韓国を負い打つ致命的な事故

昨日Record chinaより配信された記事より
韓国企業がクウェートに建設中の“世界最長の海上橋”が崩れる=韓国ネット「国のイメージが台無し」「外国でも手抜き工事?」
2016年9月6日、韓国・マネートゥデイによると、韓国の現代建設がクウェートに建設中の世界最長の海上橋「ジャベル橋梁」で、工事中に床版が崩れる事故が発生した。

現代建設関係者は「今月1日(現地時間)、ジャベル橋梁の工事中に長さ60メートル、重さ1800トンの床版が崩れる事故が発生した」と明らかにした。床版を運んでいたトラックから床版が落ち、既存の床版に覆いかぶさったという。この事故により、運搬中だった床版が海に落ち、既存の床版4枚が破損したが、けが人などはいなかった。

40キロに達する超大型の海上橋工事である「ジャベル橋梁工事」は、現代建設が2012年に現地企業と共に26億2000万ドル(約2700億円)で受注した。同橋梁は朴槿恵(パク・クネ)大統領が昨年3月に工事現場を訪問するなど、韓国とクウェートの経済協力の象徴と言われており、18年11月の完成を目指している。

同工事をめぐり、現代建設は今年1月、工事遅延と構造物の不良が原因で、一部工程において工事中止の通知を受けていた。 (以下略)

まぁ、世界最長とか、無茶していますよね。

建築関連で一番難しいのは、橋だと言われています。

その理由は対岸の地質や強度、高低差などなどが有り、調整がひじょうに難しいそうです。

日本の大成建設と鹿島建設、新日本製鉄のJBも過去にベトナムの架橋工事で

死者を出すような事故を起こしています。

ベトナムのカントー橋で、橋の長さは1キロ以上だったと思います。

橋は長ければ長いほど熱による伸縮も発生するので、調整はかなり厳しいと言われています。

まぁ、韓国は記事中にも書かれているように、「韓国とクウェートの経済協力の象徴」として

韓国の能力を世界に見せつけたいと思ったのでしょう。

ですが、今回のクウェートの事故で死者が出なかったのは幸いかもしれませんが

韓国の国家としてのイメージの悪化に繋がってしまうのは間違えないでしょう。


そして何より、この手の事故が発生すると、何がどうなるのか?

まず、工期が予定通りには進まないので、納期に間に合わなくなり、契約元から違約金の請求が発生します。

更に、現場で働いている人たちが、危険手当を要求するようになるため人件費がかさみます。

その結果、予定通りの予算内では収まらず、赤字を出す結果になります。

すなわち韓国にとっては最悪のタイミングで事故を起こしたことになると思います。


ちなみに、日本もカントー橋の事故でもやはり赤字が出たそうです。

その後はかなり慎重になったようで、中東域での大型建設では一度も事故を起こしていません。
[PR]

by zner | 2016-09-07 18:03 | NEWS | Comments(2)  

Commented by mabo89 at 2016-09-08 09:54
私が若い頃仕事の関係で長い事住んでたマレーシアでも
ペナン大橋を安い金額で韓国企業が落札したのですが、開通式
の日にその橋が手抜き工事と技術力の無さで橋がグニョグニョ
で通行できず・・と言うのがありましたね~!爆
マレーシアのツインタワーも建った段階で韓国側が作ったビルが
既に傾いてて入居者が入って無い状況ですね!
まぁ韓国の偽術には日本の技術も敵いませんね~?(嫌味か?爆)
Commented by zner at 2016-09-08 14:30
日本も、昔は事故が有ったんですが、旭化成の杭打ち改竄事件とか
2005年に発覚したヒューザーの構造計算の改竄事件のような特殊な例を除けば
一般的な物から特殊建築まで1970年頃から
建築基準法が毎年のように改定され厳しくなっていったんですよね。
特に厳しくなったのは道路建設と基礎とビル建築です。
道路建設は、何が厳しくなったかは覚えてないけどw
基礎とビル建築では鉄筋の使い方や、材質チェックの基準が大幅に改定されています。
鉄筋の中に気泡が1つでも有るだけで、失格品になるし
そのチェック方法が確定された時期でもあるんです。
更に、セメントと砕石の割合なども厳密に決定されたそうです。
その改定の結果、東京都新宿区西口の新宿超高層ビル群と言うのが建ったわけです。
更に言うと、高炉スラグ微粉末と言うのが有り、これがコンクリートに混入していると
鉄筋コンクリート造の中に有る鉄筋の腐食を抑制する働きが2000年頃に発見され
現在はその方法が一般化していますね。
これを発見したのは日本の大学の研究所です。
また震災が多いので、耐震性の研究も含めてみると
日本の建築は世界一の基準を持っていると思います。

<< 韓国 韓進海運の破綻で連鎖破綻の恐れ 韓国の海運物流が壊滅的な事態に... >>