡心理学の事であり
筆跡学として見た時は
一般的には文字を書いた時にハネ、トメ、仕方など、それ以外の癖などを筆跡鑑定をする時に使われますが
筆跡心理学としては
文字を横に書き並べていった時に右上がりだったり右下がりになったりする現象に付いて分析するものです。
ちなみに右上がりだと保守的で、伝統や法律に厳格な姿勢を示すようです。
右下がりだと、批判的で左翼的な思想を持つ人に多いそうです。
まぁ、確率論だと思いますので、断定はできないと思うんですがねw

正直、今回、13日に配信された記事を見落としていたため、鳥越の文字の様子に気が付くのが遅かったのですが
自分の書く文字にいつもとは違う乱れが出てきたり、箸を持つ時にも若干の違和感が感じられたら
脳に何らかの症状が出ている可能性が有ると思った方がいいと思います。

ちなみに認知症の場合、3パターンあります。
アルツハイマー型認知症(一番多いタイプの認知症で、認知症と診断された人の60~70%がこのタイプ。)
脳血管性認知症(突発的に発症するタイプで、脳梗塞、脳出血などの症状が出た後に発症するそうです。)
レビー小体型認知症(パーキンソン病と関連が有るそうです。)


追記
「鳥越俊太郎 筆跡」で画像検索したら、過去の2005年6月30日に色紙に書かれた文字を見つける事が出来ました。
f0043286_1949496.jpg

がんを患う少し前の頃ですね、よく見ると判るのは、右の1行だけは直線状に並ばないめちゃくちゃな書き方ですね。
でも、右から2行目と3行目は、しっかりと直線上に並ぶ文字になっています。
そして、筆圧も安定していますね。
これ以降の11年の間に、脳に異常が発生している可能性は高いと思います。
脳卒中、脳梗塞を懸念しましたが、小脳に異常が有る可能性も捨てきれません。
[PR]

by zner | 2016-07-22 18:11 | その他 | Comments(0)  

デビッド・ボウイ氏 死去

1月10日に他界したらしく、癌だったらしい。

ご冥福をお祈り致します。

何かの冗談かと思っていたのに本当だったので驚きました。
[PR]

by zner | 2016-01-11 17:18 | その他 | Comments(0)  

2016年1月1日

申が来た。
[PR]

by zner | 2016-01-01 00:03 | その他 | Comments(0)  

ヘッダー画像変更

世の中Windows10にシフトし始めているのでヘッダーの画像も変更

使用ソフトウェア
Shade3D ver15
GIMP 2
PAINT.NET
[PR]

by zner | 2015-12-27 12:29 | その他 | Comments(0)  

2回目のテストです。

f0043286_10334519.jpg

マグカップ
ただのCGです(汗
[PR]

by zner | 2015-12-26 10:34 | その他 | Comments(0)  

ただのテストです。

f0043286_21313682.jpg

最近、焼き物にはまってます。
嘘です・・・ただのCGです(汗
[PR]

by zner | 2015-12-20 21:31 | その他 | Comments(0)  

コーヒーに付いて

コーヒーで覚えている事は、子供の頃にサイフォンが流行った時代が有った。

親がその流行にはまりサイフォンを購入してきた事がきっかけで

当時、親も無知だったせいもあり私は子供の頃にコーヒーを飲んでしまった。

その子供の頃の摂取が原因なのか、元々アレルギー体質だった事もあり、中毒症状が出てしまった。

その為、つい数年前までは、カフェイン類は一滴も摂取できなかった。

摂取すれば吐き気、嘔吐、眩暈などを引き起こしていたのである。

しかし、その数年前に、何が有ったのか判らないが急にコーヒーなどが普通に飲めるようになった。

何でだろう?と今でも疑問に思うのだが、飲める事が異様に嬉しく思い、嬉々としていた。

そして今では、朝から晩まで、6杯以上飲んでいる・・・まるで病的なほどw

そして素人ながらも、コーヒーのあれこれに興味を持ち、1年ほど前にはコーヒーメーカーまで購入してしまった。

しかし、人間の持つ体質的な面で見れば、嗜好品と言うのは、一定量を摂取すると

身体的に拒絶反応や中毒症状が出る可能性が高い事は一般的にも知られている。

それはアルカロイド系の中毒症状なのだが、下手すると死に至る。

コーヒーや紅茶の場合、カフェインがそのアルカロイドであり、一定の摂取量を超えるのは危険であり、致死量は5g~10gらしい。

もちろん個体別の代謝の具合によっても変わってくるため、一日の摂取量にも気を付けなければいけない。

ネット上で調べてみると、カフェイン分解酵素という物が有り、「CYP」あるいは「モノアミンオキシダーゼ」

と呼ばれる物がその酵素らしい。

私の場合は、その酵素が無かったわけではなく、子供の頃に無理な摂取を行った事による中毒症状だと思う。

また飲めるようになったからと言って、上記の症状だけがカフェイン中毒と言う訳ではなく、

別の固有の症状も有り、その中には頻尿とか神経過敏などがある・・・そして、既に私はその症状が出てしまっているw

やたらトイレが近いんです(汗

まぁ、アルコール中毒よりはマシだと思うんだけどね、個人的にアル中は異常者だと思うw


さて、そんな私がスーパーマーケット辺りで売られているコーヒーに飽きてしまい

コーヒー専門店などに足を運ぶようになったは、つい最近の事です。

専門店と言っても、スタバとかじゃありません。

コーヒー”豆”を扱っている専門店です。

KALDIというチェーン展開しているコーヒー豆専門店があります。

オンラインショップも有るようですが、私は直にその嗜好品としての香りを楽しみたいと言うのも有り

直接店舗に行くようにしています。

そう、嗜好品と言うのは、過程における香りや匂いに違いが有るんです。

コーヒーの場合、豆の状態の時の香り、挽いた時の香り、ドリップした時の香りはそれぞれ微妙に違います。

もっとも極端に香りが過程によって変化してしまうのは、タバコかもしれません。

タバコの場合、乾燥前の葉タバコの状態の時の香り、乾燥させて加工し紙巻タバコになった時点での香り

火を付けて喫煙した時に出される煙の・・・もうここは”香り”と言うより”匂い”と言った方が良いくらい

吸い終わった後の衣服に付いた匂い、と言った具合に、4段階に分かれ、それぞれは全く違う香りと匂いを発しています。

これほど極端な違いを見せる嗜好品は他にはないと思います。

個人的には、紙巻タバコの状態になった時の香りが一番香ばしく、それこそ中毒になりそうなくらいです。


さて、話を戻して、今回私がKALDIで購入したのは
f0043286_14534887.jpg

ケニアとブラジルです。

既にコロンビアとかキリマンジャロとかグアテマラとかマンデリンなのは飲み尽くしました。

ケニアとブラジルは今回初の購入で、しみじみと楽しみです。

死ぬまでに一度は飲みたいのがブルーマウンテンのストレートでNo1と呼ばれるものである。

しっかし、温暖化による異常気象の影響で残念な事に昨年から不作続きで、価格が高騰化し

市場から消えてしまうと言う現象が発生し、KALDIでも200gで3500円ほどする

とんでもなく高い代物に化けてしまったのであるorz


数年前にコーヒーが飲めるようになって直ぐの頃、一度だけ飲んだ事が有る。

それこそコーヒー専門店で、1杯だけ

あの時の感動は忘れられない、あ~ブルーマウンテンってこういう物なんだ!って衝撃を受けた事を覚えている。

安っぽいインスタントコーヒーや缶コーヒー、ベンダーのコーヒーを飲んでいると絶対に判らない感覚です。

飲めるなら一度は飲んでみた方が良い、ただのブルーマウンテンじゃダメです

ブルーマウンテンNo1に限ります。
[PR]

by zner | 2015-12-11 15:04 | その他 | Comments(0)