Amazonで販売しているMicrosoft商品に海賊版が多い

レビューを見ると判るのだけど、かなり海賊版が多い事が判る。

特にWindows7~8.1とOffice関連商品の中に海賊版が混ざっているようだ

基本的にはOSは海外生産されている、主にシンガポールなどで

表向きはMade in Japanなのだが、実際の生産国は日本ではない事も多い。

その為、複数国言語に対応しているOSはそれほど気になる事は無いのだが

しかしOfficeはそうはいかない

生産国の言語限定、あるいは地域限定というひじょうにシビアなプロダクトキー設定が組み込まれている為

インストールしても、ライセンス認証の段階で他国で発行されたライセンスであるため通用しないと言う例は多い

そして厄介な事にAmazon上での販売店表記は違法性が有ると言える
f0043286_7491027.jpg

この画像を見て頂くと判る。

本来販売店表記がある個所には「マイクロソフト」と書かれている

が、しかし、実際の販売店はその下に「EC-Orange PC館 が販売、発送します。」と書かれている

Microsoftが直接販売を行っているわけではないのである

Amazonの店子が代理店として販売しているので、その代理店が信用できる企業であるかによって

その商品の信頼性は大幅に違ってきてしまう訳である。

要するに販売店の信用度をチェックもせずに購入すれば海賊版を買わされる可能性が有るという事なのだが

店子の販売店の評価など幾らでも偽装可能なので、★の数だけで安心しきってはいけない。

実際に、他のMicrosoft商品のレビューを見ると海賊版だったと怒りを示す人が多く居る。

まぁ、今回「EC-Orange PC館」という店子をの情報を見る限り、いい加減なECショップではなさそうなので

海賊版を売るような事は無いと思うのだが

Amazonだからと安心して良い所は一つも無いと思った方が良い


話は変わるのだが、この↑の画像で紹介したWindows10は新規のプロダクトキーが添付されている商品なのだが

レビューの中に勘違いしている人が居る事に驚いた
f0043286_757882.jpg

ダウンロード版 | Amazonで購入

と書かれているのだが、そのレビュー内容は、Windows7から10へのアップグレードを行っている事を示している

アップグレードではなく、素でWindows10のISOからインストールする事が出来ない事を知らないのだろうか?

しかし、「今まで使っていたPCが逝去なさったので新たに組む際に購入。」

とPCを自作しているような文言が見受けられる

PCを自作するほどの人がこの程度の初歩的な勘違いをするのだろうか?

自作は玩具並になったと言って良いのかもしれないが、しかしあまりにも無知すぎる内容で驚いた。

オマケにフリーズする?

それはPCのスペックが低すぎるか、ハードウェアの相性とバランスを考慮してないか

あるいはOSのBuildが10240辺りのままって事なのでは?と思うw
[PR]

by zner | 2015-11-30 08:10 | Windows10 | Comments(0)  

<< 「移民」と「難民」の区別くらい... メインPC(Windows8.... >>