カテゴリ:YouTubeネタ( 9 )

 

実は最近「ひつじのショーン」にはまってますw

イギリスで製作されたクレイアニメで、
アカデミー賞も受賞した「ウォレスとグルミット、危機一髪」に登場した羊が主人公のスピンオフ作品です。
最近、ディズニーチャンネルで放映しています。
(一時期NHKでも放映していたそうですが、
私個人はNHKが嫌いなので映らないように設定しているためNHKでは見てませんw)




まぁ、台詞などは一切ないのですが、純粋に面白いです。
番犬が出てくるのですが、いわゆる、シープドッグなんですけどw
見た目の印象はグルミットとまったく同じです。
でも、名前はBitzer(ビッツァー)と言って、実は鼻の大きさと、毛色が違いますw

Shaun The Sheepイギリス公式サイト
ひつじのショーン日本公式サイト


更に、ショーンからスピンオフされた作品も有ります。
作中で登場する、赤ちゃんヒツジのTimmyが主人公となっている「Timmy Time」という作品もあります。
日本ではまだ未公開の作品なので、いずれTVなどに登場する日が楽しみです。
f0043286_17142762.jpg

[PR]

by zner | 2009-05-30 17:03 | YouTubeネタ | Comments(2)  

ジーン・ケリーがブレイクダンス

前回の書き込みで、オペラが好きという事を書きましたけど。
ミュージカルも好きなんですよね。
入り口は、映画でした。
「雨に唄えば」から始まって、散々ビデオを見まくっていました。
その「雨に唄えば」の有名なワンシーンがこんな事になってます・・・・w

フォルクスワーゲンのCMらしいんですけど
一瞬目を疑い、かなり驚かされました。
CGの技術ってすごいですよねw
タップじゃなくてブレイクダンスしている様は
もし、ご本人が今生きていて、これを見たら何て言うでしょうね?w
でも、踊っていてもおかしくないかもしれないと思わせてくれるほどの出来栄えだと思います。

もしかしたら、CGの技術でフレッド・アステアもブレイクダンスを踊らされてしまうかもしれない
とか思うと、ちょっと見たい気もするけど、ん~~~w

そういえば、ドナルド・オコナーさんが好き、と言う方って居るのかな?
同じく「雨に唄えば」のワンシーンで、ドナルド・オコナーさんの個性がはっきりと出ているのも見つけました。

彼は、1歳の時にステージデビューを果たして、
コメディアン、そして、タップダンサーとしても有名になりハリウッドへと進出していった一人です。
彼が出演した映画は、あまり日本では公開されていなかったそうですが、
アメリカではジーン・ケリーをしのぐほどの人気があった時期もあるそうです。
私も、「雨に唄えば」を見て以来、彼のファンだったりしますが、
2003年に78歳でお亡くなりになっています。
[PR]

by zner | 2009-04-11 00:51 | YouTubeネタ | Comments(0)  

Beer CM

はっきり言って、日本のCMは面白くない。
という事から、またCMシリーズをw
そしてまずは、GUINNESS BeerのCMから。

このCMはかなり名作で知られています。

Coors Beer

レス・ポール氏が自ら出演されている珍しいCMです。
ギブソンから、レス・ポールモデルというのが出ているほど有名なギタリストなんです。
カッコイイです!w

BUD Light

アホですw

Carlton Draught

もっとアホですw

同じくCarlton Draughtから
ビールのCMにおいては今なお絶賛され続けている最高傑作がこちら

原曲は、ドイツ人作曲家「Carl Orff」(カール・オルフ)が、
ドイツのバイエルン州のボイレン修道院で発見された詞歌集を元に作曲した
「Carmina Burana」(カルミナ・ブラーナ)の「O Fortuna(Chorus)」(おお、運命の女神よ)です。
原曲もどうぞ

日本のCMと違う所は単純です。
日本は、商品名と、その特性を伝えるばかりであり、そのCMを観る側を楽しませてくれないという欠点があります。
しかし、外国のCMはその国の言葉が判らなくても、そこに込められたストーリー性、演出などにより理解されやすく、
なによりも楽しめる事です。
そして最後のは感動さえあります。
[PR]

by zner | 2009-02-25 19:13 | YouTubeネタ | Comments(0)  

世界中から非難轟々のハリウッドのDragonBall

風邪がまだ酷くて、寝込んでますが
このニュースだけは思わず飛びついたw
実写版「ドラゴンボール」に世界から酷評、翻訳まとめ動画が話題に。
ついに予告編の公開が始まった実写映画「ドラゴンボール エボリューション」。予告編では悟空が「かめはめ波」を放つシーンや数々の格闘シーンなどが盛り込まれており、「CGを駆使したシリアスなカンフー映画」といった雰囲気を感じさせる内容となっている。ところが、これまでの情報と同じく予告編についても、「ニコニコ動画」や「2ちゃんねる」を中心に「なんだろう…悲しくなってきた」「すごいB級臭」「100億円無駄遣い」「鳥山がこの映画知らないことだけを祈る」と散々なコメントが飛び交った。

また、海外にも多数の原作ファンを擁する「ドラゴンボール」なだけに、こうした批判は世界中で散見される。タイトルに「エボリューション」が付けられたと報じられた際も、米国のニュースサイトには「製作側は原作を見たことがあるのか? こんなのクソ映画だ!」「何で悟空をUCLAで歌わせるんだ、バカヤロウ!」「これはアホバージョンと言わざるを得ない」などの怒りのコメントが寄せられた。

こうした世界中の反応を翻訳し、まとめた動画「『DRAGONBALL EVOLUTION』予告 世界の反応」が「ニコニコ動画」や「YouTube」などで話題となっている。

この動画は、「YouTube」や海外の掲示板、ブログなどに寄せられたコメントを翻訳したもの。制作した人物は「和訳はあくまで主観です」として会話調のものには演出を施しているとしながらも、「内容は全て存在します」と注釈を加えている。

その内容を見てみると、「これ冗談だよね? DB(ドラゴンボール)読んだことないのかな?」(韓国)、「これがドラゴンボール? 謝罪モノだ」(カナダ)、「このような、いまいましい映画はドラゴンボールという伝説をぶち壊す」(英国)、「コミックマーケット75で売るんだろ」(フランス)、「私は小さいころからDBを読んできた。これはDBのタイトルが付いたウ○コだ」(米国)、「恥を知れ! 似非ハリウッド!」(ベルギー)、「なんてことだ!! アニメを破壊すんな!!」(米国)、「あぁ~何でブルマが銃を持っているんだ? 米国は銃がそんなに好きか?」(米国)、「これはスター・ウォーズDB編か?」(オランダ)、「黙ってXファイル作ってろ!」(米国)と、世界各国からの怒りの声ばかりだ。

また、カナダでは「この映画誰が作った?」「20世紀フォックス(Twentieth Century Fox Film)」「!!!NO!!! Twentieth Century Fuck Film」との会話、インターナショナルな場でも「みんな! この映画が早く消えるように抗議をしよう!!」(カナダ)、「賛成だ! でも安心しろ、抗議しなくてもクリリンみたく勝手に爆死だ」(ニュージーランド)、「糞が早く爆死するように願うよ。アメリカはやっぱり糞。日本に謝れ!!」(ベネズエラ)との会話が繰り広げられている。

中には、「つかもうぜ~♪ 奴等のボール♪」(米国)、「いまいましい下痢とクソ映画なんて見たくない! ハリウッド? 勝手にケツでも掘ってろ!!」(カナダ)、「典型的なハリウッドのダメ映画だなwo まさにクソwow 消えろwow FUCKwow でも、ブルマ役の女は良いなw 俺にヤラせろ! ダメなら悟空の役者でもいい、とにかくヤラせろ!」(米国)などの過激でちょっと逸れた発言もあるが、こうしたコメントにイタリアから「お前等もDBももうダメだ」との一喝が寄せられた。

さらには、「悟空がただの人間に見えるのは大問題。そもそも何で悟空が白人なんだよ! その時点で理解が出来ない!」(オーストラリア)、「悟空が白いなんて信じられない!」(ブラジル)、「何でピッコロが黒人なんだよ!」(メキシコ)、「これは一種の人種差別だ」(南アフリカ)との声も。

その一方で、英国からは「私はDBが大好きです。幼い頃から毎日のように見ていました。私はDBが映画化されると聞いて必ず見ると誓いました。しかし、予告を見て絶望しました。それでも、この映画を見に行きます。駄作と知っていても……。なぜなら私はDBに忠誠を誓う者だから。我等が女王陛下と神とパンティーと共にあれ! アーメン」と無条件で「ドラゴンボール」を擁護する意見も出ているようだ。

この動画の制作に当たって制作者は各国の反応を調べたところ、発言の7割が批判だったという。しかし、動画の最後に制作者は「実際に映画全編を見ないで批判をしていいモノなのか?」と疑問を投げかけている。(Livedoorニュースより)



前回、ゼルダの伝説のトライアル版として製作された映像を紹介した際に少しだけ触れましたが、
世界中で、漫画は飛ぶように売れて、TVアニメーションも同様に放映、
また何度も再放映がされている事は既に世界中で有名な事です。
そのシェアを知っているからこそ、このドラゴンボールを映画化しようとしたのでしょう。
しかし、やはり世界は正直だ、としか言いようがありませんw
この酷評に対しハリウッドはどのように対応するのでしょうか?

そして、非常に気になる事があります。
例えばですが、日本で誕生した映画ですから、当然、日本でも公開されるでしょう。
むしろ、日米同時公開などが、最もありえそうな事です。
もしかしたら、出演者などが日本に来て舞台挨拶とかするんでしょうか?
レッドカーペットなど敷かれて・・・

ここで一つの推測が成り立ちます。
試写会の舞台挨拶には、日本の芸能人が妙に着飾って行くんでしょうね。
そして、その様子を、TV局が追いかけていって、コメントを求める様子は、よくある光景です。
さて、そこで、芸能人は、この映画をどうコメントするのでしょう?
もしもですよ、一言でも良かったような事を言った日には
世界中から総スカンされてしまうでしょうねw
世界中からこれだけ非難されているのに、原作国である日本の芸能人はバカか?と
ネットでは、そのコメントだけで大荒れになる気がします。
でも、芸能事務所辺りが、「悪い事を言っちゃダメだよ」みたいな事を言われてて
出来るだけ、良かったような事を言うしかない状況だったりするんでしょうね。
はっきり言って気の毒ですw

もう一つ気になる事ですが、
この映画を、原作者である鳥山明氏、そして集英社はどのように見ているのでしょうか?
あまりにも酷評されすぎてて、表に出て来れないような気もしますが

そういえば、クリリンが出てないそうです。
そして、亀仙人が禿げてない・・・
まぁ、どうせ見ないからどうでもいいけどw

追記
ブルマ役のエミー・ロッサムは可愛いという意見が多いのだけは同感かもw
この方、基本的には歌手です。
幼い頃からオペラを学びカーネギーホールの舞台にも立った事があるそうです。
森永乳業のマウントレーニア・カフェラッテのCMに出てますが、
キュートではっきりとした顔立ち
そして、口がおっきいw
過去にオードリー・ヘップバーンの生涯を描いた作品にも出ています。
期待されている新人女優なんですけどね
こんな駄作に出ちゃうと、汚点としての記録になってしまうでしょうね。
[PR]

by zner | 2008-12-24 23:54 | YouTubeネタ | Comments(0)  

Hahn Beer - TVCM

先月の事、キリンビールがオーストラリアの連結子会社であるライオンネイサン社と
コカコーラ アマティル社の全株取得に向けた動きに関するニュースがありました。
さて、今回は、YouTubeネタなので、このライオンネイサン社のブランドの一つである
Hahn BeerのCMを・・・w





結構有名なCMなんですけど・・・・
やっぱり、はっきり言って何が「why」だ!バカヤロー!ですw
[PR]

by zner | 2008-12-14 18:06 | YouTubeネタ | Comments(0)  

ZELDA

昔、任天堂がアクションRPGとして発売した、ゼルダの伝説というゲームがありました。
ゲームとはいえ、海外でも評価が高い作品に至っては映画になるなど、
スピンオフされたりするケースが多いです。
そんな中、トライアル版として製作されたフィルムがこれです。
ちょっと訂正です。
以前のYoutubeのURLは削除されていましたので、探し出してみましたら、
エイプリールフール用に製作されたものだそうです。
って、これが?お金かけすぎでしょ?w
それに、これなら、映画化しても賛成ですよw
(2009年3月12日記述)


トライアルにして、これだけの完成度です。
近い将来、ゼルダの伝説が、スクリーンに登場する日が来るかもしれません。

ところで、現在ハリウッドでは、ドラゴンボールが映画化されています。
正直な所、下方修正ならぬ劣化修正としか言いようが無い程、酷いです。
ドラゴンボールは、世界中でTV放映され、その知名度、評価はかなり高いものです。
それをハリウッドは理解してなかったのでしょうか?
それともハリウッド流とでも言いたいのでしょうか?
あまりにも、いい加減に脚色されすぎているため、その批判は絶えません。
おそらく、興行収益も期待できないと思います。

このゼルダの映像と比べたら、雲泥の差ですね。
[PR]

by zner | 2008-12-08 23:03 | YouTubeネタ | Comments(0)  

懐かしい

そして、バスケ好きには、絶対に忘れられない漫画でありアニメーションでした。

そして、もう一つ、ZARDも・・・


この編集をしてくれた方に感謝します。

私がバスケを好きになったのは、だいぶ前に、TVでバスケットショーと言うのが放送されました。
その時、衝撃を受けました。
アクロバットっぽさが強いショーでしたが、その巧みなテクニックには魅了されました。
それからまもなく、バスケットボールと、バスケットシューズを買った記憶があります。
身長はさほど大きくも無く、でも、他のどのスポーツよりも好きになっていました。
そして、なにより、マイケル・ジョーダンに憧れていましたw
[PR]

by zner | 2008-12-07 18:51 | YouTubeネタ | Comments(2)  

赤ちゃんが・・・

ものすごい勢いで階段を降りてきます。

もう、達人レベルですw
振り向きざまの得意満面な笑顔がなんともw


追加でもう一つ
Do I Creep You Out


歌詞の和訳付が良い場合は、直接jibjabへw
jibjabでは、ストーカー扱いされてますw
[PR]

by zner | 2008-11-25 16:23 | YouTubeネタ | Comments(2)  

ちょっと息抜き(その1)

だいぶ前に見たYouTubeより
昨日のインドネシアの地震のニュースを見て思い出したので。

2004年にNHKで放送された、NHKスペシャル「地球大進化〜46億年・人類への旅」
の第一回放送の時の、地球に巨大な隕石が衝突した時のCGによるシュミレーション映像を・・・



ビデオゲーム世代ならではの発想だと思うw
[PR]

by zner | 2008-11-17 21:34 | YouTubeネタ | Comments(0)